【サッカー人気1位】未熟さを露呈した逆転負け。自力残留への…

Iwate Football Freaks

【第22節鳥取戦レビュー】セットプレーからの2発で鳥取を粉砕。クラブ最多タイの勝利数まであと1勝

対戦成績では分が悪いが、今季の勢いは対照的な両チーム

まずは前節までのおさらいから。岩手は1週試合がお休みとなり、直近の20節今治戦では、終盤に色摩雄貴がゴールを奪い、守備ではクリーンシートをマークするなど、10で勝利した。手痛い敗戦を喫した宮崎戦の悪い流れを引きずることなく、勝利できたことはことのほか高い価値を持つといっていいだろう。これで8月以降、41敗となった。

対する鳥取は後半戦に入ってからは24敗。前半戦も含めてホームでわずか1勝と、厳しいシーズンが続くが、8月以降で奪った2勝は岐阜、富山という上位勢から奪ったもので、波はあるものの侮れないチームだ。前節は宮崎の前に前半はスコアレスも、後半に4失点。大敗のショックから立ち直るためにも、積極的に勝点3を狙いにいくシチュエーションだったといえる。

そんな対照的なシーズンを送っているチーム同士の対戦は、最後まで1点を争う展開となった。

(残り 2152文字/全文: 2551文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ