【サッカー人気3位】中一週間の浦和レッズに勝つことは出来る…

J論プレミアム

「ジャッジリプレイ」の知られざる苦悩……深野悦子が女子レフェリー時代から貫く信念【サッカー、ときどきごはん】

 

日本を代表する国際審判として活躍し、現在は審判インストラクターを務める深野悦子。女子審判として貫いてきた志はいま後進の育成という形で徐々に花開こうとしている。いまの彼女の目に映るレフェリーの世界と思い描く未来について語ってもらった。

 

■「ジャッジリプレイ」への出演は苦行

私は「Jリーグ ジャッジリプレイ」(毎週火曜午前中にDAZN、金曜日YouTubeで配信中)という番組に「FIFA・AFC・JFA審判インストラクター」としてときどき出演しています。Jリーグの試合のジャッジをみんなで討論する番組ですね。

4人の出演者がいて、そのうち審判関係者は1人だけなんですけど、ただ今はもはやアナウンサーの桑原学さんが解説できるぐらいのレベルにまでなっていらっしゃるんで、私はもういらないんじゃないかと思ってます。

私が出演して、評価してくださる方もいらっしゃるんですけど、物事って「賛」もあれば「否」もあるので絶対誰か叩きますよね。私、そういうのに慣れてないんで、言われるところに出たくないっていうのが本音です。「いい人」でいたいんで(笑)。

だってJリーグで笛を吹いたことはないのに、その私が何を言うかってことですよね。Jリーグを担当する審判員がどういう気持ちで吹いているのかというのは、多分本当のことは分らないと思うんです。

判定に対して、審判員とか審判委員会が考える答え、ファン・サポーターのみなさんが思う考え、クラブや選手が思う内容、そのどれにも当てはまるような「いいとこ取り」をしたらいいんでしょうけど、そんなこと出来るはずがないんです。そうすると絶対誰かに嫌われる。そういう損な役回りですよ。

だいたいあの番組って、難しい判定に限って取り上げるんですよ。サッカーの「回答」って白黒つけられることばっかりだったら楽なんですけど、グレーゾーンの幅がすごく広くて、グレー寄りの黒なのかグレー寄りの白なのかというのがあるんですよね。

レッドカード寄りのイエローカードなのか、イエローカードだけどノーカード寄りもあって、そこを分かっていただくのが難しいですね。みなさん、白黒はっきりしたいでしょうから。

だからあの番組は辛いです。苦行なんです。でも私、Jリーグの職員なんで、出なければいけない事情もありまして。

しかもルールっていろいろ変わっていきますからね。今年もここ数年で加えられたいろんな言葉が削られたじゃないですか。なんか、建て増しした旅館で非常口が分からなくなったから、もう一度きれいに建て替えようって変更になった感じがします。

今回のルール改正で主審の判断が広がったかもしれませんし、この主審だったらこの場面では吹くだろうというのは今でもあっていいと思うんですよ。そういう主審の「くせ」というか、グレーゾーンを右と判断するのか左に取るのか、あるいはコミュニケーションが取りやすい人なのかどうか、私はチームが事前に調べることがあってもいいと思います。

「ジャッジリプレイ」でも「どっちにも取れますけど、主審の判断ですから」って終われるのが一番楽ですしベストだと思います。まぁそういうと「審判贔屓」といわれちゃうんで難しいんですけど。

 

■男子の1級審判が女子の試合を吹いてもうまくいくとは限らない

現在、審判は4級、3級、2級まで男女一緒です。でもその先がフィットネスなどの違いで「女子1級」と「1級」に分かれます。

「女子1級」を取得した審判は「1級」が求められる試合の笛は原則吹けないんですけど、やっぱり女子だと男子の基準で求められるフィットネスは難しいし、身体的なことなのでライセンスが分かれているのは正しいと思います。

ですがJリーグ初の女性主審になった山下良美さんのように、女子でも「1級」を目ざそうという人が出てきたんです。でもそれも、2004年に女性で初めて1級審判員の資格を取得した大岩真由美さん、2009年に取った山岸佐知子さん、2011年に1級審判員になってJリーグの第4審も務めた梶山芙紗子さんという先輩たちの積み重ねてきた歴史があってのことです。

元々チャレンジできる土台はあったんですよ。ただ私は挑戦しませんでした。自分の実力を見切っていたのと、私としては、あの男子の厳しい試合の中を当時ポニーテールしてた自分が走ってるのは違和感があると思って。

まだ前例がないのは「2級」から「女子1級」に行かず、そのまま「1級」を受けるという女性ですね。制度としてはできると思います。ただ国際審判員になろうと思うと、一度「女子1級」を経たほうがいいと思いますね。「女子1級」の中に国際審判員というのがありますから。

それに女子の中でどれくらいできるかを見ないで男子のほうに行くのもどうかと思います。やっぱり違うサッカーですから。実は1級を持っている男子が女子の試合を吹いたらうまくいくかというと、そうではなかったりするんですよね。

まずスピードが違います。男子には遅すぎて逆にポジションがうまく取れなかったり、男子は縦方向に早いんですが、女子は割と横につないで、すごく短い距離で繊細なパスをまわします。だから女子サッカーの審判はポジションを少しずつ修正しなければいけないけれど、男子サッカーの審判は結構大雑把にバーンと走るケースがありますね。

あとはファウルの見極めですね。女子もお互いにガツンと行くんですけど、あまり傷まなくてファウルじゃなかったかもしれない、なんていうことがあります。身体が柔らかいとか、お互いに最後は気を遣って力が抜けているということですね。

男子のように削りに行く、最後まで力を入れてタックルに行くというのはあまりないんですよ。アフリカの選手はガチッと来ることがあるんですけど、それは体格の違いがあるからそう思えるだけかもしれません。

 

■男子よりフェードアウトしていく人が多い…女子審判の厳しい世界

先日、女子1級審判員を目指している人のチェックに行ったんです。関東サッカー協会と東京サッカー協会から「上を目指している女性がいるから見てください」という依頼を受けて。そうしたらその人が「吉田」という名字で、何と元プロフェッショナルレフェリーの吉田寿光さんのお嬢さんだったんです。

その人はお父さん譲りの……いや、ある意味お父さん以上の走りで、「すごいなぁ」と思って帰ってきました。そういう人は、多くはないですけど今や日本中にいます。女子サッカー部も増えてますからね。

そういう人たちにはがんばってほしいと思います。やっぱり審判って厳しい世界なんですよ。ベンチにいろいろ言われて辞めちゃった人はすごく多いんです。男子もいますけど女子はそれより多いですよね。

だって審判やりたいなんて、すごく強い気持ちとすごく打たれ強い気持ちを両方持ってるような、ちょっと変わった人じゃないとできないと思いますね。お客さんに散々野次られても、それを「フフン」ってあしらえるような強い感覚を持たないとダメですし、どんなにトレーニングが辛かろうと頑張ろうと努力し続けなければならないですよね。しかも選手と違ってトレーニングは孤独です。

監督さんがいろいろ文句を言ってきたときに「これ以上言うってことは退席したいのかな」ってちょっと駆け引きには行きますよね。だけど、そういうのって実際に退席させちゃダメだってことも分かってて、ある程度飲み込むときもあります。

えっと、話を元に戻すと、女性の審判が置かれている現状も次第に変わってきました。昔は更衣室がなくて審判はトイレで着替えたり、そういうことが何度もありました。だから女子の私が審判をすることを自分では「高尚な趣味」と呼んでいました。立派な、理念のある趣味という意味で。逆に言うと趣味としてしか成り立たなかったというのが女子の審判という立場だったのかもしれませんね。

今は変わりましたよ。本当に良くなったと思います。選手を取り巻く環境が変わって、そこから審判についても変わってきたという感じですかね。新たなところで言えば「ママさんレフェリー」が結構増えてきました。女性審判を取り巻く環境も改善されてきましたね。

女子サッカーを盛り上げたい、女子サッカーの審判は女子でやんなきゃ誰がやんだって思ってずっとやってきたので、やっぱり女子の審判をやってる人はそれなりの自負があると思いますよ。

元日本サッカー協会会長の岡野俊一郎さん(故人)とか、審判だった日本サッカー協会顧問の浅見俊雄さんといった方々が、「女子サッカーを何とかしていくんだ」みたいな感じの流れを作ってくださったという感じですね。そういう方々のおかげでここまで来たというのがあります。

それから忘れちゃいけないのはサッカージャーナリストの大住良之さんで、女子サッカーチーム「FC PAF」の監督として長く活動していらっしゃって、山下主審もまだ「FC PAF」に所属していますし。そういうみなさんの尽力があったおかげで、日本は女子ワールドカップで優勝し、U-17もU-20の女子ワールドカップでも優勝できたと思います。

 

 

■高校時代は同級生の相馬直樹くんと仲良く「アフター」

私は大学を卒業してJリーグに就職して、半年ぐらいのトレーニング期間を経て配属されたのが運営部、今の競技・運営部なんですけど、そこで審判の担当になったんですよ。審判のみなさんはそのとき60人ぐらいいて、自分の時間を犠牲にしてすごくトレーニングをなさるんですけど、まぁメディアに叩かれるわけです。ひどい事結構書かれたりして。

どれくらいこの方たちは大変なんだって思ったときに、やっぱり体感しなきゃいけないって思ったんです。それから、あまりにもルールとか何も分からなさ過ぎて、ちんぷんかんぷんだったんで、それも知らなきゃいけないだろうって。それに、ルールについての問い合わせを受けたときに何一つ答えられないのもまずいかなって。

その時私は若かったんで、審判のみなさんのトレーニングを準備してる延長で、私も審判をやってみようかな、みたいな。そうしたらみなさん優しくて「やりましょう、やりましょう」って引っ張り込んでくださって。で、気がついたらもう審判だったってことです。だから私って門前の小僧です。

そもそもサッカーって大学時代に始めたんですよ。出身が大分舞鶴高校なんでラグビー部にすごい興味があったんですけど、大学のときの語学友が「サッカー部作るから入って」って言ってきて。そのとき私、ダンスサークルに入ってたから「ダンス辞めないよ」って言ったんですけど、「掛け持っていいから」って説得されて、体育会でボール蹴りつつ、ダンスサークルで公演に出たりしてました。

相馬直樹くん(鹿島監督)が同級生、奥野僚右さん(群馬監督)とかが一つ上の学年で、練習が終わった後のトレーニングをたまに一緒にやってもらってました。その自主練のこと、「アフター」って言うんですよ。しかも「ター」のほうにアクセントがあって今考えると変な言葉なんですけど(笑)。仲良くやってましたし、サッカーのことを教えてもらいました。

だからサッカーはプレーしかやってなかったんです。もっと言うと、最後の年のインカレの前にケガをしちゃったので試合には出られなかったんですけどね。そのときのリハビリでは今、五輪代表のフィジカルコーチをやってらっしゃる矢野由治さんがトレーナーだったので、お世話になったりしました。

 

■「私、辞めます」。キャリア絶頂期に審判員を引退した理由

もし配属されたのが他の部署で別の担当だったら、そっちを勉強してたんだと思います。ただ、社会人って不健康じゃないですか。審判になるためにトレーニングすることは、それをちょっと健康にする手段でもあったし、あとみなさんがすごくよくしてくださったので、それで審判になれたのだと思います。

そこから先は運もありましたね。ちょうどその数年前、1990年にFIFAが女子の試合には女子の審判を起用しようみたいな方針を打ち出してたんですよ。それで浅見さんが男女の区別がない方だったので、女子をどんどん育てる制度を作ったんです。

私は浅見さんが今の日本の審判界を作った人だと思いますね。戦略がうまくてどんどん審判が生まれたという感じでした。その生まれた審判を東京都サッカー協会のような地域のサッカー協会が育てていったんです。私も東京都サッカー協会や関東サッカー協会に育ててもらいました。

それにやっぱりJリーグに育んでもらいましたね。だって私がJリーグ担当審判員の研修を用意するわけじゃないですか。当然、その内容も見ますし、そこで英才教育をバリバリ受けてたんだなって思います。

ベテランの審判ってマネジメント力に長けてて、選手との会話がうまかったり、いい判断基準持ってたりするんですね。何かあるとカードをバーンと切ったりするんじゃなくて、機微があるっていうか、いい意味で演歌みたいな。そういうのを学びました。

それで1998年に2級になって、女子1級になったのは2002年でした。Jリーグの業務で平日は忙しく、週末は笛を吹いていたんですけど、まぁでもレフェリングは趣味でしたから。

業務として審判を担当してたときはもちろん仕事にバリバリ生きるのでよかったんですけど、離れてもやっぱり理念みたいなものや、自分の中にビジョンみたいのが生まれてたし、女子のサッカーの灯は消しちゃいけないと思ったので、頑張ろうかなって。

女子1級になった後、国際審判員になったんですが、そのときは主審と副審にそれぞれ4人の枠があって、私は3番目か4番目ぐらいになったと思います。

日本サッカー界のレジェンドはカズさんですけど、女子審判界のレジェンドは吉澤久恵さんなんですよ。ワールドカップに4回行った方です。吉澤さんはたしかカズさんより年上で、今も現役で審判してらっしゃいます。そういう方が先輩としていたので、私も道があったというか。

それで2011年ドイツ女子ワールドカップに選ばれて参加したんですけど、前年に開催されたU-20女子ワールドカップの試合中に肉離れしちゃって。何とかワールドカップまでに間に合わせようと思って、2011年3月にポルトガルで開催されたアルガルベカップで笛を吹いたんです。ワールドカップの年のアルガルベカップって審判にとって最終選考みたいなもので、そこで主審が出来てホッとしましたね。

そのポルトガルからの帰国の飛行機が成田空港にランディングしようとしたのが14時45分だったんですけど、一度降りようとしてもう一度上空に上がって1時間ぐらい旋回したんです。それから「行き先を変更して中部国際空港に降ります」って。

3月11日、震災の日のことでした。私たちは何が何だか全然分かってなくて。日本に着いたら海外の仲間がすぐコンタクトを取ってくれて「大丈夫か」とか「気持ちは一緒にいるよ」とか。やっぱありがたかったですね。その年、一緒にワールドカップに行った副審の高橋早織さんが岩手の出身で、震災後しばらくして2人で物資を運んだりしました。

そういうのも全部人生の一部ですね。振り返ればいろいろ思うことがあるんですけど、当時ドイツ女子ワールドカップを目指していた私は、その目標に拠り所がありました。今やることは何だろうかと思ったときに、「ワールドカップを目指さずしてどうするんだ」って。

くよくよしててもワールドカップは来ちゃいますし、だから逆に精神的に強くなれたかもしれないですね。トレーニングしなきゃいけないし、Jリーグのみんなだって私がいない分の仕事を分担してやらなきゃいけないし。そういうことを考えていた2011年でした。

そうしてワールドカップの主審に選ばれてドイツに行ったんです。なでしこジャパンがドイツに行ってからは、ずっと協力してました。「次の審判はこういう人で、こういう癖があるよ」とか、全部お知らせして。勝ってもらいたい一心でした。

ワールドカップでは自国のチームが勝ち進むと公平性の立場から笛が吹けなくなるので、私は大会途中で帰国することになったんです。けど、そのことについては何も思っていませんでしたね。

目的が「日本の女子サッカーの発展」だったので、自分のことについては別にどうでもいいって感じでした。ワールドカップ行けただけで「御の字」だったんで。私はアジアの3人の枠には入ってましたけど、その中で1番じゃなかったと思うから、日本が勝ってなくても残ってなかったかもしれませんし。だから「もう帰って仕事したほうがいい」と思って(笑)。

2012年で審判を辞めました。自分としては絶好調のときに辞めたと思ってます。「ワールドカップに行こう」って私は本大会までずっと成長してたんですよ。そのころが人生中で一番足も速かったんです。40メーター走が5秒9だったし。39歳でそんなに早く走れると思ってなかったんですけど、そこまでずっと走力は伸びてたんですね。

だけどそのピークが高すぎて、じゃあ次に日本の国内の大会に行ったときにはピークが落ちてるんですよね。トレーニングの量も減ってるし。ここの差分が自分ではいかんともしがたくて、自分の中で許せなくて。ちょっと何かモヤモヤしてたところにJFAから「次は国際審判員にしない」と言われて、そうだなと思って。

相撲で横綱が大関や平幕に戻れないというのを見て、やっぱりこれだなって、「私辞めます」って言って、すぐ指導者の道に入ったんです。ただ苦しかったですよ。自分で言うのも何ですが上手だと思ってましたからね。ピークが落ちたとしても。でもなんかずっといる場所でもないと思ってたんですよね。ピークが落ちるよりも前に去りたいと思ってたから。

今思えば、いいときに辞めたと思います。すぐにJFAがAFCやFIFAで活躍できるように仕向けてくれたので、タイミングはよかったんです。

今年はWEリーグができるということで、女性のサッカーを見てもらえる場が増えると思います。そうしたら女性審判のレフェリングも見てもらえる機会も増えるでしょうね。今、そういうのも考えて審判のトレーニングしてるんですよ。

WEリーグがインカムを買ってくれるというんで、インカムを使うトレーニングを去年からバリバリやってます。WEリーグができるからといって浮かれている時間はないなって。

他にもFIFAの審判のインストラクターをやっていて、2019年フランス女子ワールドカップでもインストラクターを務めました。今、AFCとFIFAとに全部関わっていて、その立場にいるのはすごく大事なことなんで、とにかく居続けようって思ってます。そうじゃないと情報が入ってこないから。政治っぽいですけど。

FIFAにいれば女子サッカー界のトップの人と一緒に仕事をすることになるから、その人と直接話せるし、日本人の主審を売り込むことが出来るし。もちろん日本人審判みんながちゃんと笛を吹けるような準備もしていなければダメなんですけど、そこはしっかりやってますから。女子は盤石でやってますよ。私たちのこういう努力が男子にも刺激を与えるんじゃないかと思ってます。

今はJリーグの職員として仕事が面白いので、Jリーグしっかりやりつつ、もう1足のわらじとして、Jリーグにも「頑張れ」と言われている審判の育成を続けようと思ってます。人生は1回きりなので、やることをやろうって。お金もちゃんと稼がないと好きなことも出来ないし、Jリーグで働いてないと審判側のお仕事も基本的に出来ないので。女子審判のプロも出来るんじゃないでしょうか。財政的なバックボーンが出来たら。

私の中で、女子は生活基盤をしっかりしながらサッカーを頑張れっていう思いがあります。でも応援するっていうのは自分も頑張らなきゃいけないんで、自分ができるところで頑張る、自分しかできないところで頑張るっていうそんな感じですかね。

 

■帰ったら必ず食べる地元・大分の名店

最後の食事のところ、いいコーナーですよね(笑)。

私、生まれが大分県日田市で、祖父母や両親も全員日田なので、やっぱり日田の水とかお米の匂いとかが染みついちゃってるんですよ。だから日田の食材を使った日田のレストランを3軒紹介しておきます。

1軒目は「想夫恋(そうふうれん)」っていう焼きそば屋さんです。ここは今流行ってる「日田焼きそば」なんですよ。いろいろ焼きそばのみせがあっても「想夫恋」がいいです。「想夫恋」がおいしい。チェーン店でたくさんお店があります。ここには帰ったら必ず行きます。あの焼きそばの味は自分で作っても他のところでも出ないんです。

2軒目は「戸山うなぎ」です。ここもすごいおいしいんです。多分水がおいしいからうなぎがおいしいと思うんですよね。

最後のお店は「一品香(イーピンシャン)」っていう餃子のお店です。今は2代目なのかな。ちっちゃな餃子を焼いてくれるんです。親指ぐらいの。餃子しかない店です。ドリンクはコーラ、ビール、焼酎、日本酒……以上なんですよ。そこもすごく好きなんですけど混んでるんで。

この3軒は本当にいいお店なんで、日田に来たら行っていただきたいです。ぜひ来てくださいね。

 

→「想夫恋
→「戸山うなぎ
→「一品香

 

○J論プレミアム記事ピックアップ:
あの1年半、風間八宏は「父」ではなくなった。風間兄弟が明かすフロンターレ時代の苦悩と父の背中

 

「サッカー、ときどきごはん」個人スポンサー
・mochi+
・かねみき
・スギモトハルキ
・しゅういち
・佐藤R
・sadakiti
・shiumaik
・大久保 亮太
・ukm10
・chottu_LB
・MN10
・yuri.k
・dummy_rock
・Gorikong
・cbd92730
・TAKE
・yohei koga
・zingtang_la_17
※「サッカー、ときどきごはん」個人スポンサーとは、連載の取材費を直接スポンサードしてくださっている個人の方々です。「森マガ」と「サッカーパック」の入会者で、個人スポンサーとして名前(ペンネーム可)を登録していたいた方をご紹介させていただいています
→詳しくはコチラ

 

○「サッカー、ときどきごはん」過去ログ:
2バックはちょっと先走った……「早すぎた男」早野宏史がダジャレ抜きで語る監督論

 

○森マガ記事ピックアップ:
【日本代表のトレーニング】ハビエル・アギーレ監督の時代(2)

 

深野悦子(ふかの・えつこ)
大分県出身。2003年に女子一級審判員の資格を取得し、2006年に国際審判員に。国内外の女子主要大会で数多く笛を吹き、2011年 のFIFA女子ワールドカップ・ドイツ大会では2試合で主審を務めた。2012年で現役を引退。現在はJリーグで働き、審判インストラクターとしても活動する。

 

有料WEBマガジン「森マガ」では、後日、栗原選手インタビューに関する「インタビューこぼれ話」を公開予定です。

森マガとは
→J論で全文無料公開されるインタビュー記事を中心に、こぼれ話や、一本の記事にはならなかったけれど印象深いシーンや、みなさまからの質問にお答えするコーナーなどのサイトです。

 

森雅史(もり・まさふみ)
佐賀県有田町生まれ、久留米大学附設高校、上智大学出身。多くのサッカー誌編集に関わり、2009年本格的に独立。日本代表の取材で海外に毎年飛んでおり、2011年にはフリーランスのジャーナリストとしては1人だけ朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の日本戦取材を許された。Jリーグ公認の登録フリーランス記者、日本蹴球合同会社代表。2019年11月より有料WEBマガジン「森マガ」をスタート

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ