【サッカー人気2位】【山雅探報】岡山に惨敗の復帰戦で存在感…

J論プレミアム

寺田紳一はなぜシーズン中に「自分勝手」な引退をしたのか……チームに迷惑をかけてもつけなかった嘘【サッカー、ときどきごはん】

 

シーズン途中に突然引退を表明して周囲を驚かせた寺田紳一。インタビュー中、節々で「申し訳ない」という言葉を発する彼が、チームに迷惑をかけてでも引退を決意した理由は何だったのか? 新たな道を歩み出した今、現役時代には見えていなかったものが見え始めている。山あり谷ありのキャリアを振り返ってもらった。

 

■このままだとサッカーが嫌いになりそうだった

まだシーズンの途中だった8月19日に引退したんですけど……今年始まる時点で、今年1年やりきって引退しようというのは最初から決めてたんです。正直、身体のこともあって。古傷の左ヒザが痛かったし、ケガが多かったり治りも遅かったりで。だから今年1年やなというのは、最初の時点であったんです。

ヒザは2011年の横浜FCのときですね。左膝骨折と内側靭帯と後十字靭帯を一気に持っていかれるケガして。やっぱりヒザは選手生命に関わってきますね。そんな言うても36歳までできましたけど、あれがまだちょっと痛くて。

そのヒザもそうなんですけど、それとは別に引退しようと思ったきっかけがあって。僕って6歳からずっとサッカーが楽しくてやってきたんですよ。サッカー楽しくてここまでずっと続けてきたんですよね。

そうしてる中でプロになることができて、楽しむだけじゃできないサッカーになってきたんです。やっぱり仕事ですし、責任を伴うサッカーになってきたんですけど、でもそんな中でもやっぱり一番の軸に「サッカーを楽しむ」っていうのをずっと置いてやってきて。

今年もそうやってプレーしてたんですけど、7月7日に天皇杯3回戦のヴェルスパ大分戦が大分であって、75分から出たんですけど、初めてサッカーの試合をして終わった後に、楽しいっていう気持ちが、初めて……。

日々の練習とかも、体がきつかったりケガが痛かったりとか……それに今年からは午後に普通の仕事もやり始めたのでケアもする時間も正直なくて、なかなかきつい中で、ちょっと練習行くのもつらいなっていうのは日々続いてて。

でも試合に出たら「やっぱり楽しいな、サッカー」っていうのがあったんで、ずっと続けてたんです。けど、そのヴェルスパ大分戦のあと、楽しいって気持ちが初めて感じられなくて。その試合負けてしまったんですけど、横でチームメイトたちがすごい悔しがってる姿を見ても、僕はなんかそういう気持ちすら湧き上がってこなかったというか。

その前の天皇杯2回戦ではサンフレッチェ広島を破ってたんでチームメイトも張りきってて。次勝ったらジュビロ磐田とやれる可能性があるぞって。すごいみんな頑張って、でも負けて悔しそうで。でも横で僕は試合負けてるのに悔しいとか、サッカー楽しいという気持ちはいつもあったのに、そういう感情もなくて。

チームにこんな選手がいたらアカンし、しかも僕なんか上の立場で、みんなの手本にならなあかんのに。そういった選手が残り半年間おるのもどうなんやろうとか。気持ちそこでほんまにもうバーンと切れて、だから「オレ、これでサッカー辞めよう」って思ってしまって。

その日はナイトゲームだったんで大分で泊まりやったんですよ。その日一晩自分の中で考えてみて、明日もし気持ちが変わってなければもう引退しようって。で、やっぱり変わらなかったんです。だからシーズン途中やけど引退しようっていうのを決めましたね。

クラブからは、それでもチームのためになるから残ってくれと言われたんです。自分としても1年やるという契約でやってるのに、シーズンの途中で引退してチームを離れるっていうのは、みんなには迷惑かけて本当に申し訳ないという気持ちもありました。

ありましたけど、このまま自分の気持ちに嘘ついて残り半年、毎日サッカーの練習行くってなったらなんかサッカー嫌いになりそうだなと思って。それが一番の理由ですね。自分勝手な理由なんですけど、それで引退したんです。

辞めても他の仕事があったわけじゃなかったから、プレーせんと収入ないから困るっていう気持ちもあったんですけど、それよりもサッカーに対して嘘をつけないというか。やっぱりサッカーにはね。そうですね、嘘つけなかったです。

だから今、思いっきりニート、無職です。自分勝手に引退してチームに迷惑かけて辞めんなよって言われそうやと思って、ビビリながら今、しゃべってますけど。

 

■「チン(寺田)、申し訳ないが…」ガンバ移籍を決意した松波監督からの評価

最初は2004年にガンバ大阪のトップチームに上げてもらったんですけど、毎日がついていくのに必死でしたね。周りも本当すごい選手たちで、ほぼ日本代表でしたからね。遠藤保仁さん、明神智和さん、橋本英郎さん、アキ(家長昭博)いて、フェルナンジーニョもいて、すごい刺激にはなりましたけど。ガンバでは本当に何分もできてないイメージですけどね。

2006年はリーグ戦20試合、2007年は21試合に出たんですけど、でも出てても出場時間は519分と574分ですからね。そんときは90分出られる実力はなかったです。それで2010年に横浜FCに行ったんですけど、初めてのJ2で、やっぱりJ1とJ2ではサッカーの質も違ってて、最初は結構自分の中でも難しいところありました。

だけど横浜FCは本当に楽しかったし、試合にも出さしていただいたんで、やっぱり1年通してサッカーをお客さんがいっぱいいる中でできる、J2でもJリーグっていう舞台でプレーできるっていうのはすごい経験になりましたね。やっぱ試合に出ないと経験ってあんまり積めないって思います。出てナンボですね。

横浜FCの2年目だった2011年からボランチを初めてやらせてもらうことになって、やっぱりボールが集まってくるから面白いなって。だけどボランチやから守備の比率も上がるじゃないですか。もともと僕は守備ができない選手だったんで、当時の岸野靖之監督にスライディングから教えられましたし、すげえ走らされたりして、新しい刺激があったんですよ。

僕がそこで「うっさいねん」って反発しなかったのがよかったですね。それをちゃんと吸収しようと思えたあのときの自分を褒めたいです。それまでって反発したことってまぁまぁありましたからね。口には出さへんけど顔には絶対出てました。

ところがそんなときに骨折しちゃって。あれは本当ショックでしたね。「なんで今やねん」って思いました。それで2011年は7月半ばから10月終わりまで試合に出られなかったんです。でもガンバから戻ってこいっていうオファーと横浜FCもそのまま延長して残れっていう話をいただけたんですよ。

ガンバは、ちょうど監督が西野朗さんからセホーンさんに変わるタイミングで、そのときの強化部長の方と話をしたら「フラットに見るから、お前の実力次第やから、チャレンジせえへんか」っていうお話をいただいて。

僕も横浜FCでちょっと自信を付けてきてる部分もあったし、あとやっぱりガンバっていうビッグクラブでJ1でプレーしたいっていうので、もう1回チャレンジしようっていうので戻りました。

ところが戻ったらセホーン監督は最初からフラットに見てるんじゃなくて、メンバー固めてる感じだったんです。それに練習はほとんど汗をかかなかったんですよ。特にその前が岸野さんだったから物足りなさ結構あったかもしれないです。

そうしてたらセホーン監督がACL2試合、リーグ戦3試合で交代したんですよ。聞いてた話と違うやんっていうのがありました。なかなか試合に出られなかったのはもちろん僕自身の実力なんですけど。

それで後任監督だった松波正信さんに直接話しに行ったんです。松波監督とは選手のとき一緒にプレーしてた仲だったんで、「まっさん、ちょっと僕正直どういう感じで考えてますか」みたいに。

そのときに「4番手ぐらい」って言われたんですよ。だから「夏のタイミングで出て行ってもいいですか?」って聞いて、松波さんも「チン(寺田)、申し訳ないがそっちのほうがいいかもな」みたいな感じで。それで代理の人に話をしたら、横浜FCがすぐ声かけてくれたんで、じゃあもう戻ろうっていうので、もう1回移籍したんです。

実はガンバにいたとき、中断期間で横浜に遊びに行ってたんです。横浜FCのクラブハウスにも顔出してみんなに挨拶して。そのころ、ガンバは調子あまりよくなかったんですけど、横浜FCがスッゴイ調子良かったんですよね。

カズさんから「一緒に食べよう」って誘ってもらって食堂でご飯食べてたら、そこに監督の山口素弘さんがいらしたんです。モト(山口)さんは僕を見つけてバーッと来て、「あれ? 寺田くんやん」みたいな。そんで「ちょっとやめてよ、うち今調子いいのにガンバの負のオーラ持ち込むの」みたいな感じで。

それが初対面での会話で、僕も「確かにそうやな」と思って「なんかこれで横浜FCが負け出したらちょっと責任感じる」とか思いながら、「すみません」とか言ってて。

でもそこから1カ月も経たへんぐらいのうちに横浜FCに行くことになって、モトさんにも「よろしくお願いします」って言いに行きました。モトさんは僕が子供のころから日本代表で活躍して、「あの山口選手や」っていうので、すごい勉強になりましたし、影響力ありましたね。今回引退するときも相談させてもらったりとか、今でも連絡取らせてもらうんです。

横浜FCでは戻って2年経った2014年に「10番」になったんですけど、あれは自分でつけさせてくださいって言ったんです。

「10番が空いてるけどどうする?」っていう話をもらって、僕は最初に付けてた40番を変えるの面倒くさいしそのままでいいわと思ってたんです。けど、移籍前のオフの期間に小学校のときに行ってた「Tom FC(トムFC)」の監督と話する機会があったんです。

その「トム先生」って言われてた監督はすごいブラジルが好きで、「10番」も好きで、「10番」に対しての思いがすごい強いチームだったんです。僕も小学校のとき10番つけてて、そのトム先生から「プロの世界で10番付ける機会なんか普通はないで。そんなチャンスがあるんやったらつけろ」って言われて、確かにそうやなと思って。

で、「僕に『10番』つけさせてください」ってお願いして、実現した感じですね。カズさんには「似合わんなぁ」と言われましたけど(笑)。

移籍した2012年はJ1昇格プレーオフに行ったんですけど残念ながら昇格できなかったんです。でもそれからも試合に出させてもらって、やっぱり楽しかったですね。

2014年にはモトさんにはキャプテンやれって言われたんですよ。キャンプのときに呼ばれて「キャプテンやらへんか」って。即行で「いや無理です、嫌です」って断ったんですけど、「とりあえず1日考えろ」みたいな。

どうしようっていろんな選手に相談したんですけど、「本当に人として成長するから」ってみんなから言われて、「じゃあやってみるか」っていうので、マーク付けたんです。でもチームにはカズさんも、南雄太さん、安英学さんとかすごい選手が上にいたんで、僕はキャプテンらしいことはしてなくて。

試合中にマークを巻いているだけで、上の選手たちからサポートしてもらってたんですごい楽だったんです。その年、最終節の試合が終わった瞬間、その年で辞めるってなってたモトさんがグラウンドに来てくれて「お前をキャプテンにしてよかった」って言ってもらえて。

「申し訳ない」ってもう涙止まらへんくて。セレモニーの前だったんですけどね。モトさんがいなくなったあともキャプテンをもう2年間やらせてもらって、本当にいい経験できましたね、

その次のミロシュ・ルス監督もいい監督でしたよ。外国人の監督と通訳を挟んで話をするんでなかなか難しいとこありましたけど。結果が出なかったっていうので辞めることになって、本当にいい人だったんで、申し訳なかったです。

 

 

■引退危機を救ってくれた先輩に出せなかった恩返しのパス

2017年は監督が次々に変わって、結局僕は10試合ぐらいしか出てないんじゃないですかね。チームは世代交代する感じになってたんで、どこかに移籍したいって代理人に相談してたんですけど、チームがなかなかなくて。もう33歳でしたからね。

それで代理人に「トライアウトだけ受けとけ」みたいな感じで、僕もどんなもんか経験しておきたいと思って受けたんです。

そうしたら地域リーグからはいっぱい話をいただいたんですけど、なかなかJリーグからはなかったんですよ。どうしよう、と思ってたら栃木SCに加入することになってたオグリ(大黒将志)さんから直接電話をもらったんです。「ちょっと一緒にやろうよ」みたいな感じで。

僕はビックリして「どういうことですか?」「ちょうど僕チームなくて探してるんです」って。オグリさんは「オレにパス出してくれる選手探してるから」「チンがやる気あるんやったらオレが栃木に話するから」って言ってくださって。栃木に行けたのはオグリさんのおかげです。

親もすごい心配してたんで、「オグリさんにこういうふうに言ってもらったよ。もう死に物狂いでオグリさんにパス出すわ」って栃木に行ったんです。そうしたら、すぐにアキレス腱切ってもうて、「オレは何しに来た」っていう感じでした。最初の年は2試合だけしか出られなかったんですよ。

あんときも泣きましたね。切れた瞬間もう涙止まらへんくて。別に痛いとかじゃなくて、「オレ、これで終わんのや」って。ほんまにバチンって音聞こえてからグラウンドに倒れ込むまでの1秒ぐらいだったと思うんですけど、小学校のときからの自分がサッカーしてる映像が走馬灯って感じで頭の中でバーって流れて。そんで倒れ込んで泣いてましたね。これで終わるんやみたいな。

でもそこからみんなに助けてもらったんで復帰は出来たんです。2年目は18試合に出たんですけど、でも自分の中ではもうなんかダメでしたね。動けない。アキレス切れて、そのあとはバランスも悪くなって膝も痛くなって。それで栃木との契約が満了になったんです。

そのタイミングで引退するか悩んだんですけど、でも何か自分の中ではまだちょっとサッカーしたいっていう気持ちがあって、代理人の人が探してくれたら、関西サッカーリーグ1部の「おこしやす京都」の方が栃木まで会いに来てくれたんです。

「おこしやす」は選手だけじゃなくてセカンドキャリアを考えた活動をしてるっていうのをプレゼンしてもらいましたね。僕も引退は遠くないと思ってたんで、セカンドキャリアっていうことにも少し興味があって、行かせてもらいました。こういう形で辞めることになって申し訳ないと思ってます。

 

■監督への不満は……現役時代の自分に伝えたい2つの教訓

自分の人生でどこかに戻れるとしたら……ガンバのときですね。まずガンバのトップチームに上がったときの自分に「もっと頑張っとけよ」って言いたいです。それからガンバのときに何回かそういった移籍のオファーいただいてたんで、「どんどんしとけよ」ってそのときの僕には言いたいです。

僕は横浜FCに移籍して試合にも出られて楽しくてすごい刺激になって。それまで移籍って何か僕の中ではあんまりしたくないっていう気持ちがあったんです。中学からガンバやったんで。

けど、他のチームに行くことで成長することのほうが大きいって感じましたね。だから移籍するかどうか悩んでる人は、どんどん行ったほうがいいと思いますね。欲しがってもらうって本当にあんまりないことだと思いますし。

流れていってからはもちろん自分の実力ってことになりますけど、欲しがってもらえる機会ってそうそうないと思うんで。違うところを見るってすごい刺激が僕はあったんで。

自分のここまでのサッカー人生を振り返って、本当にこんな歳までサッカーをプレーしてるっていうのは想像してなかったんでよく頑張ったとも思いますし、振り返ったら「いや、もっとできたやろう」とも思いますね。

小学校のころにJリーグが開幕して、カズさんに憧れてJリーガーになるって決めて、それを実現して。ここまでサッカーが仕事になって、いろんな人に応援してもらって、僕のプレー見てもらって、本当に夢のような時間やったなって。

やってるときっていうのはあんまりそういう思いはなかったんですけど、今振り返るとやっぱりJリーグいうプロの世界っていうのは本当に華々しい、輝いた世界で素晴らしい場所だって思いますね。だけど僕はここからの自分の人生にもワクワクしてますよ。

ここ最近、指導者にすごい興味が持ち始めて、ライセンスもB級まで取りに行ったりしてるんです。今まではプレーをしてきたほうで、「こんな練習意味ないって」とか「こんな練習だるい、何言ってんねん」みたいなこと言ってましたけど、指導者の立場と目線を勉強したことによって「1つの練習でもスッゴイ考えてやってるんや。もう絶対文句言わんとこ」って。

それに、監督との相性ってサッカー選手はみんなあると思うんですけど、指導者の目線を学んで知識が身に付いてきた中で、「監督と合わへん」とか言ってる選手って、その時間がもったいないって思うようになりました。僕は結構言ってたんすけど(笑)。

あとは、僕は小さいころから感覚でプレーしてきたんで、もっと考えてサッカーしておけばよかったと思うんです。たとえば、ちゃんと考えてやってる選手ってグラウンドに立ったときに相手のフォーメーションとか見てたりすると思うでんす。けど、僕そんなん一切気にならへんかったし、その場の感じでやってたんで、それはもっと勉強しなあかんなって思ってるんです。

今年は残りそんなにないんですけど、その残りの時間は指導に向けていろいろ勉強しようと思ってます。世の中がこういう大変な時期で、自由に身動きが取れないんですけど、できることをしようと思ってて。勉強していつか指導者としてJリーグには戻るっていうのが今の目標ですね。

実は僕の弟って小学生をずっと昔から指導してて、身内が言うのもなんですけど、評判がいいんですよ。サッカーとか子供が好きっていうのは知ってましたけど、何がすごいんかなって実際弟が指導してるところに顔出したら、みんながすごいっていうのがなんかちょっと分かるかもっていう感じの指導をしてて。

弟にはその日の練習テーマ、これをみんなに身に付けさせたいっていうのが多分あると思うんですけど、それを直接言わないというか。遠まわしに、そこに持っていく言葉がけだったり練習メニューなんですよ。

僕だったら直接そこにポンって働きかけちゃうんやろうけど、それをわかりやすい道筋にして、子供たちに「結局そういうことなんやで」っていう、言葉がけとかメニューをやってたどり着かせるみたいな感じの持って行き方してて。なんかそういうの、すげえなあと思って。

サッカー上手いんですよ、弟。めちゃめちゃ、ほんまにうまいっすよ。でも子供のころから心臓悪くて手術してたりとか、膝手術したりアキレス切ったりして2回手術して。プレーは長く出来んかったけど、指導者としてすごいと思いました。こいつめっちゃ考えてやってんなって。僕も今後そういうアプローチをしていきたいと思ってます。

やっぱり自分の中で一番やりたいのはJリーグの、ああいう勝ち負けに生活かかるぐらいの、そういう場所に身を置いてやってみたいというのがあるんです。もしJクラブからそういう声がかかればすぐ行きたいです。

でも今はその指導者としての自信がまだ全然ないので、高校でも大学でも小学生でも僕が魅力に感じる場所があるなら、そういったところで勉強っていうか、指導してみたいっていうのはあります。それから弟と何かできればいいと思ってます。

 

■ここ以外ではもう食べたくなくなるハンバーグ屋さん

僕のあだ名が「チン」になったのって、料理人の陳建一さんからですね。

小学校の3年生のときかな。それまで僕、ずっと「シン」って呼ばれててたんですよ。3年生のとき、トム先生から上の学年の練習に参加させてもらうことになったんですけど、上級生でもうシンって呼ばれてる人がいて、かぶっちゃうんで、僕のあだ名考えようかみたいなもんになって。

そのとき僕の友達でケンイチっていうやつがいて、僕とそのケンイチがちょっとサッカーできるいう感じだったんで、よく「シン、ケンイチ」ってセットで呼ばれることが多かったんです。

ちょうど「料理の鉄人」っていう番組が流行ってて、「シン、ケンイチ」って陳建一にちょっと似てるじゃないすか。で、そっから取ったらしいです。そしたらサッカー界だけじゃなくて自分のオカンからも「チン」って呼ばれてます(笑)。

レストランの紹介ですか? 今、まだ京都に住んでるんですけど、家のすぐ近くに、「手づくりハンバーグの店 とくら 桂本店」っていうハンバーグ屋さんがあるんすよ。桂川の駅の近くなんです。

僕ハンバーグ好きで、今まで「びっくりドンキー」とかめっちゃ好きやったんすよ。「びっくりドンキー」で「おいしいな」って食べたんですけど、その「とくら」っていうハンバーグ屋さんがすごいって聞いて行ってみたら、もう、めちゃめちゃうまくて。

多分みんなびっくりすると思うんですけど、最初ハシを入れたら肉汁がブワッてあふれ出てくるんすよ。動画撮ろうって思うぐらい肉汁がバーッて出てきて、なんかそれがまたいい味出してて。

「とくら」行きだしてから、もう家でハンバーグ食べられんくなりました。そっから先はハンバーグ食べるってなったら「とくら」ですね。ただその代わりめちゃめちゃ並んでます。

メニュー、いろんな種類があって。「明太マヨ」とか「生姜あんかけ」とか、いろんなバリエーションもあって味が楽しめるんで、すごい飽きないですね。これ、食べてみたほうがいいですよ。

→「手づくりハンバーグの店 とくら 桂本店

 

○J論プレミアム記事ピックアップ:
スポーツ能力の遺伝率は85%。「才能は育てられる」と思い込んでいる親が知っておくべき不愉快な事実【橘玲 真実のキラーパス】

 

「サッカー、ときどきごはん」個人スポンサー
・mochi+
・かねみき
・スギモトハルキ
・しゅういち
・佐藤R
・sadakiti
・shiumaik
・大久保 亮太
・ukm10
・chottu_LB
・MN10
・yuri.k
・dummy_rock
・Gorikong
・cbd92730
・TAKE
・yohei koga
・zingtang_la_17
※「サッカー、ときどきごはん」個人スポンサーとは、連載の取材費を直接スポンサードしてくださっている個人の方々です。「森マガ」と「サッカーパック」の入会者で、個人スポンサーとして名前(ペンネーム可)を登録していたいた方をご紹介させていただいています
→詳しくはコチラ

 

○「サッカー、ときどきごはん」過去ログ:
僕はなぜカズさんを使おうとしたのか……下平隆宏が気付いた『1つの歯車』

 

○森マガ記事ピックアップ:
9月の日本代表シリーズを終えて森保一監督の変化について書き留めておこうと思う部分

 

寺田紳一(てらだ・しんいち)
1985年6月10日生まれ、大阪府出身。ガンバ大阪ジュニアユース、ユースを経て2004年からトップチーム昇格。2010年より横浜FCへの二度の期限付き移籍を行い、2013年に完全移籍。18年に栃木SC、20年におこしやす京都AC(関西リーグ1部)とわたり歩き、21年8月に引退を発表した。

 

有料WEBマガジン「森マガ」では、後日、栗原選手インタビューに関する「インタビューこぼれ話」を公開予定です。

森マガとは
→J論で全文無料公開されるインタビュー記事を中心に、こぼれ話や、一本の記事にはならなかったけれど印象深いシーンや、みなさまからの質問にお答えするコーナーなどのサイトです。

 

森雅史(もり・まさふみ)
佐賀県有田町生まれ、久留米大学附設高校、上智大学出身。多くのサッカー誌編集に関わり、2009年本格的に独立。日本代表の取材で海外に毎年飛んでおり、2011年にはフリーランスのジャーナリストとしては1人だけ朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の日本戦取材を許された。Jリーグ公認の登録フリーランス記者、日本蹴球合同会社代表。2019年11月より有料WEBマガジン「森マガ」をスタート

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ