【サッカー人気5位】得点を生んだアドバンテージと51分の小…

J論プレミアム

僕のサッカー人生は一度終わっているようなもの……GK林彰洋が初めて明かす知られざる苦悩【サッカー、ときどきごはん】

 

2009年、まだ大学生だった林彰洋はイビチャ・オシム監督率いる日本代表の合宿に招集された。若い大型GKの登場に注目と期待が集まる中、林はJリーグを経ることなく直接海外クラブを目指す。

ヨーロッパの強豪国には行かなかった林の情報はなかなか伝わることはなかったが、あるとき急に帰国し清水エスパルス入りが決まった。その後サガン鳥栖を経由してFC東京へ。ずっとゴール前での存在感を見せている。

林はなぜヨーロッパを目指したのか。そしてそこでは何が起きたのか。傍目には遠回りしたように見えるそのキャリアで、林はどんな経験をしてきたのかを聞いた。

 

▼人間不信になっていた時期があった

僕は大学からJクラブを経由しないで直接海外のクラブを目指したのですけれども、あのころが人生の中で本当に一番辛かったかもしれないですね。完全に乗り越えられたかどうかは別として、そこを越えようとしたことで自信にもなったし、くよくよしないというメンタリティを身につけられました。

大学時代にU-20ワールドカップに出場し、日本代表の合宿に呼んでもらったり、U-23日本代表を経験させてもらいました。2009年、21歳だった大学4年生のタイミングでユニバーシアードのセルビア大会に出場して、大会を終えてそのままヨーロッパに残ることを承諾してもらい、向こうのクラブをトライアウトみたいな形で回りました。

大学1年生の時から海外に行くという希望をずっと持っていたので、いろいろな人とのつながりを得て、海外のクラブを常に探していました。2008年もフランスのメスに行ったのですが、1週間ちょっとぐらいトレーニングに参加しただけで、本格的な入団テストという形ではなかったですね。

この先進路を決めるとき、成り行きに身を任せていたらいけないだろうということは感じていました。Jリーグのクラブからもいろんな話をいただいて練習参加もさせてもらったのですが、やっぱり海外への思いを拭いきれなかった。

自分の評価がゼロベースになった状況で、いかに評価を勝ち取れるかというところにチャレンジしたかったのです。日本でプレーすると、少なからず世代別代表に入ったり日本代表に絡んだことがある実績をプラスに捉えてくれる人が多かったのです。

プラスに捉えられるほどの技術が自分にあるのかどうか、自分自身では測れませんでした。ではフラットな見方をしてくれる環境に行ったらどうなるのだろうかと考えたのです。もちろん海外に売り込んでもらうときには仲介人が「日本代表に絡んだことがある」ということを伝えているのでしょうけれど、ヨーロッパで話を聞く人にとっては「だから何?」という感じだったのです。

その中でいかに現地の人に「この選手はちゃんとプレーできる」と見てもらえるか、評価してもらえるかというのが大事だと思いましたし、そういう挑戦をやってみたいという気持ちがありました。

目標の中には、もちろんビッグクラブに行きたいという気持ちはありましたが、最初のタイミングでビッグクラブに入っても、お客さん扱いされて試合にも絡めないのではないかと思ったのです。もし僕がJクラブに入ったとしても、試合に絡んでいけるかといったら、それも分からない状況だったというのもありました。

海外に行ってもそんなに簡単に試合に絡めるとは考えてなかったのですけれども、ただ、行く以上は試合に絡みたいとも思っていました。海外に行ったものの結局は試合に全く出られないという感じになるのは、ある程度は許容する気持ちと、そうでない部分もありました。

だから海外行きに関しては、ある程度捨て身というか、なりふり構っていられない感じでした。足下を固めてからちょっとずつ上に行こう、通用するかどうかを見極めようという感覚よりは、純粋に「とにかく自分を試したい」という意気込みだったのです。こう言うとかっこいいように聞こえますが、無謀といえば無謀だったのですよ。

それで海外のクラブと話をしてみて、おもしろいから入団を前提に来てくれと言ってくれたクラブを回りました。ユニバーシアードのあとスロバキアに入って、そこで最初に受けたのがジリナ、日本語だとゼリナと書かれているチームです。

スロバキアリーグの中では常に1位か2位というクラブですが、トップチームは20人から21人という少人数制で、GKはトップチームに2人しかいないのです。僕が行ったタイミングで、その時のスターティングGKがスコットランドのダンディー・ユナイテッドに移籍するという話がありました。それでGKを1人補強しなければいけないということで、トライアウトに来ないかということだったのです。

ジリナで2週間ぐらいのトライアウトに参加したとき、正GKは27歳、セカンドGKが20歳でしたね。ファーストGKはもちろん、セカンドGKもシュートを止める能力が圧倒的に高いと感じました。足下はそんなにうまくなかったのですが、シュートストップにはすごく光るものがありました。そのセカンドGKは、今はニューカッスルの正GKになったマルティン・ドゥブラフカです。最近知りました。そういう選手と一緒に練習できて、いい経験ができたと思います。

ジリナに1週間ぐらいいて、詳細を決める中で、何をどうするかという話になったのです。それで金額などをすり合わせしていたのですけれども、合意には至りませんでした。相手が獲得に対して乗り気ではなかったというのが実際のところだったと思います。

その後チームを探していたら、「ジリナのトライアウトに参加しているのだったら獲得したい」と言ってくれるルーマニアのチームがありました。それでルーマニアに行き、2カ月ぐらいいて、契約のオファーをもらいました。そこまでは純粋に夢を追い求めてた自分がいて、それはよかったのですけども……。

……ただ僕が予期していなかったのは、そうやって海外でプレーすることに対する反発というか、よく思わない人が出てくるということでした。それは予想外でした。海外でプレーすることに対してはずっと大学ともやり取りしていたのですけれども。

人間不信になるような、人の表と裏を垣間見るようなタイミングでした。テストで自分の100パーセントを見せなければいけない時に、考えなければいけないのは自分を応援しない人たちや、その人たちが起こすいろいろな事象のことだったのです。「素直に応援してもらえない、どうして?」という気持ちがありました。

それまですごく僕のことを応援してくれた人たち、サポートしてくれた人たちがいたのです。日本代表候補というネームバリューの影響だったのか、今後の可能性にかけてくれてたのかと思っていたのですよ。ところが僕が海外に行って国内でプレーしないということになった瞬間に、これまでとは違う、遠い距離感になっていく人がたくさんいました。

日本の新聞ではルーマニアで契約していないのに「契約した」と書かれたり、常に大学とやり取りしてたのに「海外で行方不明」と書かれたり、身勝手に海外に行ったように書かれたりとか。誰がそんなことを言ったのか、という感じでした。

僕は大学1年生の時からいろいろな話をしてきました。大学4年次には仲介人を介してやってきたのに、新聞に僕の思いとは裏腹なことが発信され、世間には勘違いされました。僕が何を言っても、あったことがなかったことになるし、なかったことがあったことになる。そういう現実を見ましたね。

僕を取り巻く環境には大人の事情もあったのかもしれませんが、そこは理解できなかったし、何よりも自分の思いというのがあったのです。ただヨーロッパでプレーしたいという強い気持ちはありましたけれど、自信が100パーセントあったわけではなくて、勢いというものはあったけれど、もちろん1割から2割ぐらいは必ず不安を抱えてたのです。

日本という選択肢は考えていませんでしたが、ここで成績を残せなければ次はないという感覚だったし、サッカー選手としての価値も下がるだろうと常に感じていましたから。そういう中でこういうことが起きて、気持ちが潰れそうになりました。人を信用できないという時期もありました。

でもそんなことがあったにしても、僕の本望はヨーロッパでプレーし続けることだったのです。もし手首の怪我がなければ、まだヨーロッパにしがみついていたのではないかと思います。

 

▼「もうサッカーを続けるのは厳しいかもしれない」一番辛かった20代前半の時期

少しずつ海外の文化に慣れてきたと思ったところで手首を怪我したのですよ。2010年に移籍していたベルギーのシャルルロワ・オリンピックで練習中に右手首が折れました。

僕はどうしても海外でプレーしたかったので、日本に戻らずに手術したのです。けれどもその手術があまりよくなかった。しかも僕がいたチームはレベルがあまり高くなかったので、メディカル面の環境が低かったのです。それで「ウインターブレイクは日本に帰って手の状態を確認したい」とクラブに言って、帰国して日本のドクターに診てもらいました。日本だったらしっかりコミュニケーションが取れるし、どういう状態かも把握できますから。

それが2011年の東日本大震災の直後でした。そうしたらやはり状態があまりよくなくて「これを放置していると再発するぞ。同じところを折る可能性があるぞ」と言われたのです。治療のために骨をくっつける機械をヨーロッパに持って行ったほうがいいと言われたのですが、その機械は特殊で海外に持っていくのが相当に難しくて諦めたのですよ。

それから3カ月ぐらいで、また試合に出られるようになった時、シュートを至近距離で止めた弾みでまたパキンと折れた感覚があったのです。でも僕は折れたなんて思いたくなかったので、手首が痛いと感じてたのですけれども、捻挫だろうと信じることにして腕立て伏せなどをしていました。

でも手首ぐるぐるにテーピング巻いて相手のループシュートを止めた時に、そんな緩いボールでも激痛が走って、これはもうダメだと思いました。その後、クラブが財政破綻して給料未払いという状況になってしまったのです。そうなると、それまでの自分の選択というものも「本当にこれでよかったのか」とか過去を辿りたくなるような思いにもなりました。

それで日本に帰ってもう一度手術したのです。そのときドクターからは、「正直、もうサッカーは厳しいかもしれない」という話を手術前のタイミングでされました。手術の複雑さや移植もしなければいけないので、今後は私生活においてもできないことが増えるだろう、というような話をされたのです。サッカー人生に黄色信号がともったというか、「引退」という言葉が目の前をちらつき始めて、初めて絶望を感じました。23歳の時です。

シャルルロワが破綻したし、怪我のこともあって日本に帰ってきたのですが、自分の人生のすべてをかけてヨーロッパに挑戦したいと思っていたし、日本に帰ってくる気はなかったし、実際日本に帰ってくることの後ろめたさもありました。でもサッカーができなくなるというのも現実味を帯びて感じなければならなかったのです。そんな気持ちになっていたとき助けてくれたのは、近場にいた友だちと、サッカーとは別の仲間だったのです。そこでメンタルは回復することができました。

日本に帰ってきて、キーパーグローブをつけて自主練していたのですけれども、ちょうどタイのチョンブリに日本代表のGKコーチも務めた加藤好男さんが就任されて、タイに行って練習参加させてもらったのです。そのときは調子がものすごく悪くて、シュートを受けたタイミングで激痛が走り、正直「これはプロに復帰できるレベルなのだろうか?」と思うくらいの感覚でした。それでもドクターに言わせれば、プレーできていることそのものが奇跡的という状況だったのです。

その後、ヴィッセル神戸の練習に参加させてもらったのですけれど、話がまとまらないでいたタイミングで、清水エスパルスからオファーをもらって、それで清水エスパルスに加入することができたのです。

実は最初の半年ぐらい、右手で弾かなければいけないボールは、緩いボールだったらパンチで弾いて、ちょっと強めのボールだったら左手で弾くみたいな感じで、できる限り右手首に負担かけないようにしていました。その時に思ってたのは「現実問題として、今年いっぱいで現役は終わりかな」ということでした。

するとそこに、アフシン・ゴトビ監督がチームを介して教え子のトレーナーをアメリカから招聘したのですよ。その人に診てもらったら劇的な回復というか、もちろん完治はしないのですが、状態がとてもよくなりました。シュートに対応するときに右手だけで弾けるなど、よくなるような兆しが見えたのです。手術後1回もそんなことなかったのですが。

それで「この人に僕の手首を託したら現役続行あるかもしれない」と思って、その年の冬にアメリカに行って治療してもらいました。その方には今でもケガの相談に乗ってもらっていて、治療していただく恩師です。みんなが「ゴッドハンド」と呼ぶ人なのですが、「本当のゴッドハンドってこういうことなのだ」と思うくらい救われました。

ゴトビ監督とは度々ディスカッションで指摘を受けましたけれども、でもそのトレーナーに会えたのもエスパルスに入団できたのも監督がほしいと思ったおかげですし、いろいろあったけれど、僕はゴトビ監督との出会いに感謝しています。

僕が一番辛かったのはこの21歳から24歳のころですね。あのときを超える辛いことは無いと思えるくらいです。今も大変なことはいろいろあるけれども、「あの時の経験があるから乗り切れる」と、そういう気持ちになりますね。

 

 

▼この歳になってサッカーをこんなに楽しめるとは思っていなかった

GKの役割は失点をさせないことだということは分かっていましたけれども、本当に細かい部分まで突き詰められたのは30歳になってからだと思っています。

今はGKに求められることも増えてきて、ディフェンスラインに入って組み立てに加わるような役割もあるので、そういう部分に関しては向上させなければいけないと思っています。どうサッカーが変わっていくか分からないですけれども、11人で攻めて10人で守らなければいけない時代は絶対に来ますから。

論理的に考えても10人で攻めるチームと11人で攻めるチームでは、どちらが効率がよいかと言うと11人で攻めるほうですし、それが上手くできるチームが今後は必ず優勢になる、上位に来るはずです。そこには自分に向上の余地がありますし、選手として現状に留まっていいことはないと思うのです。

その一方でGKというのは特殊なポジションであるからこそ、いくら現代のサッカーが変化して攻撃参加を求められながらでも、「止める」という部分だけは変わらないと思いますね。「止める」というベースがないと、どんなに頑張ってもGKとしては厳しい。僕の中でその技術はここ数年細分化して向上できていて、そこが今の僕の中ではサッカーを楽しめる要因の1つになっています。

いかに自分のパフォーマンスを下げない、下げないだけではなくてその中での一瞬の駆け引きや判断での無駄を減らすということができれば、間違いなく成長に繋がると思います。日頃のトレーニングの成果を試合で正確に使えるようになれば、間違いなくチームに貢献できると思っているし、貢献できるようになれれば、チームとして評価されると思うし、個人としての評価につながる思うのです。

まさかこの歳になってこんなにサッカーが向上できて楽しめると思っていませんでした。20代前半のころは、30歳になったら一定の力をキープして、キャリア終盤まで持ちこたえるのだろうというイメージを持っていたのですけれども、まさか今になって試合の90分間をこんな感覚でプレーできるなんて考えられませんでした。成長できていると実感しながら1シーズンを終えることができたのは30歳からでしたね。

清水エスパルスとサガン鳥栖にいた時は、自分なりのやり方を確立しようとしていました。鳥栖ではノビノビ、リキさん(高嵜理貴コーチ)の下でやらせてもらいましたね。リキさんは僕のことを常に信じてくれて、実際「リキさんのためにやるぞ」というのは僕の中で大きかったのです。その時はその時でベストだと思っていたのですけれども、当時の自分と今の自分を比較してみると、圧倒的な差を感じます。そういう意味ではここ数年、GKとして一番人生の中で成長していると思います。

僕は1度サッカー人生が終わってるような身なのですよ。それがこうやってプレーを続けている。普通はないことだと、今でもドクターから言われます。ピッチに立ってるのが奇跡、素晴らしいことなのだということです。でも、だからといって軽めに調整しようとは思いません。

海外で練習参加したとき、30歳過ぎているGKがいたのです。その彼がチームの中で1番自分を追い込んでました。僕も含めてみんなヘトヘトになったトレーニングの後に、彼はスイミングに行ってクロールで泳いでいました。「なぜそんなに追い込んでいるのか?」と聞いたら、「チームとしては1番年寄りなのだから体をハードに追い込まなければ駄目だ」ということでした。

日本で僕が思っていたイメージは、ベテランになってきたらトレーニングの量を落としてケガをしないようにするというものだったのですが、彼は真逆でした。もちろんシーズン中は少しペースを落としたりするのでしょうけれども、体を作るということに関しては若手よりも追い込んでいたのです。

そういうのを見ていたので、ベテランがやらなければいけない立ち振る舞いというのが分かりましたし、年齢が上になったからやらないというのは違うと思うようになりましたね。やらなければ落ちていく一方なのですよ。やりたくないことでも体のためになるのだったら、そこに時間を注げるのがプロだと思いますね。そういう大変なことを楽しんでやりたいと思っています。

川島永嗣選手が日本代表に選出されているのを見て、彼のシュートストップの部分は本当に素晴らしさを感じました。だからこそ自分自身も成長することで、まだまだチャンスはあると思っていますし、世界的にも40歳近くまでキーパーとしてプレーしている選手はたくさんいます。永嗣さんの能力の高さというのは日本のGKならみんな分かっていると思いますけれども、それでも永嗣さんにずっと日本代表の正GKの座を譲るわけにはいきません。だからもっと頑張らなければいけないですね。

 

 

▼本当は紹介したくないほど衝撃的な美味しさだったお店……

僕はよくよく考えると肉が好きですね。寿司も好きなので絶対こっちというのはなくて肉も魚も両方とも好きですが、どちらかと言われればやっぱり肉好きですね。

これまでいろんな場所でいろんな美味しい店に行かせてもらいました。清水エスパルスにいた時は「焼肉 南大門」という、選手たちの行く店が本当に美味しいと感じました。

サガン鳥栖では「花やしき 鳥栖本店 HANA Cafe」というトレーニング場の近くの店に行ってました。そこのオーナーさんもサガン鳥栖を応援してくれていたのです。すごく広い敷地の中にあるステーキ屋さんで、ピアノが置いてあって、夜は生演奏の中でステーキを食べるというところです。景色にもお肉にもこだわっているし美味しくて、とてもリラックスしながら食事ができました。

今もいろんな店にいっぱい行くのですが、最近紹介してもらった焼肉屋さんは美味しかったですよ。五反田のほうにある、そんなに大々的に宣伝している焼肉屋さんではないのですけども、衝撃的な美味しさでしたね。

店の名前は……あんまり紹介したくないと思うくらいです。本当にそれぐらい美味しかったのですよ。そんなに有名店ではないのですけれども、ここの肉だけは全然違うなと感じました。肉の中ではベスト・オブ・ベストですね。

僕は赤身の肉が好きなのですが、他の部位も本当にすべて美味しかったのですよ。もちろんタンとかハラミとか、そういうのは圧倒的に美味しいのですけれども、僕は肩ランプが「こんなに美味しいのか?」と驚きました。いつも肩ランプを食べるわけではないのですよ。そうではないのに、そこの肩ランプはおかわりしてしまいました。

見た目はそんなに高級店ではないのですが、確かにお肉の質に見合った値段はします。ただ都内の中心地にある高級焼肉店と比べると、多少安いかもしれないですね。ヒントとしては、五反田駅ではない、五反田にある駅から近いところです。ビルに入っているお店ではなくて路面店の1階です。探してみてくださいね。

焼肉 南大門
花やしき 鳥栖本店 HANA Cafe

→「サッカー、ときどきごはん」過去ログ:
主審人生はこれで終わった……レフェリー山本雄大にはその後何が起きていたのか

 

「サッカー、ときどきごはん」個人スポンサー
・mochi+
・かねみき
・スギモトハルキ
・しゅういち
・佐藤R
・sadakiti
・shiumaik
・大久保 亮太
・ukm10
・chottu_LB
・MN10
・yuri.k
・dummy_rock
※「サッカー、ときどきごはん」個人スポンサーとは、連載の取材費を直接スポンサードしてくださっている個人の方々です。「森マガ」と「サッカーパック」の入会者で、個人スポンサーとして名前(ペンネーム可)を登録していたいた方をご紹介させていただいています
→詳しくはコチラ

 

○J論プレミアム記事ピックアップ:
『感染症もサッカーもゼロリスクを求めてはいけない』岩田健太郎教授に緊急取材、サッカー観戦の感染リスクとJリーグ再開の是非(前編)
「90分の試合でいろんな選手に感染する可能性は低い」岩田健太郎教授に緊急取材、サッカー観戦の感染リスクとJリーグ再開の是非(後編)

 

○森マガ記事ピックアップ:
【日本代表のトレーニング】イビチャ・オシム監督の時代(4)

 

林 彰洋(はやし・あきひろ)
1987年、東京都出身。流通経済大学付属柏高校、流通経済大学をへて、ベルギーなど海外でプレー。2012年に帰国して清水エスパルスに加入し、2013年サガン鳥栖、2017年からFC東京に在籍。2019年にJリーグベストイレブンに選出される。

 

有料WEBマガジン「森マガ」では、後日、栗原選手インタビューに関する「インタビューこぼれ話」を公開予定です。

森マガとは
→J論で全文無料公開されるインタビュー記事を中心に、こぼれ話や、一本の記事にはならなかったけれど印象深いシーンや、みなさまからの質問にお答えするコーナーなどのサイトです。

 

森雅史(もり・まさふみ)
佐賀県有田町生まれ、久留米大学附設高校、上智大学出身。多くのサッカー誌編集に関わり、2009年本格的に独立。日本代表の取材で海外に毎年飛んでおり、2011年にはフリーランスのジャーナリストとしては1人だけ朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の日本戦取材を許された。Jリーグ公認の登録フリーランス記者、日本蹴球合同会社代表。2019年11月より有料WEBマガジン「森マガ」をスタート

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック