横浜本牧フットボールマニアックス

飯高コーチ「自分にできることを最大限に」勝負の世界で積む経験【J3第6節・vs長野】[コメント]

2022年4月13日 横浜
(PHOTO,TEXT・佐藤功)

- NEXT MATCH -

2022明治安田生命J3リーグ第6節
Y.S.C.C.横浜 ― AC長野パルセイロ
2022年4月16日(土)13:00
ニッパツ三ツ沢球技場

Y.S.C.C.横浜
18位:0勝1分4敗 勝点:1 得失:-6(2-8)

AC長野パルセイロ
5位:2勝2分1敗 勝点:8 得失:0(7-7)

▼経験

ある日の練習後、飯高コーチが息を切らしながら「シーズン終了後には痩せてるかも」と笑う。撃ったシュートは雨あられ。その無数のシュートを、教え子たちが止めていく、それが日常である。

飯高コーチがシュートを撃てば、選手たちは経験を積んでいく。そしてその経験の道中には、様々な人との出会いがある。

▼あなたの下で成長していたんですよ

飯高弘章 GKコーチ

――ここまでなかなか勝てていませんが、チームの状況はいかがでしょうか?

飯高 今、結果が出ていないのでうまくいっていないと見られていると思いますけども、僕らのやれることはチームの方向性だとか、守備だったり攻撃の優先順位を共有して選手の考えを統一することだと思いますのでそこができれば。できる選手たちですので。

――大きく崩されてはいませんし、できているところはたくさんありますしね。

(残り 1347文字/全文: 1877文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ