【サッカー人気2位】【山雅探報】岡山に惨敗の復帰戦で存在感…

J論プレミアム

バスを囲むサポーターに笑顔で手を振って炎上…理想高きリアリストの肖像・木山隆之が語る叩き上げ監督道【後編】

 

「また下積みだな……」これまで水戸ホーリーホック、ジェフユナイテッド千葉、愛媛FC、モンテディオ山形などの監督を歴任し、自らを「叩き上げ」と称する木山隆之氏は、昨季のベガルタ仙台での指揮をかえりみて、そう吐露する。不思議とその目は自信と誇りに満ちているように感じられた。
戦略家? 情熱家? リアリスト? ロマンティスト? 現場からは手腕を高く評価する声が多く聞こえてくるが、監督としての実像はいまだベールに包まれている。今まで率いてきたチームについて語ってもらいながらイバラの道ともいえる監督道を振り返ってもらった。約3万字の濃密な回顧録を3回に分けてお届けする。
(取材・構成/ひぐらしひなつ)
※インタビュー取材は2月上旬に行いました
「仙台で僕が犯したかもしれない一番大きなミス」【前編】
「水戸、千葉、愛媛、山形…最も理想を実現できたチームは?」【中編】

 

■監督としての本懐――記者の批判ムードを一変させた会見でのひとこと

–木山さんって試合後の記者会見でもいつも物腰はやわらかいんだけど、どこかすごく怖かったんです。リアルに徹することが出来る人って、すごく怖いじゃないですか。そういうところですかね。

僕、多分めっちゃ怖いですよ(笑)。

–選手はみんなそう言いますね(笑)。

本性が出たときは多分、相当怖いんだと思います。これでもかっていうくらい怒るので。でもそれはたまにですよ。たまに『進撃の巨人』みたいに巨大化しちゃうんです(笑)。

–実はわたし、記者会見で木山さんのことを本気で怖いと思ったことが一度だけあって。それが2015年、愛媛での大分戦だったんですけど。あの頃の大分はまったく勝てていなくて、われわれ番記者は当時の柳田監督のことを批判しなきゃいけない状況だった。そのタイミングで愛媛戦で全然いいところなく負けて、われわれは柳田監督にダメ出しする気満々で記者会見に臨んでいて。そしたら木山さんが記者会見を終えて席を立ち上がりかけたあと、もう一度戻ってきて「最後にひとつ。僕は現役時代に水戸で柳田さんにお世話になったことがある。その柳田さんとテクニカルエリアに並んで立てるのはしあわせなことです」って言ったんです。その一言でわたしたちみんな柳田さんの悪口を書けなくなっちゃって。「うわーこの人ヤバい人だ」って(笑)。

僕、一旦席を立って戻ったことは正直覚えてないですけど、柳田さんのことに関して喋ったことは覚えてます。世論がそういう雰囲気になっていることも感じた上で意図的に言ったのも覚えてます。もちろん、僕らみたいに監督業をする人間からすると、上手くいってないときには当然、批判も受けるし、そうやって批判することがジャーナリストさんたちの仕事であることもよく理解している。だけどあのとき、ター坊(田坂和昭、現・栃木SC監督)が最初に監督だったんですよね。で、柳田さんが強化部長からそのまま引き上がって、その経緯などいろんなことも含めて多分、問題視されていたと思うし、そういう流れになってたんだろうなと。

僕はいつも、同じ監督業をやっている者として考えるんです。たとえばあの試合で僕が負けていれば、ちょっと批判の矛先は変わっていたかもしれない。でもそこはもちろん勝負なので勝つことに徹する。だけど、試合が終わればやっぱり柳田さんは先輩で、世話になったという思いもあったし、それ以降も連絡を取っていたこともあった。で、「きっと柳田さんはこのあと批判されるんだろうな。ひょっとしたらこの感じで行けばまた首も飛んじゃうのかな」とか思いつつ、僕自身はそういう経験はなかったけれど、シーズン途中から監督を引き受けたらどれだけ大変なんだろうなとか、今季の大分のスタートからのいろんなことを含めたらいまチームはすごく大変なんだろうなとかはよくわかるので、そういう意味でポロッと言ったんじゃないかなと。もともと僕は、そういうことに対してもいろんな見方があってもいいんじゃないかと思うタイプですしね。

でも書く人にとってはそれを書くことが仕事だと思うし、僕らはそういう評価を、いいことも悪いことも受ける立場だとも思うので。それに関してはなんとも思わないですよ。

 

■バスを囲み怒りを爆発させる仙台サポーターに笑顔で手を振って炎上

–ちょうど監督批判という話題になったので、長沢選手から聞いた話をうかがいたいんですけど。昨季、仙台でサポーターがチームバスを囲んだことがありましたよね。あのときわたしは、木山さんが怒り心頭のサポーター集団に笑顔でありがとうと手を振ったというSNSの書き込みを見て「やっぱり無茶苦茶怖い人だー!」と思っていたんです。でも今年になって大分に移籍してきた長沢選手から、実は木山さんはバスを囲まれたのを応援してもらっていると勘違いしただけだったらしいという情報を聞かされて、「どんだけ天然なんだー!」って爆笑したんです。真相はどうだったんですか。

 

※この続きは「サッカーパック」に登録すると読むことができます。

(残り 11584文字/全文: 13660文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ