横浜本牧フットボールマニアックス

連敗ストップ。その最低限はきっかけのひとつ【J3第7節・vs相模原】

2022年5月19日 相模原
(PHOTO,TEXT・佐藤功)

- RESULT -

2022明治安田生命J3リーグ第7節
SC相模原 0―0 Y.S.C.C.横浜
2022年5月19日(木)
相模原ギオンスタジアム:581人

[得点]
なし

▼その最低限が勝点を生む

バックスタンドの中央、Y.S.C.C.と相模原、Jリーグの旗が激しく揺れている。相模原ギオンスタジアムのピッチ上には、少し肌寒い風が吹いていた。

風の流れはメインスタンドから見て右から左、上空高く飛ぶボールはその気流に身を委ねていく。YSからしてみれば前半は向かい風、後半は追い風という気象条件である。

「相手のGKがロングボールを蹴れる選手なので、蹴ってくることは分かっていたので対応をしようと話していた」

右のウイングバックにいた柳雄太郎は、守備おけるポイントを解説する。

「風は強かったので前半はロングボールを蹴ると戻ってきましたけども、でもそんなに蹴るシーンもなく下でつなぐことをやっているのでそこまで影響はなかった」

最終ラインの中央でボールを散らしていた宗近慧は、攻撃のポイントを解説した。

(残り 1819文字/全文: 2286文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ