【サッカー人気3位】【J2箱推し宣言!】岡山パウリーニョ、…

J論プレミアム

「元選手」としての賞味期限はもう過ぎた……石川直宏がクラブコミュニケーターとして目指す場所【サッカー、ときどきごはん】

 

新しい職業に就き、駆け抜けてきた3年半で彼は何を感じ、いま何を考えているのか? 自分の想いを素直に伝えるために、丁寧に言葉を選び、熱く語りかけてくる姿勢は今も昔も変わらない。現役引退後も自問しながら真っ直ぐに生きようとしてきた石川直宏の軌跡を聞いた。

 

■「何やっているの、あの人?」が一番の褒め言葉

もう引退して3年経ちますよ。あ、4年目か。あっという間ですね。もう今年で40歳になりますから。

引退して「クラブコミュニケーター」という役職についていますが、東京のファンやサポーターも、多分「そもそも何やっているの、あの人?」っていうのが僕のイメージだと思います。

今年だけでも関わってきたことが「ピースメッセンジャー」「防災体験」「サッカークリニック」「分身ロボット OriHimeサッカー」「オリパラ活動」「横須賀シーガルスと社会貢献」「ブラインドサッカー」「多摩少年院サッカー教室」「アスリートが新たな自分と出会える場『NAO’s FARM』での農業事業」「DCD 発達性協調運動障害」など…。

でも僕にとってみると、「何やっているの、あの人? でも何かやっているね」っていうのが一番の褒め言葉というか。信念を持って取り組んでいます。

引退直後に社長に伝えたのは、自分が現役でやってきたこと、そこで感じたこと、そしてこのクラブを強くしていくためにはこういうことが必要なのではとかを話しました。

そこで「クラブコミュニケーター」というポジションができましたけれど、それはまさにクラブが一体感を持って前に進むっていうところを考える役割です。

東京というクラブは僕が2002年に入ってきたときよりも規模は大きくなって人も多くなったし、ファン・サポーターも増えたし、いろいろな選手がまた東京に関わってくれるようになってます。

その中で「そもそも東京らしさって何かな?」って自問しましたが、やっぱり「みんなで一生懸命粘り強く最後まで戦う姿」がベースにあるなって。それがこれからもずっと続くためにはどうしたらいいかと考えました。

自分はもうピッチには立てないので、どうやってその思いを伝えていくか。自分が一方的に伝えるだけじゃなくて、いろいろな立場の人に寄り添うというか、その中でコミュニケーションをとりながら、一体感を作っていく。「つながる」「つなげる」という言葉を一番大事にしてます。それが自分の役割ですね。

 

■誤解されているFC東京というクラブへのイメージ

「クラブコミュニケーター」というと、東京のファン・サポーターやスポンサーのところに行って話を伝えるだけに思われがちかもしれませんが、やりたいと思っていたことはもう1つありました。

それは自分の視野を広げることです。僕はずっと東京でやってきましたので、多分、東京の視野でしかない。見ているところが狭いのではないかと心配をしていました。

サッカー界はいろいろなところからサポートをいただいてます。その考え方は地域密着というJリーグの理念でもありますし、東京の想いでもあります。けれど、東京だけの視野から見てたら、多分クラブが勝手気ままに判断して発言してるということになってしまいかねない。

という事から、サッカーに限らずもっと広い世界を観たいと考えていました。それでいろいろなアスリートの方や、スポーツ以外の分野のいろんな人と共同して、お互いに楽しく情報交換をしました。そのとき、関係の質を高めるためのポイントがあったんです。そういうことを全部ひっくるめてクラブの力にしたいです。

そうやって僕が外で学んだことをクラブに伝えようと思っています。たとえば長野県の飯綱町に行ってきましたが、通常ですと、我々が長野県には中々行く機会が無い。

でもそこで取り組んでることの素晴らしい部分を東京に還元できると思いました。長野県には農業地域との連携で地域活性している場所が飯綱町にあって、それを東京でできないかなって。

実は東京でも2019年に三鷹市の伊藤園という都市農園で野菜の収穫を一緒にしました。伊藤園で働く方々も東京を応援してくださっていて。まだ全然進んでない話なんですが、長野県に学ぶ部分があるかなと思えてきて。

ファン・サポーターと僕とそういう地域、伊藤園さんでその都市農園を盛り上げていくとか、サッカーだけじゃないコミュニティを作って、何かストーリーがそこに生まれて、そこからサッカーをしようっていうところに持っていくとか。

他のイベントの開催に至るまでの部分もストーリーだと思います。サッカーも試合運営のスタッフ、ボランティアさんやメディアがいて、ピッチの上で試合があって成り立ってるんです。

少年院でサッカー教室を開催するためには、いろいろな打ち合わせがあって準備をして、流れを作って、いろんな人に協力してもらわないとできません。そこにストーリーがあります。

全くサッカー知らないけれど、準備をする中で何か一緒にやってみよう、やって楽しいとか、そう思える関係性ができてこそ、多分いいものが作り上げられます。そういう思いが自分にも、多分協力してくださるみなさんにもあります。

引退後に学んだのは、サッカーで伝えられることが生活のエネルギーになることは、僕の想像以上にあったということです。サッカーと、東京と関わっている人たちは、それだけの熱があります。その熱量は想像以上で、週末が楽しみで仕方ない生活、人生の活力になってるなど、いろんな地域に行って直接声を聞いています。

あと最近でいうとコロナ禍の影響でなかなかスタジアムに足を運べない方々に、新たな楽しみを持ってもらうということで、「青赤パークオンラインpresented by めちゃコミック」というライブ配信をFC東京公式YouTubeチャンネルで実施しています。

そのライブ配信に寄せられたエネルギーがすごいですよ。勝ったときのすごい喜びようと、負けたときのもう人生終わるんじゃないかってぐらいの絶望感を沢山の方がコメントしてきます。選手のときもその熱量はもちろん感じていましたけれど、よりファン・サポーターの方との距離が近くなって、さらに伝わってくるというか。

一方で感じたのは、サッカーを知らない人には全くそういった熱さってわからないと。本当に100パーセントかゼロパーセントか。それが分かって昨年いろいろ考えました。「これってすごいチャンスだな」って。

僕はもうプレーできないから、ピッチで何か見せるわけにはいかない。
でも例えば「防災」をキーワードに何か取り組めることがあるかなと。防災に興味があるけどサッカーは別に何とも思っていない人に、面白かったと思ってもらう企画の中で「防災に取り組むFC東京」を知ってもらう。

そうするとその人たちのサッカーに対する熱がちょっとずつ高まってくるとか。そうやっていたら、いろいろな災害がある中でサッカーと防災ってつながりますよ。

そういうきっかけを多く作る。たとえばそれが農業であってもいいし、少年院でのサッカースクールという取り組みであってもいい。

小児医療病棟訪問をして「サッカーって知らなかったけれど、そこで勇気をもらいました」って僕たちを身近に感じてもらうこともきっかけを作る活動の一つです。もちろん日ごろ取り組んでいらっしゃる当事者がいて、そこにサッカーとの接点を作ってもらう。

サッカー以外の活動で思いを伝えていく中で、東京の取り組みとか細かいところにフォーカスしてもらえるような機会を持って、熱を知ってもらって、関係を築くっていうとこですね。

いろいろな場所に行って東京のことを伝えるときに誤解されてると感じた部分は、やっぱり首都東京のクラブで、最近で言えば2020年度のルヴァンカップに優勝して、リーグ戦の順位も上位になってきて、日本代表になるような選手たちもいるっていうところで、「ビッグクラブ」というイメージを持たれていることですね。

でも実は成績にしても、まだまだ自分たちの理想とするところに届いていない部分があるのです。クラブにしても、さらに地道にホームタウン、地域の人たちと一緒に、本当に一つひとつ丁寧に向き合うことが必要です。

その地域に住む人と人、商店街や都庁だとかに足を運びコミュニケーションをとって、関係性を築いてるっていう部分が大切です。東京はクラブの中にいる人たちが一生懸命、いろいろなところに取り組んでいますが、それは多分クラブと関わりがあまりない方が持ってるイメージと違っていると思いました。

だからまだまだ自分たちのできることはたくさんあるし、東京の一人ひとりがそんな想いを持って活動に取り組んでるっていうところを伝えるようにしてます。

それからデータにもありますが、実際に東京のサポートをいただいてるっていうか、ともに歩みを続けている出資6市、府中・三鷹・調布・小平・西東京・小金井という各市の中でも東京を認知してる人が結構少なかったんです。

日本の首都東京のクラブで、そこから世界へという理念で歩みを進めてますが、でもまずは地元の人たちにもっと知ってもらいたいこと、魅力も伝えていかなきゃいけない。

ただこれってサッカーだけだとやはり難しいですね。ストーリーを作って、その中で、サッカーを観に来てもらう。まずは、観に行きたいと思ってもらうところを今は取り組んでいます。

それぞれに地域特性があるので、そういった特性を活かしながらストーリーを描いて足を運んでもらえる機会を作るっていうのが「FC東京らしさ」だし、今大事なところだと思いますね。

 

 

■「サッカー知りません」は逆にチャンス

コミュニケーションを取るとき、僕の中では「フラットな関係性」が一番大事にしているところです。対話するには自分の言葉だけじゃなくて、目の前にいる人たちの思いから漏れてくるように言葉を聞くことが大切で、そういう関係性を作るためにはそのフラットな関係性が大切だと思っています。

引退したあとに感じたことがあります。元選手として活動するだけだったら賞味期限あるかなと。たぶんだいたい3年ぐらいじゃないですか。僕はもう過ぎたと思っていますよ。

引退して最初はいいです。「選手をやっていました!」で。ただ今何をやってるかにみなさんは注目をしますし、僕のパーソナリティーだったり姿が、今の関係性を築くんです。

なので過去に固執していないですし、「サッカー知りません」って言われたら、逆に今の自分を伝えられるチャンスだと思いますね。僕のことをすごく知ってくれている方もいますが、そのときは「恐縮です」って言って話をしますが。

自分が経験してきたことを「教える」というよりは、「伝える」。教えるっていうとどうしても何かちょっと上から目線な感じがしますし、伝えさせてもらって、その反応をまた自分がいただいて、ということの繰り返しだと思います。

講演をするときも、自分が本当に伝えたいことは何かなと、いつも話しながら考えています。言葉にその想いを乗っけるというか。僕は現役時代、プレーに想いを乗っけてやってきましたけれど、今はピッチに立てないので、サッカーや自分自身を自分の言葉でどう伝えていくかなのですよ。そこで発する言葉を絶対大切にしたいと思ってます。

そうやってコミュニケーションする人たちをどんどん増やしたいと考えると、改めてフラットでいることは大事です。フラットな関係性の中で人間が茂っていく、つながって茂っていくのだろうと思ってて。

クラブ内でも単に何かを伝える関係を作るのではなくて、関係が深まっていって話をしてる間に、「でも実はこういう地域でこうだったよ」というような言葉が出てきたら、それは多分一番いいことだと思いますよね。

たとえば「青赤パークオンライン」でも、クラブのプロモーション部などと連携やコミュニケーションを取る。現場で起こっていることは強化部だったり選手に直接聞いたり。

そういうところで、いろいろな部署の関係性を作り、連携を密にしています。準備とかコミュニケーションがあるからこその輪が生まれるし、過程の中でいろんな関係が構築できる。そういうことが価値だと思います。

クラブの中でも、たとえば選手にしても、「ナオさんって引退した後に何をやっているのかな?」っていう部分は絶対にありますよ。僕も直接選手とコミュニケーションを取りながら伝えることもありますし、昨年なんかはちょうどコロナ禍でなかなかサッカーができない状況のときに、強化部が中心になって行った「Grow UP Meeting」っていう若手中心のミーティングで話をさせてもらいました。

自分が成長していくためにサッカーだけじゃない、いろいろな環境の中でビジョンを描いてプレーをすることが大切だった。そしてそのビジョンは自分だけじゃなくて、チームにもビジョンとか理念があるのだから、そこを重ね合わせてプレーをできるかどうかが重要で、そうすることで自分の東京の中での価値も高まるとか、そういう話です。

それぞれ選手は自分のビジョンがあったり、もしかしたらまだはっきりとしたビジョンがなかった選手もいたのかもしれませんが。そういう自分のことを伝えていく中で、若手選手には僕がどうやってキャリアを重ねて、引退をしてこういう活動をしているのか知ってもらえたと思います。

これからも、サッカーのことだけじゃなくていろいろなことも世の中に伝えようと思っています。

 

■目標をはっきり決めないという生き方を選ぶ理由

将来的には……僕の中でのはっきりとしたものは正直ないです。こういうことを積み上げていったら、なんとなくこんな感じになるのかな、っていうところはありますが。

正直な話、もしかしたら人って目標を設定してそれに向かってアプローチをして階段を上っていったほうがいいのかもしれないと思います。なぜ僕がそうしてないか、というかできないかって、やっぱりサッカーをやってた中で、ある地点を目指してたけれど怪我をして挫折をして、そこに行き着かなくて。うまくいかないことだらけだった。

そんなとき先を考えるよりも目の前のことを一生懸命やって楽しんで、大事にしながらやっていたら達成感が生まれました。だからあまり先のことを考えすぎないという、そういう生き方になってると思います。

そして今はこういう思いを保ち続けていたら何かにつながると確信をしています。そこからどこかにつながっていくかなって。どうつながっていくのかっていうのが僕の中で楽しみの一つです。

本当は3年ぐらい、とにかく汗をかいて動いて、現場を知ってということを続けていたら、何か自分のやりたいことが分かると思っていました。選手のときって自分のスペシャリティが武器になって18年間現役生活が出来たわけですから、何か特別なモノが見つかってその方向に4年目、5年目は進むのかなって。けれど、特別なものは一向に見当たらないというか、逆に、面白いことが沢山ありすぎて。

だから何か1つに絞り込んではいませんが、でも自分の目的はあくまで東京を強くすること、魅力あるチームにすること、あとは東京でまず自分自身の結果を残せるようにすることです。東京が強くなれば日本サッカーはその延長で強くなっていくと思っているので。

それと同時に、それぞれの地域に住んでいる方々が、東京があってよかった、生きがいになってるとか、そういう方々をもっと増やしていくことです。そのための手段を今自分がいろいろ一緒になって取り組んでると思ってます。

ここからあと10年のうちに自分の目ざす場所を見つけたいですね。多分ずっと「クラブコミュニケーター」というプレーヤーではいられないと思いますよ。生涯現役じゃないですけれど、ずっとプレーヤーでいたいですけれどね。

長くプレーヤーとして活動するためにも、自分だけだと限界がありますからチームワークだったり組織が大事です。そして自分のスペシャルなものがはっきり見つからないのであれば、スペシャルな人たちとどんどん関係を築いて、いつの間にか自分が、そういった人たちをまとめられるというか、引っ張る存在になったら、それもまた面白いですよね。

こういう僕が1つのモデルケースというか、選手たちの判断材料の1つになってくれればいいと思いますよ。僕みたいな例はどんどん増えてくるじゃないすか。中村憲剛さん、播戸竜二さん、佐藤寿人とか、早稲田大学サッカー部監督の外池大亮さんもそうですし。後進のための道を作ってるわけじゃないですけれど、この「クラブコミュニケーター」が、2代目、3代目と続いてくれたら僕はうれしいと思います。

今は、オンラインで熱を伝えるためにどうしたらいいか、この1年はいろんな工夫考えながらやってきました。いろいろ自分を客観視できるいい機会でした。コロナが明けたら、バージョンアップした自分の姿をまた見せたいと思います。

 

■コロナが明けたら行ってほしいお店

ご飯の話ですよね。ちゃんと準備しておきました。

都内のお店がいいのかな、とちょっと思いましたが、もうそこのお店は席もあまり多くなくて、お気に入りなんで、バーッとお客が増えちゃったら困るから言わないでおきます(笑)。

そこじゃなくて別の店です。今、コロナ禍でなかなか外に出られなかったりするので、クルマで東京から離れて癒しを求めに湘南に行ったりしていますよね。自然に触れたい、海見たいって。そういうのにもぴったりだし、コロナが明けたときには行ってほしいという希望もあって紹介したいです。

逗子にある「海畑 marche 太陽」っていう店です。横須賀・逗子でおすすめのお店を聞かれたら、ここがお勧めの1つです。駅の目の前、徒歩1分です。実はそこのご主人の奥さんが僕の高校の同級生ですよ。

ただ高校のときって横浜F・マリノスユースにいたので、みんなとそんなにいろいろ深い付き合いをする関係ではなかったですが。でも地元の同級生は僕が引退した直後の2018年の1月か2月ぐらいだったか、「お疲れ様会」をやってくれて、そこで巡り合ったお店です。

そこから僕も地元の横須賀に帰ったりするときは寄らせてもらっています。食事もすごく美味しくて、地元にこだわって、地産地消で新鮮な野菜と魚を取り扱ってて、横須賀のビールもある店ですよ。

オススメはやっぱりお刺身ですね。その日の朝に上がったものを出してくれるのですが、さらに魚だったらこの漁師さん、野菜だったらこの人、っていうその関係性をすごい大事にしています。

そういう部分で言うと、僕の「クラブコミュニケーター」と一生懸命まっすぐに向き合う部分、料理に対して真っ直ぐに生きているところが似てるのかなって。それに僕もご主人もサーファーなんで(笑)。

→「海畑 marche 太陽

 

○J論プレミアム記事ピックアップ:
Jサポのための「ポジショナル・プレー」解体新書。川崎、浦和、横浜FM、鳥栖の進化は必然である

 

「サッカー、ときどきごはん」個人スポンサー
・mochi+
・かねみき
・スギモトハルキ
・しゅういち
・佐藤R
・sadakiti
・shiumaik
・大久保 亮太
・ukm10
・chottu_LB
・MN10
・yuri.k
・dummy_rock
・Gorikong
・cbd92730
・TAKE
・yohei koga
・zingtang_la_17
※「サッカー、ときどきごはん」個人スポンサーとは、連載の取材費を直接スポンサードしてくださっている個人の方々です。「森マガ」と「サッカーパック」の入会者で、個人スポンサーとして名前(ペンネーム可)を登録していたいた方をご紹介させていただいています
→詳しくはコチラ

 

○「サッカー、ときどきごはん」過去ログ:
「ジャッジリプレイ」の知られざる苦悩……深野悦子が女子レフェリー時代から貫く信念

 

○森マガ記事ピックアップ:
私が松岡大起選手について知っているほんの少しのこと

 

■石川直宏(いしかわ・なおひろ)
1981年5月12日、神奈川県出身。横浜F・マリノスユースから2000年にトップチーム昇格。2002年にFC東京に加入し、2017年に引退。翌年からFC東京クラブコミュニケーターに就任した。

 

有料WEBマガジン「森マガ」では、後日、栗原選手インタビューに関する「インタビューこぼれ話」を公開予定です。

森マガとは
→J論で全文無料公開されるインタビュー記事を中心に、こぼれ話や、一本の記事にはならなかったけれど印象深いシーンや、みなさまからの質問にお答えするコーナーなどのサイトです。

 

森雅史(もり・まさふみ)
佐賀県有田町生まれ、久留米大学附設高校、上智大学出身。多くのサッカー誌編集に関わり、2009年本格的に独立。日本代表の取材で海外に毎年飛んでおり、2011年にはフリーランスのジャーナリストとしては1人だけ朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の日本戦取材を許された。Jリーグ公認の登録フリーランス記者、日本蹴球合同会社代表。2019年11月より有料WEBマガジン「森マガ」をスタート

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ