【サッカー人気1位】得点力不足解消のアップデートで5得点の…

J論プレミアム

試合に出られないのは監督のせい……ジュビロで腐りかけていた大井健太郎を救った先輩の言葉【サッカー、ときどきごはん】

サッカー選手としての大きな岐路は間違いなくそのときだったに違いない。
そしてその岐路で見事に這い上がったからこそ、現在の達観した境地に至ったとも言えるだろう。
30代半ばを過ぎてもまだまだ現役に強いこだわりを見せる彼が見ている過去と現在と未来とは? そして、もっと早く気づいていれば良かったと思っていることとは何なのか?

 

■「自分を使ってくれない」ヤンツーさんとの深い因縁

やっぱり、サッカー選手なんで試合に出られてないときはキツいですね。独身のときもそうだったんですけど、特に2009年に結婚して家族ができてからは責任も伴ってますし。一生懸命応援してくれてるのに試合に出てる姿を見せられないっていうのは、妻も子供もすごく悲しむので、そういうのは苦しいです。

2003年、柳下正明監督のときジュビロ磐田でプロになって、2年目から少しずつ試合に出るようになったんですけど、プロになって最初の4年間、2006年までって出番がほとんどない苦しい時期が続いたんです。

特に最初の1、2年は、自分でも試合に出られる気がしないぐらいでした。サテライトリーグ(控え選手を中心としたチームで行われていたリーグ戦)ではちゃんとしたプレーができる自信もありましたし、高校時代まで各世代の代表に入ってたんですけど、ジュビロに入ったらすごいメンバーがいっぱいいて、トップの練習に入ると自分だけ劣ってるって感じましたから。

そう思ってる時点でよくないんですけど、でも自分の中で、「ちょっといいプレーができるようになってきた」って自信がついたときでも試合に出られなかったし。もちろん自分の力が足りないということはあったんですけど、やっぱりすぐネガティブになってました。それでもチームの中ではそういう面を出してもプラスにはならないから明るく振舞ったり。それに盛り上げるっていうのも、性格的に求められてた部分だったとは思うので。

2007年は内山篤監督に使ってもらってリーグ戦に26試合出場したんです。でも2008年はハンス・オフト監督になって11試合にしか出場できなくて。2009年はまた柳下監督になって少し出番が増えたんですけど、リーグ戦に半分(17試合)しか出てないし、レギュラーをつかめたとは思ってなかったですね。

自分を信じてくれる人は妻や親やサポーターの方がいて、すごく応援してくれる中でなかなか結果が出ないんで、自分では一生懸命やってるつもりではいたから「これでもまだ足りないのか」とかいろいろ考えて。選手生活を送っていく中で、やっぱり家族には結構ストレスもかけちゃってたと思いますね。

2010年も15試合しか出られなくて、「ヤンツーさん(柳下監督)には使ってもらえない」って、ちょっと環境を変えようと2011年にJ2の湘南ベルマーレに移籍したんですよ。湘南では36試合に出られて、2012年にJ1のアルビレックス新潟に移籍したんです。

ところが新潟は黒崎久志監督が5月に辞任して、6月にヤンツーさんが新監督になりました。それからチームとしてはよくなったと本当に思いますけど、個人的には「また出られなくなっちゃうかな」という思いがありましたね。案の定、その年はリーグ戦に14試合しか出てないですし。

試合に出られなくて腐っていく選手はいましたけど、自分は腐ってもしょうがないと思えてたんです。結婚してなければ悪い方向に行ったかもしれないんですけど、そういうときも支えられてきたと思います。それに妻以外に先輩たちにもいろんなアドバイスをもらってたんで。

新潟の1年目が終わって、オフのときに元ジュビロの先輩の西野泰正さんと飲んだんです。西野さんもジュビロでなかなか試合に出られなかったからいろんなチームに行って、そのときは当時JFLに所属してたカマタマーレ讃岐でプレーしてたと思います。

西野さんにいろいろ話を聞いてもらったとき、「そんなこと言っても新潟はJ1なんだから、そこで戦えるチャンスがあるのに文句言ってたら、すぐJ2とか下のカテゴリーでプレーすることになるぞ」って言われたんです。

「『監督が悪い、監督のせいだ』じゃなくて、まず自分でしっかりやること。監督が何を求めてるかしっかり聞いてやること。『自分のやりたいサッカー』じゃない。やっぱりサッカー選手は試合に出てナンボだ」って。

なんかそのとき、すごくその言葉が響いて。昔から仲よかった先輩だったというのもありましたし、その西野さんが下のカテゴリーに所属してて「やっぱりJ1でプレーできるって幸せなんだから、本当に大事にしたほうがいい」とおっしゃって、自分の態度を変えよう、人に文句を言ってるんじゃなくて自分にやれることをもっとやろうって思いましたね。

それまでは「監督にハマんない」とか「もっと使ってくれればできるのに、使ってくれない」って、要するに監督のせい、人のせいにしてた部分があったと思うんです。でも、もう次の年からは本当にそういう考えを捨てようって考え直しました。

 

■もう少し早く気づけていれば…「終わり」が見えてたどりついた境地

新潟の契約もその翌年までだったから「このままじゃ本当に終わってしまう」と思ったので、監督の言ってることをまずしっかり聞いて、自分にできる最大限の努力をして、言い訳できないぐらいまでしようと思って。そのとき自分は28歳だったんで、そう考えないと本当に選手としての旬も過ぎちゃうと思いましたし。

そうしたら結果が出たというか、試合に使ってもらえたし、チームの成績がよくなったんで、本当そこがターニングポイントになったんです。もちろん巡り合わせもあったと思います。新潟はその年にレオ・シルバとか入ってきてくれて、センターバックはめちゃめちゃ楽に守れたということもありました。

試合に出られないのは苦しいですけど、人のせいにしてる間に選手の現役生活なんかすぐ終わっちゃうって早く……早くじゃないけど、そのまま引退するんじゃなくて、その前に気付けたのはよかったと思いますね。

今でもヤンツーさんの教えが自分の基礎になってますしね。センターバックとしてもサッカー選手としても、プロの世界じゃヤンツーさんが恩師と言えますし、使われなかったときはそれだけの理由が自分にあったんだっていうのも今は強く思いますし。試合に出たら「信頼して使ってくれてるときはこういうプレーが良かったんだ」というのもすごく感じることができました。

僕がもし指導者になってセンターバックを教えるときは、ヤンツーさんに教わったことをしっかり伝えたいっていうくらい、しっかり叩き込んでもらったなっていう自覚があります。それに選手って評価はやっぱり出場試合数で決まると思うから、試合に使ってもらえてすごく良かったですね。

もし28歳で気持ちを切り替えてなかったらもう引退してる可能性も全然あると思いますよ。ただもう少し早く、1年とか期限付移籍でどこか他のチームに出て、試合経験を積んでたほうが良かったかもしれないとも思いますけどね。

若いときジュビロにいたのは、練習からすごくレベルが高いし、いろんな選手のプレーを近くで見られたからよかったんですけど、そこで学んだことを発揮できる場は必要だったなって。やっぱり早く試合に出ることは若い選手にとって大事だっていうのも思います。

今、結構期限付移籍とか活発化してるから、それはすごくいいことだと思いますよ。昔は「移籍係数」っていう、若い選手は移籍金がたくさんかかるという制度があって、他のチームに行くのは結構大変だったから。

今も試合に出られないことがあると不安には思いますし、それは何歳になっても変わらないですね。試合に出てなければ本当にいつ契約満了になってもおかしくないし。

新潟の1年目まではどこかで甘えがあったというか、何とか契約してもらえてたので、やっぱり「まだできてるだろう」っていう感じがどこかにあったと思います。けど今は年齢もあるし、本当に引退のことはめちゃめちゃ考えてますよ。

試合に出られない30歳オーバーなんてすぐ契約満了だなって。特に去年から今年にかけては新型コロナウイルスのこともあって、「本当にあいつ引退しちゃうんだ」みたいな選手の報道がいっぱいありましたし、チームが決まるのが遅い選手もたくさんいて、本当に不安はめちゃめちゃあります。

人間終わりが見えると、より頑張ろうと思うというか、一日一日を大切にしようと思って。それに気付くのがもっと早ければそのほうがよかったと思いますね。周りの仲がよかった先輩たちが引退したら、余計にやらなきゃいけないと思うようになりましたし、今は同級生も少なくなってきてるんで。

引退した人たちもすごい指導者になってたり、サッカーに携わってる人も多いし、すごくいい人生を歩んでるかもしれないとは思いますけど、今の僕が一番やりたいのはやっぱり現役生活なので、そのためにできる限りのことはしたいと思ってます。不安を打ち消すためには、なんか月並みですけど、本当に努力するしかないのかなと。言い訳を探してる場合じゃないと思います。

 

 

■人を嫌いにならず、怒りもしないでいられる理由

メディアなんかで僕の性格のことをよく言ってくれる人がいるんですけど、若いときはガンガン文句言って退場してましたけどね(笑)。今は文句を言ってもマイナスしかないって思いますよ。

中村俊輔さんと一緒にプレーしたとき見てたんですよ。俊さんは審判とすごくうまく話をしてるなって。審判が判定を間違えてたら、そのときは話をしなくてもあとで会話してるんですよ。そういうことをちゃんとやってるから審判の人たちとの信頼関係を築いてるんだろうなって思いますよ。だから審判も俊さんの言うことを信頼してくれるんだろうし。

ただ自分は、特にキャプテンマークを巻いてるときはそうだけど、審判にちゃんと主張しなきゃいけないと思うし。もちろん人格を攻撃するような言葉じゃないですけど、相手に汚いファウルをされて味方が痛んでるときなんかには言います。

でも最近は年下のレフェリーも増えてきたし、経験の少ない審判もいて、あんまり言っても逆に審判がテンパっちゃう気がして。だからあんまり言わないほうがいいのかなっていうときもありますけどね。

それにDFって無理してでも止めなきゃいけないときは潰さないといけないし。それでもファウルには止めるためのファウルと傷つけるためのファウルがあると思うんですよ。もちろん僕もケガさせてしまうことがありますし、サッカーなんでケガをさせられても悪質じゃなければ僕は別に怒らないし。

ただ僕はケガさせようと思ってスライディングしにいったことはないかもしれないですね。そういうのって、最近はみんなちゃんとしてますよ。昔はビビらせるためにファウルするっていうのもあったと思うんですけど。でも今はJ1にVARも入ったし、できないんじゃないですかね。

それに僕は「こいつ嫌いだ」って思うことがなかなかないんです。怒ることがあっても、ちょっと時間をおけば「はい、もう終わり」と思うから、お互いが一言謝ったりすればそれでいいし、怒りは長く続かないですね。こういう性格って昔からだと思いますよ。

長男だったんで甘やかされて生きてきたし、体もデカかったんで、小学校のころとか本当足も速くて、ガキ大将みたいな感じだったんで。サッカーしてるときとかも、大きくて早かったからチームで中心になって、同級生が出来ないことも自分ができるって威張ってたんです。

でもそのとき親に1回怒られて。小学校5年生、6年生ぐらいですかね。「そんな態度じゃ駄目だ」っていうようなことを言われたんです。親にそんなに怒られたことがなかったんですけど、そこでちゃんと怒られて。それでそのとき「確かにそうだな」と思って、親に怒られてからは気をつけるようになったのを覚えてます。言ってくれてよかったと思います。

今の僕の夢は、個人的なものとしては本当、幸せに暮らせたらいいです。

そのためにまずはジュビロで今年はJ2からJ1に上がること。それだけで終わらないように、もう一度J1でジュビロが高い位置まで行けるようにやりたいと思ってます。それに、チームがJ1に上がっても自分が戦力外になってしまったら終わりになってしまうので、そうならないようにしたいと思ってます。

それから自分の力が、もうダメだと本当に思うところまでは現役を続けたいなと。そのときまでジュビロにいられたら幸せですよね。もちろん俊さんとか松井大輔さん、遠藤保仁さんとか、自分より年上で経験のある選手と一緒にプレーできたことでで、すごくいろんな考え方を広げてくれたと思いますけどね。自分が納得できるように現役を続けたいというのはチームありきですけど、やり切ったという現役生活が送れるようにしたいと思います。

 

■磐田の選手も通うとっておきのお店

え? オススメのレストラン?

それじゃせっかくなんで磐田の店を紹介したいですね。スタジアムの近くに、「ウーノ ウーノ」というピザ屋さんがあるんですよ。そこはすごくおいしいです。おすすめのピザは、シンプルなマルゲリータですね。選手が結構行ってますし、好きな選手が多いですね。

僕もイタリアンは好きなんです。ピザもパスタも好きですね。「ウーノ ウーノ」にはパスタはないかな。本当にピザ屋さんなんで。それにジュビロのことも応援してくれてるし。ぜひ行ってみてください。

それから磐田で選手が結構行くブラジル料理屋さんがあるんですよ。静岡県の西部地区はブラジル人の方も多くてブラジル料理店が結構いっぱいあるんですけど、人気があるのはスタジアムから磐田駅の間にある「ヘカント パウリスタ」っていうところです。ブラジル人選手だけじゃなくて日本人選手もみんな行きますね。

オススメはピッカーニャです。「ヘカント パウリスタ」ってシュラスコが食べられるのは土曜の夜だけとかそういう感じで、他はいつも1プレートランチとかそういうのを食べてるんですよ。試合を見に来てたっぷり食べたかったらぜひそこをチェックしてみてくださいね。

→「ウーノ ウーノ
→「ヘカント パウリスタ

 

○J論プレミアム記事ピックアップ:
Jリーグファン必読のロードノベル『旅する練習』

 

「サッカー、ときどきごはん」個人スポンサー
・mochi+
・かねみき
・スギモトハルキ
・しゅういち
・佐藤R
・sadakiti
・shiumaik
・大久保 亮太
・ukm10
・chottu_LB
・MN10
・yuri.k
・dummy_rock
・Gorikong
・cbd92730
・TAKE
・yohei koga
※「サッカー、ときどきごはん」個人スポンサーとは、連載の取材費を直接スポンサードしてくださっている個人の方々です。「森マガ」と「サッカーパック」の入会者で、個人スポンサーとして名前(ペンネーム可)を登録していたいた方をご紹介させていただいています
→詳しくはコチラ

 

○「サッカー、ときどきごはん」過去ログ:
増嶋竜也が考える「選手の終わらせ方」……Jリーガーにならなきゃよかったと思ってほしくない

 

○森マガ記事ピックアップ:
【日本代表のトレーニング】アルベルト・ザッケローニ監督の時代(5)

 

大井健太郎(おおい・けんたろう)
1984年5月14日、静岡県出身。2003年に藤枝東高校からジュビロ磐田に加入。2011年に湘南ベルマーレに期限付き移籍し、2012年から2015年までアルビレックス新潟でプレー。2016年からジュビロ磐田に復帰した。

 

有料WEBマガジン「森マガ」では、後日、栗原選手インタビューに関する「インタビューこぼれ話」を公開予定です。

森マガとは
→J論で全文無料公開されるインタビュー記事を中心に、こぼれ話や、一本の記事にはならなかったけれど印象深いシーンや、みなさまからの質問にお答えするコーナーなどのサイトです。

 

森雅史(もり・まさふみ)
佐賀県有田町生まれ、久留米大学附設高校、上智大学出身。多くのサッカー誌編集に関わり、2009年本格的に独立。日本代表の取材で海外に毎年飛んでおり、2011年にはフリーランスのジャーナリストとしては1人だけ朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の日本戦取材を許された。Jリーグ公認の登録フリーランス記者、日本蹴球合同会社代表。2019年11月より有料WEBマガジン「森マガ」をスタート

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ