【サッカー人気5位】【J2箱推し宣言!終盤戦スペシャル】昇…

J論プレミアム

「今日の試合どうでした?」と聞くだけなら存在意義はない……ピッチリポーター高木聖佳が泣きながらスタジアムに行った日【サッカー、ときどきごはん】

 

 

Jリーグを代表するピッチリポーターとして、監督や選手からの信頼も厚い高木聖佳。彼女が支持される理由は決してその明るいキャラクターだけにあるわけではない。彼女はどう選手や監督の声を伝えてきたのか。そのキャリアを振り返ってもらった。

 

■泣きながらスタジアムに……あの経験があったから仕事を長く続けられた

1999年に初めてピッチリポートをして、それから今まで続けられたのは……周りの人のおかげがすごく大きいと思います。私がサッカーにかけてきたのをちゃんと見ていてくださったんだって。

Jリーグ中継が「スカパー!」からDAZNに変わるとき、Jリーグの方がDAZNに「『スカパー!』時代の実況、解説、ピッチリポーターの仕事の場所をなくさないようにしてあげてほしい」ということを言ってくれたみたいなんです。私はそれがとてもうれしかったんですよ。Jリーグが同じファミリーとしてサッカーに携わってきた人たちのことを扱ってくれたと思って。

2003年にJリーグオフィシャルファンサイトの「J’s GOAL」が出来たときも同じような話を聞きました。当時Jリーグ映像の小西孝生社長がおっしゃったんです。「サッカーのライターとして生きている人たちが日本中にいるから、その人たちが生きていけるように、できればサッカーだけで暮らしていけるように、定期的な仕事をあげられる場を作ってあげたい」って。

周りに理解者がいたり、ずっと私を使い続けてくれた人たちがいらしたりというのもあるのですが、Jリーグそのものにサッカーファミリーを大事にするという土壌があったのが長く続けられた理由なんだと思います。

これが局から雇われただけでJリーグと深く関わってない人だったら、局はどんどん人を代えていくんですよ。特に女性は。でもJリーグは「長くサッカーを見ているから」「これだけサッカーを伝えてくれているから」ということも考慮して、いろいろな公式の場の司会をやらせてくれたりするんですよね。

それにJリーグはファンの人が温かいんです。声だけの出演だったときでも私と分かってTwitterでメッセージくださったりするんですよね。そうやってファンの方にも支えられてきました。

それから、長く続けられたのにはサッカーに感謝してる思い出があるからなんです。私は元々、仕事としてちょっとピッチリポーターをやってみたかっただけだったんですよ。だけどあるとき気付いたんです。

私は2005年に父親を亡くしました。でもお葬式の翌日に実家のある大阪から関東に戻って、埼玉スタジアムのピッチに立つことになってたんですね。準備はほぼできなくて、スタジアムに行く車では泣きながら運転して、「この状態で私は仕事できるのかな?」と思いながらスタジアムに到着して、試合開始までボーッとしてたんです。

でもキックオフのホイッスルが鳴ってゲームが始まったら、夢中でプレーを見てたんです。ゴールシーンでは「わー!」って叫んだりして。あんなに暗かったのにピッチサイドで興奮してて。

その時、「あぁ、大体のことってサッカーを観ている間は忘れられるんだなぁ」って。なんか、とても大きな武器を手に入れたみたいな気持ちになって、そこからさらにサッカーに夢中になったんです。

たぶん私はあの経験があるから、ずっとサッカーの仕事に対してのモチベーションみたいなものが落ちてないんだなと思ってます。

 

■もっとチヤホヤしてもらえる仕事だと思っていた……

私は大阪で生まれて短大を卒業して、入った会社はすぐに辞めて、何の夢もなく、だらだら生きていました。イベント会場に行ってパンフレットを渡したりするイベントコンパニオンの仕事をしていました。サッカーのルールも知らなかったし、サッカーそのものが別世界の出来事だったんです。

あるとき、たまたま友人にガンバ大阪の試合に誘われて行ったら、偶然イベントでお世話になってた制作会社の人がスタジアムにいらしたんです。

「高木、サッカー好きなのか?」と聞かれて「好きって言ったほうがいいのかな?」と思って「そうなんですよ」と答えたら、「じゃあG大阪のマスコットガールはウチが仕切っているから、オーディション受けてみたら?」ということになり、その翌年の1997年、マスコットガールをやらせてもらったんです。

マスコットガールとしてスタジアムに行ったとき、ピッチリポーターの方がヒーローインタビューしてるのを見たんです。その姿が「華やかで楽しそう」で「やってみたい!」と、初めて自分のやりたいことが見つかりました。

それで、ピッチリポーターになる方法を聞いて回ったんです。当時Jリーグを中継してた地上波のテレビ局の人に「どうしたらリポーターになれるんですか?」って。そこで「フリーアナウンサーの事務所に入るとチャンスがあるかもね」と言われて、急いで事務所に入りました。だから「サッカーの仕事がしたい」というより「ヒーローインタビューのインタビュアーになりたい」と思っていたんです。

だけど、事務所の先輩方がやっているサッカーの仕事はチャンスがもらえないんです。それで当時Jリーグの放送を統括していたJリーグ映像の電話番号を調べて直接かけました。昔は今よりもおおらかだったから、そういう情報も調べられたんですね。

「G大阪のマスコットガールの仕事をしていて、サッカーが好きなのでリポーターをやりたいんです」とアピールしたら、「では1度勉強しますか? Jリーグ映像の名前を使えば取材できるようにしておくから、自分で挨拶に行って取材していいですから」と言っていただけたんです。当時は取材規制も緩かったから出来たんでしょうね。

そのころの私は全然仕事がなかったんですよ。事務所には入っていたんですけど、オーディションを40回受けて2つだけ合格して、でも1つは月1回の収録で、しかも1カ月4本分を1度に収録していたんです。もう1つの仕事も2週間に1度でした。

だからお金は無いけど時間はたっぷりあったんです。それで特別何かの仕事があるわけではないんですけど、「取材させてください」と京都パープルサンガ(現・京都サンガ)やヴィッセル神戸に行って練習を見せてもらいました。必死でしたね。「とりあえず現場に行って頑張っているところを見せなきゃ」という感じでいつも行ってました。たぶん他の記者さんからは「何しに来たの?」と思われていたでしょうね。

そうしたら1999年10月30日、セカンドステージ第11節の神戸vs浦和レッズで初めてピッチリポーターをやらせてもらえることになったんです。

今はそのカードの持つ大切さが本当によく分かるんですよ。浦和が降格圏に沈んでいて、J1残留のためには負けられない試合だって。だけど、たぶん当時の私は試合の重要性を全然理解してなかったと思うんです。浦和が降格したら大事件だということをどこまで分かっていたのか、覚えてないぐらいです。

相手チームのこともちゃんと取材しなきゃいけないと思って、自腹で浦和まで行って練習も見たんですけど、あのときの浦和のピリピリした感じやしんどさを本当に感じ取っていたかというと、全然そうじゃなかったでしょうね。自分のことだけでいっぱいで。

その当時のJリーグの放送は、解説者がいなくて実況とリポーターだけでした。だからリポーターが今よりもずいぶんたくさん喋るんです。ほぼ実況の方との掛け合いという感じで。実況の方も「高木さん、こういう話があるんですけど、どうなんですか?」と、どんどん聞いてきますし。

実況の方は私を「神戸のプロフェッショナル」みたいに扱うんですよ。「あなたは神戸のことだったら何でも知ってるよね」という感じで。だから情報量が本当に必要だったし、インターネットの情報もなかったから、とにかく現場に行って自分で聞かないと務められませんでしたね。

それまでの仕事ではタレントさんみたいな使われ方だったんです。台本をもらって「これやってね」「あれやってね」って。だからサッカーの現場でもきっと誰かが情報を用意してくれるんだろうと思ってたんですけど、そうじゃなくて。

ジャーナリストの方々がいる中に自分も記者として入って、うれしいんだけど「私がここまでやらなければいけないんだ」という衝撃も最初はありました。そもそもペンとノートを持って現場に行くという感覚がなかったし、選手もピッチリポーターという仕事を認識していないから「記者さん」と呼んでくるので、最初はすごく戸惑いました。

正直に言うと1回目のリポーターをやる前には、もっと華やかでチヤホヤしてもらえて、楽な仕事だと思っていたんです。でも準備はすごい大変だし、「私は本当にこれをやりたかったのかな?」と思ったところも少しありました。

でも神戸vs浦和でリポーターをやった時、それまでにないくらい楽しかったんですよ。それで「この仕事を極めたい」と思いました。

その後、次第に放送の環境も変わって、かなり経ってからは中継局が放送用の資料を用意してくれるようになりました。練習の様子や選手コメントの書かれた資料が配られて、「よかったらそれを読み上げてください」みたいになったんです。

でも「読み上げるだけだったら誰でも出来るんじゃないかな」という思いがすごいあって。それだったら私じゃなくてもいいし、喋り手じゃなくてもいいし、極端に言えば誰がやってもいい。だから、いただいた資料はすごく大事だけど、その資料の中身を分かった上で1段階詳しく取材して、自分が聞いたことだけを言うようにしていました。

それに自分で聞いたことを喋るほうが気持ちを込めて伝えられるんです。アウェイチームの選手は、試合前に資料の中に載っていたことをベースに「こうおっしゃっていましたけど、どうですか」とできる限り直接話をして、そこで聞いたコメントを使うようにしていましたね。

資料を作ってくれる人はそのまま使ってくれたほうがうれしいと思うんです。だからすごく申し訳なかったんですけど、資料があるから取材が深くなったし、それに資料に載っていたコメントを実況さんが使った後に、自分がもう一つ補足できるということになって、そのほうがよかったと思っています。

 

■「仲はいい!」と強調しておきたい夫・西ヶ谷隆之との関係

2001年に翌年の日韓ワールドカップのプレ大会だったコンフェデレーションズカップが開催されて、そのときはピッチリポーターのお仕事をいただけたんです。でも2002年日韓ワールドカップのときは呼ばれなくて、すごく悲しかったですね。

関西在住だったから使ってもらえなかったんじゃないんですよ。もし局の人から「高木を使いたい」と思ってもらえていたら、きっと交通費のことは関係なく使ってもらえただろうし、実際にコンフェデレーションズカップのときはそうやっていましたし。

だから私をわざわざ大阪から呼ぶ価値はないということだったんです。そういう意味では悔しいと思いましたね。そのあと、五輪やワールドカップに呼ばれなかった選手の話を聞いたらすごく共感して、話し込んだりしていました。

そういうことがあって東京に行って仕事を増やそうと思い、2003年に関東に出てきたんです。そのとき付き合ってた当時Jリーガーの西ヶ谷隆之さんが関東にいたというのもあったんですけど。

出会いは、もういつだったか覚えていないんですけど、知り合いとご飯を食べているときに西ヶ谷さんが挨拶だけしに来たところからでしたね。その何年後か、たしか2001年に、共通の友だちが西ヶ谷さんと食事していて、その友人から「西ヶ谷さんが『話をしたい』って言ってるから」という電話がかかって合流したのがスタートですね。その後、西ヶ谷さんは「どうしても私と付き合いたい」と思ったみたいで(笑)。

ところが西ヶ谷さんはその2001年で契約解除になったんですよ。だから私は西ヶ谷さんが選手としてプレーしているのは1回しか見たことがないんです。そのあと2003年に西ヶ谷さんは筑波大学の大学院に2年間行くことになって無収入になりました。

私が関東に出てきたときって、西ヶ谷さんも環境が劇的に変化したんです。だから助けてもらうわけにもいかなくて。東京でサッカーの仕事がしたい、という気持ちはあったんですけど、何とか稼がなきゃいけないと必死でした。ただ私、自分が稼いでも西ヶ谷さんに一銭もお金を渡していないし、助けてません。今考えたら居候させてもらっていた家の家賃を私も少しぐらい出せばよかったですね(笑)。

関東に出てきた後は事務所には入らなかったんです。どの事務所入っていいのか分からなかったし。だけど、ともかく現実問題としてお金が必要だったから、自分で一所懸命に営業しましたね。プロフィールを持って大阪でお世話になった人のところに売り込みに行って。

「どうしようか」と思う前に行動しようと思って、ラジオ局やスポーツ局に行って営業しました。最初、サッカー中継の仕事はそんなにありませんでした。月に2回ぐらいです。当時は1節で2試合しか中継がなかったというのもありました。

困っていたら、その2003年に「J’s GOAL」が立ち上がったんです。それにすごく助けられました。「書く」という仕事だったんですけど、動画配信されるインタビューの仕事もあって、サッカー中継より「J’s GOAL」の収入のほうが多かったと思います。大きな額ではなかったんですけど、それでも生活は出来る金額でした。

そうすると2004年に西ヶ谷さんが東京ヴェルディのユースのコーチになって、やっとお互いに心配しなくてよくなったという感じでしたね。

次の大きな変化は2007年に「スカパー!」がJリーグの優先放映権を獲得したときですね。そのとき「各チームに担当ピッチリポーターを推薦してもらおう」という話になったんです。応援番組をやってる人なんかでチームをよく知ってる人を推薦してもらうということで、逆に言うと推薦してもらえないと仕事がないということです。怖かったですよ。

私は「J’s GOAL」で東京Vの担当だったから推してもらったんです。それに川崎フロンターレは、たぶん開幕直前にトークショーの司会をやらせていただいたから、推薦してもらえたようでした。そうやって選んでいただいて、だんだん仕事が増えていったんです。

2010年には結婚して「西ヶ谷さん」から「西ヶ谷」になりました。なったのですが、西ヶ谷もいろいろな場所で仕事をしていますから、なかなか一緒に住む時間がないんです。西ヶ谷もそんなに付いてきてほしいと思っていないようですし。

仲はいいんですよ! そこは強調しておきます。私の試合後のインタビューを見て「今日のはよかったよ」と連絡をくれたりします。試合前に「こういう聞き方をしたら失礼かな」とか相談してアドバイスをもらったりもしますし。

12月になってサッカーがオフシーズンになると一緒に過ごせる時間が増えるんです。でもそのころは2人とも次の年がどうなるか決まってないんですよ。

ピッチリポーターの仕事は1年契約の選手みたいなもので、毎年1月ぐらいまでその年の仕事があるかどうか分からないんですよ。気づいたら「オファーがないんだ」という人もいると思います。毎年最初のオファーをもらうまでは「今年も無事メンバーインできたんだ」と安心できないんです。それは「スカパー!」時代からずっと同じです。

西ヶ谷もクビになったり自分で辞めたりしてることがあります。そう言えば水戸ホーリーホックの監督を辞めた後、2人でハワイに行ったんですよ。日本にいても次の仕事が決まるかどうかに関係ないからって。でも電話が鳴るたびに「オファーじゃなかった」「あの話、潰れた」とがっかりしていて全然楽しめなかったですね。

だから年末の一緒にいるときには「最悪のケースとして2人とも仕事がなかったらこうしよう」と話をしています。励まし合ったりではなくて「これ決まらなかったらどうする?」「ちょっと、大丈夫?」「ヤバいけどどうするの?」みたいな会話ですね。西ヶ谷はユースの選手を遠征に連れて行くのに大型免許を取ったんで、「その免許を生かして何かしら働いて」って言ってます(笑)。

 

 

■決まり事を聞くだけなら私の存在意義はまったくない

私は喋るのがそんなにうまくないんですよ。フリーアナウンサーと名乗ってますけど便宜上そう言ってるだけで、本当にただサッカーの仕事がやりたいと思って事務所入ったんで、アナウンス技術の勉強もそんなに熱心じゃなくて。こんなこと言うとすごく恥ずかしいし自分にとってもマイナスなんですけど、ナレーション技術にあまり自信がないんです。

だから原稿を読む仕事ではいろいろな人に全然太刀打ち出来ないので、じゃあ何で勝負できるかと考えたときに、ピッチレポートのタイミングとか1つの言葉を短くまとめるとか、そういう技術じゃないかと思いました。

ボールが止まるときやバックラインでボールを回しはじめるタイミングを読んで、話の隙間を見つけてすっと入って、事象を上手く短い言葉で伝えることに関しては、すごくずうずうしいけど、ちょっと自信があるんですね。

だけど今は新型コロナウイルスの影響でリポーターがピッチに立てないんです。私はピッチリポーターを目ざす人が増えてほしいと思ってやってきたんですが、でも新型コロナウイルスをきっかけにこの仕事はなくなるかもしれない。これから先どうなるか分からなくて、そうなると自分の存在意義をどこで示せばいいんだろうといつも考えてるんです。

だから今はインタビューにかけてます。ヒーローインタビューは長く聞けばいろいろ話が出てくるんでしょうけど、生中継は時間が決まっていて自分が長く話すタイミングはないんです。その中で短く聞くとのはオンエアーのインタビュアーとして大切だと思います。1分30秒ぐらいの時間内にどこまで引き出せるかに神経を使ってます。

特に試合後の監督インタビューというのが一番の勝負所で、「今日の試合どうでしたか。振り返ってください」「次の試合に向けての修正ポイントは見つかりましたか」「では最後次の試合に向けて一言」と聞くだけだったら、私の存在意義はまったくないんです。

決まり事を聞くんだったらディレクターさんでいい。話を深掘りするんだったら元選手の人が聞けばいい。じゃあ私に出来ることは何かというのが大切で、「これは高木だから引き出せた」「これはプロに任せてよかった」と思われるような仕事をしないと、せっかくサッカーファミリーとして作ってくれた場さえ自分で手放してしまう可能性が大きいと思ってるんです。だから楽しいけど「絶対うまくやらないといけない」って。それがモチベーションになってます。

そして人から話を聞くのにうまくなりたいと思ってるポイントもあります。人に話してもらいやすい空気を作るとか、言葉を引き出すためにあまり多くを語らず、一言ポンと言葉を置けば相手が反応してくれるとか。

たとえばもうちょっと相手の話を引き出したいときに、相手の言葉を短く繰り返すという技術があるんです。相手が「暑かったですね」と言ったときに「暑かったですか」と返すと、「そうなんですよ。暑くて?」って話が広がっていってくれるんです。そうやって人から話を引き出すことが出来ると、すごく楽しいじゃないですか。だからずっと続けたいと思ってます。

 

■今も大事にしている中村憲剛からの“ダメ出し”

女性のピッチリポーターが辞めるとき、生活環境が変わったからというのをよく聞きますね。仕事が自然と減っていくという人ももちろんいると思うんですけど、すごく長く続けてる人と辞めていく人と極端に分かれるかな。

長く続けてベテランになると2つのタイプがあると思うんです。自分より若い選手がどんどん増えてきますから、話を聞くときに「私に任せたら大丈夫だから」っていう感じの人と「ずっと選手と同じ目線です」という人と。

「姉さんに何でも言って」っていうタイプになりたいんですけど、自分にそこまで自信がないからいつもまでも自信満々にはなれないですね。それに私はいつまでも選手と同じ話を楽しんでる人になりたいと思ってます。

だけど中村憲剛さんと話をしていて指摘されたことがあるんです。私が川崎関連のお仕事で司会をしていたとき、大事なところで噛んだ(言葉が詰まった)んですよ。周りは笑ってくれたんで私も笑顔で「すみません」みたいなことを言ったんですね。

そうしたら後で憲剛さんから「あれはね」って。「あの時みんな笑ってくれたし、この場だったからよかったけど、高木さんみたいなベテラン選手があれをしちゃうと信用問題になりますよ。あそこは完璧にしなければいけないし、もう、そういう人なんです」って。褒めてくれてるんですけど、めちゃくちゃ痛いところも突いてくれたんです。

私は失敗を笑って許してもらえる立場じゃないと意識してやらなければいけないし、それが次の仕事につながるから完璧に準備をしろということですよね。「完璧に準備して臨むとその緊張感がすごくいいプレッシャーになるからそうしたほうがいい」とも言ってもらって、その言葉はずっと大事にしてます。なかなか完璧に出来ないんですけどね。

 

■たくさんありすぎるオススメのなかで……心に決めていた2つのお店

最後に急にご飯の話って、このパターン大好きなんですよ(笑)。食は大事ですからね。

オススメの店、ありすぎるんですけど、今回聞かれたらこれを言おうと決めてたところが2つあるんです。

1つは南林間にある「炭火焼 ホルモン家族 かつら」っていうところです。ごま油ににんにくと塩のたれで、豚や牛のホルモンを焼いて食べるんですけど、めちゃくちゃ美味しいんです!! そこは読売ベレーザのゴールキーパーだった小野寺志保ちゃんに紹介してもらったんですよ。友だちを連れて行くと必ず「また行きたい」って言ってくれます。

私もすっかりハマっていて、旦那が帰ってきたら月1回のペースで必ず行ってます。延々食べられるんですよ。ホルモンだけじゃなくて普通のカルビとも美味しくて、最後に牡蠣を煮て、その後に牡蠣の出汁でリゾットを作ってくれるの。網の上でチーズいっぱいかけて。それが本気で美味しい。一品料理も最高です。辛い、カルビクッパのうどん版みたいなのもオススメですね。

もう1つはお弁当屋さんで、「蒲田 鳥久(とりきゅう)」っていうところです。中継のときのお弁当として出てくることがあるんですけど、これが好きでしょうがなくて。配達してくれるエリアの中でスタジアムは等々力陸上競技場とニッパツ三ツ沢球技場だけなんです。

等々力の制作会社さんは私が担当になると必ず用意してくれますし、私だけじゃなくて解説や実況の人も大好きですね。美味しい鶏の唐揚げなんですよ。片栗粉を付けて揚げてあって、カラシをつけて食べるんです。私、たまに渋滞の中、1時間ぐらい掛けて車で買いに行ったりしてます。実は昨日、弁当2つ持って帰ってきて昼と夜、食べてました。

私、庶民派なんでどっちもそんなに高くない(笑)。ぜひ食べてみてくださいね。

→「炭火焼 ホルモン家族 かつら
→「蒲田 鳥久

 

○J論プレミアム記事ピックアップ:
J2でしか指揮したことのない人間にとって鳥栖と札幌のサッカーは超面白い。智将・北野誠が説くサッカーの深い見方

 

「サッカー、ときどきごはん」個人スポンサー
・mochi+
・かねみき
・スギモトハルキ
・しゅういち
・佐藤R
・sadakiti
・shiumaik
・大久保 亮太
・ukm10
・chottu_LB
・MN10
・yuri.k
・dummy_rock
・Gorikong
・cbd92730
・TAKE
・yohei koga
・zingtang_la_17
※「サッカー、ときどきごはん」個人スポンサーとは、連載の取材費を直接スポンサードしてくださっている個人の方々です。「森マガ」と「サッカーパック」の入会者で、個人スポンサーとして名前(ペンネーム可)を登録していたいた方をご紹介させていただいています
→詳しくはコチラ

 

○「サッカー、ときどきごはん」過去ログ:
試合に出られないのは監督のせい……ジュビロで腐りかけていた大井健太郎を救った先輩の言葉

 

○森マガ記事ピックアップ:
ここで今季のVARを数字で振り返ってみましょう

 

高木聖佳(たかぎ・きよか)
フリーアナウンサー。大阪府出身。1999年にピッチリポーターの仕事を始め、現在はDAZNで川崎フロンターレ、東京ヴェルディの試合中継を多く担当。Jリーグを代表するピッチリポーターのひとりで。夫は松本山雅FCのコーチを務める西ヶ谷隆之。

 

有料WEBマガジン「森マガ」では、後日、栗原選手インタビューに関する「インタビューこぼれ話」を公開予定です。

森マガとは
→J論で全文無料公開されるインタビュー記事を中心に、こぼれ話や、一本の記事にはならなかったけれど印象深いシーンや、みなさまからの質問にお答えするコーナーなどのサイトです。

 

森雅史(もり・まさふみ)
佐賀県有田町生まれ、久留米大学附設高校、上智大学出身。多くのサッカー誌編集に関わり、2009年本格的に独立。日本代表の取材で海外に毎年飛んでおり、2011年にはフリーランスのジャーナリストとしては1人だけ朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の日本戦取材を許された。Jリーグ公認の登録フリーランス記者、日本蹴球合同会社代表。2019年11月より有料WEBマガジン「森マガ」をスタート

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ