横浜本牧フットボールマニアックス

田場ディエゴ「サッカーが楽しすぎる」取り戻したサッカーができる日々【J3第8節・vs宮崎】[コメント]

2022年5月4日 横浜
(PHOTO,TEXT・佐藤功)

- NEXT MATCH -

2022明治安田生命J3リーグ第8節
Y.S.C.C.横浜 ― テゲバジャーロ宮崎
2022年5月5日(木)13:00
ニッパツ三ツ沢球技場

Y.S.C.C.横浜
18位:0勝1分5敗 勝点:1 得失:-7(2-9)

テゲバジャーロ宮崎
7位:2勝4分1敗 勝点:8 得失:2(10-8)

▼ボールを蹴る日々

「インタビューはダメです」と言いながら「3年ぶりですからね、ゴールは」と話が止まらない。田場ディエゴのインタビュー、開始である。

この3年間はケガとの戦い。ゴールを決めるどころか、試合に出ることすらできなかった。そんな辛く長い日々があったから、その言葉には重みがある。

「サッカーが楽しすぎる」

今季、ここまでケガはなし。彼を苦しめた膝に不安もない。ボールを蹴る日々を取り戻した彼は、ケラケラと笑いながらずっとしゃべり続けていた。

▼地位を確立したい

#20 田場ディエゴ 

――先日の天皇杯は、急な出場でしたね。

田場 トップ下でユメくん(神田夢実)が呼ばれたから今回はないなと思っていて、同じポジションなので。そう思っていたんですけど、ハーフタイム終わってグラウンド戻ったらユメくんが目の前で倒れていて、アップもできていなかったんですよね。40分ぐらいですか、試合に出たのは。今年で一番長い出場でしたね。点を決めたかったのでけっこう前がかりに行って、立ち位置が高いと言われるぐらいでした。

――そこから1失点しましたけども、同点に追いついた。久しぶりのゴールでしたね。

(残り 776文字/全文: 1430文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ