【サッカー人気2位】オーストラリア戦、地域CL組み合わせ、…

J論プレミアム

【田村修一の視点】2021年9月25日 J1リーグ第30節 FC東京vs浦和レッズ

J1リーグ第32節 FC東京 1(1ー1)2 浦和レッズ
15:03キックオフ 味の素スタジアム 入場者数4,875人
試合データリンクはこちら

 

前半と後半でプレーの強度とスピードがまったく異なる試合だった。その原因は浦和にある。キックオフ直後に失点を喫すると、その後はボールを保持しながら動きに精彩を欠き、さほど堅固にも見えないFC東京の守備ブロックを崩し切れなかった。だが、失点のミスを帳消しにした終了間際の酒井宏樹のゴールが、後半の流れを変えた。本来のプレー強度とスピードを取り戻した浦和が、前線から積極的にプレスをかけてイニシアチブを握り、決勝点もその流れの中で生まれた。浦和の変化に、FC東京は選手交代とシステム変更で対応しようとしたが、連戦の疲労蓄積で運動量を上げられず、うまくはいかなかった。

 

 

田村修一(たむら・しゅういち)
1958年千葉県千葉市生まれ。早稲田大学院経済学研究科博士課程中退。1995年からフランス・フットボール誌通信員、2007年から同誌バロンドール選考(投票)委員。現在は中国・体育週報アジア最優秀選手賞投票委員も務める。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ