【サッカー人気1位】岩尾憲が浦和に来た想いを語る「ここに遊…

J論プレミアム

マッチコミッショナーの仕事とは?……現役の奥谷彰男が語る102分の1の名誉と重責【サッカー、ときどきごはん】

 

マッチコミッショナーとは具体的に何をしているのか? 2021年に起きたエントリー不備問題を巡り耳目を集めた「公式立会人」の仕事内容について、現役のマッチコミッショナー(2021年時点)である奥谷彰男氏に聞いた。長くレフェリーとして活躍し、現在は指導者としての研鑽を積む氏がこの仕事に感じているやりがいと責任とは?

 

■レフェリー引退時に遠藤保仁、川口能活からかけられた言葉

私がレフェリーを引退したのは2010年ですね。最終節の一つ前が万博記念公園競技場、最終節は長居競技場でした。

もちろん選手による胴上げはなかったんですけど、万博のときには遠藤保仁さんが握手してくれて「お疲れ様でした」って言ってくれて、最終節のC大阪vs磐田のときはベンチにいた川口能活さんがわざわざ来てくれて、「長い間お疲れ様でした」って握手してくれました。そういう気持ちのある選手っていうのは、ちゃんと覚えていてくれてリスペクトしてくれましたね。今はそれが観客の方にも広がっていて本当にうれしいですね。

僕は大阪の府立高校の一選手でした。教員になろうと思って日本体育大学に入ったんですけど、競技者としても頑張りたいという思いを持ってたんです。ところが他の選手とのあまりのレベルの違いに度肝を抜かれましたね。技術もすごいし、フィットネスも、スピードや当たりも全然違うので「これは大変だ。4年間続けられるかな?」と思ってました。

そもそもそのときのチームは強かったんですよ。僕が4年生のとき、関東学生リーグ優勝、インカレも優勝で、4年生は3人しか出てなくて、レギュラーメンバーのほとんどが3年生でした。有名なところでは市立船橋高校を何回も優勝させた布啓一郎監督が1学年後輩ですね。布監督は100メートルを11秒台で走るし、そんな選手がもうほとんどレギュラーでしたね。

今考えると寮生活と合宿所生活によく耐えたって思います。特に1年生のときは、言えないぐらいいろいろ厳しかったですからね(笑)。朝6時から夜11時に寝るまで本当にほとんど自由時間ないですよ。6時に起きてボール磨きして、午前中何とか授業に出られるんですけど、午後はまず練習のグラウンド整備が1時間、Aチームの球拾いが2時間。

やっと自分たちの練習が2時間で終わって、それから先輩の背中流したり洗濯したり、布団敷いたり、そんな雑用で1日が終わってしまうという、そんなスケジュールでした。そして何か失敗があると夜、屋上に集められて、コンコンとスキンシップが始まるわけです。

 

■審判になる気が全くなかった教員時代の転機

そのころは教員志望だったので審判を目ざすなんて気持ちは全くなかったですね。教員試験にはなかなか受からなかったんですけど、3回目でやっと大阪府の公立高校の教員になれて、初めは柔道部の顧問でした。

ただ赴任した最初の学校は進学校で、家から2時間ぐらいかかる遠い学校だったんですよ。それで住んでいるところの近くに大冠高校(開校当時は島上高校大冠校)という学校が新設されると聞いたんで校長先生のところに売り込みに行きました。

24、25歳で何の根拠もないのに校長先生に30分ぐらい自己PRするんです。「サッカー部の監督をして3年で大阪府のベスト8、5年で全国に出します」って。校長先生が「出なかったらどうするんだ?」とおっしゃるから、「そのときはもうクビにしてください」とね。それで何とか採用していただきました。

ただ、公立高校なんでサッカーの上手い選手を集められるわけじゃないんです。校長先生は先に退職されて、僕はなんとか残らせてもらったんですけど、やっぱり全国に出るまで10年かかりました。それでも30年ぐらい前ですからまだ公立高校が何とか生き延びる余地がありましたね。今はもうベスト16に公立高校は1・2校くらいしか残れないです。

大冠高校に赴任したとき、全国のレベルを確かめに自分1人で高校選手権とか、インターハイ、レベルの高い静岡のカップ戦なんかを自費で見に行ってました。そのとき「審判になったらそういうゲームが身近に体験できる」と思って、やってみようというのが審判を目指した動機です。

だいたい審判で上を目ざそうという人って大学時代から始めたりしますけど、だけど僕はそんなスタートだったもんで1級審判になったのが34歳です。1級審判員になれるのは35歳以下なんですよ。そのギリギリの34歳でやっとなりました。同期が吉田寿光さんで、2021年に家本政明さんに抜かれるまでJリーグ通算最多出場記録を持っていた方ですね。

審判をやっていたとき、僕たちの年代では教員が多かったですね。土日に自由が利くというか、プライベートを全部削ってやってましたからね。夏はインターハイ、冬は高校選手権で、お正月もお盆もないですし。

土曜日の午前中は高校で練習を見て、新幹線乗って東京へ行って審判をして、夜行で帰ってきて日曜日の朝の6時半には京都に着いているっていう週末でした。10何年間、基本的にそういう生活でしたね。元気で健康な体に産んでくれた親に感謝です。ありがたいですね。

審判を引退してからも高校での監督は続けていました。でも2015年から3年間教頭で2018年から3年間は校長と、管理職になっていったので現場とは離れてしまいました。その期間はサッカー部だけ見てるとよくないので、いろんな部活の合宿に行ったりしてました。

様々な競技を勉強できるという意味で楽しかったですけどね。バスケット、バレー、陸上、剣道、野球、バドミントンと車でいろんな部の合宿所巡りをするんです。2日で1000キロぐらい回りました。行ったら生徒は喜んでくれますからね。楽しい思い出です。

2020年に公立高校を定年退職した後は、2020年4月から昇陽高校にご縁をいただいて、総監督という形でサッカー部に関わり主に選手集めをさせていただいてます。6年ぶりに現場に復帰して、サッカー経験者の若いスタッフたち5人とやってるんですけど、勉強になりますね。

6年離れてる間に進化してる、近代サッカーではこういう教え方をしなきゃいけないと感じますよ。たとえば今、監督は大阪体育大学を出た方なんですけど、スペインのメソッド持ってきてるんですよ。プレーヤーに考えさせる練習をやったり、いろんな条件を与えて、しっかりボールを扱えるようにしたり。私が見てて勉強になります。またゴールキーパーコーチや他のコーチ陣も丁寧でかつ情熱を持って指導してくれています。

Jリーグから「ジャッジリプレイ」出演のお話いただいたときに、「昇陽高校サッカー部総監督」というテロップ入れてくれって言ったんですよ。それは、基本的には強豪校を目指してやってるんですけど、審判を目指す子にも来てもらえたらいいなということで、その名前も入れていただいたんです。

現役でも1人、今度入ってくる子にも1人、審判に興味があるような生徒がいますから、そういう意味では「昇陽高校に来たら審判活動もしっかりサポートするぞ」というメッセージになればいいと思ってます。

 

 

■多岐にわたるマッチコミッショナーの業務内容

マッチコミッショナーになったのは5、6年前だと思います。

マッチコミッショナーというのは一言で言うと、試合が安全に執り行われるのを見守る役ですね。選手、審判、それからファンの方にとって安全な興行が行われるのをきちんと見届けることが主な目的です。

もちろん大きな目的は日本サッカーが発展し、世界で通用するようにするというものはあるにしても、1試合に関してはやはり安全に行えるかどうかというところが大きな目標です。

マッチコミッショナーは、まずスタジアムに2時間半までに入ります。2時間半前になると、メンバー提出用紙が出てくるんですよ。外国籍選手のエントリー人数がどうか等をチェックします。

それが終わるとチームの運営担当の方から、その当日のプログラム全体のスケジュール、試合前のセレモニーはどういうのがあるか、身障者の方の対応をどうしているか、当日の集客に向けてファンサービスはどんなことをやっているか、警備体制、消防や警察との協力関係はどうなっているか、それに安全対策をもう1回聞きます。

また、地震などの災害があってエレベーターが止まったときに、マッチコミッショナーがどういう導線で下に降りていって審判団や運営担当者と協議できるのかという確認などをします。

その打ち合わせが終わると場内視察ですね。今だったら「三密になっていないか」「ちゃんと部屋の換気が行われているか」「トイレには消毒液、石鹸にペーパータオルを設置しているか」「分別収集など環境対策をやっているか」「分煙対策」、それから必須項目ではないのですが「授乳室を確保してるか」とか、そういったところを見て歩きます。観客の方が入っている前に行うこともありますし、あえて実際に観客の方が入ってきた後に行うこともあります。

観客の方が流れてるときは、セキュリティチェックなんかも確認します。どれくらいのゲート数があって、手荷物確認やチケットチェック、ペットボトルを紙の容器に移したりなど、1ゲートに何人が対応していて、観客の方がスムーズに場内に入れるかどうかも確認します。

1人で見て歩く場合もあるんですけど、多くの場合は案内してくれる係の方がいます。特に初めて行く施設のときには、どこをどう歩いていいか分からないことがあるので、マッチコミッショナー付きの方が一緒に歩いて、もし問題点があったらトランシーバーで運営担当に「ここを改善してください」と伝えてもらって、改めてもらっています。

観客の間を歩いてたら「奥谷さん」と言われることもありますね。「いつも『ジャッジリプレイ』見てます」って。僕は3週間に1回しか出てないんですけどね。でもこの前は10何年ぶりにサインを求められたりしましたね。マスクしてるのにばれるっていうか、分かるんですね。特徴ないのにどうしてかなと(笑)。

30分ぐらい歩いて確認して、次は90分前に審判の方と一緒に「フィールドインスペクション」に行きます。「競技場がきちんと整備されているかどうか」「ラインがどうなっているか」「芝生の長さ」「芝の傷み具合」を審判の方と一緒に見て回るんです。

その回るとき、柏が面白いんですよ。今は声を出しちゃいけないし、しばらく行ってないんですけど、僕が審判だったころ柏のゴール裏のある年配の方が大きなお金の模型みたいなのを差し出して「これで何とか今日お願いします」ってジョーク言ってましたよ。

 

■ここはそういう場ではないので……ときには監督も制する

ちょっと話はずれますが、僕が審判だった11年前は関東の試合で「フィールドインスペクション」に行くと、名前を呼んでくれてました。「奥谷さん、頼みますよ」みたいに。

当時、関西では「レフェリー、今日も頼むぞ」って名前をあまり呼ばれなかったから、審判に関するサッカー文化は関東のほうが高かったと思います。だけど今は関西も変わってきました。それから回っているとき、ときどき辛辣な野次を飛ばす人もいましたが、減ってきましたね。

「フィールドインスペクション」で10分か15分ぐらいかけてピッチをぐるりと回ると、本来、次は70分前の「マッチ・コーディネーション・ミーティング」です。ただ、今は新型コロナウイルスの影響で2020年のシーズンからやれませんでした。

本来は両チームの監督、審判、そしてマッチコミッショナーでミーティングをします。そこでは、前節に起こったトピックスから「こういうことがあったのでお互い気をつけてくださいね」という話をします。

それから私の場合は常にアウェイチームのサポーターの話をしてました。事前にアウェイから駆けつけた人たちにインタビューしておくんですよ。たとえば九州まで大阪のファンが来てたら、その人たちの話を聞いておくんですよ。「車で7時間かけて来た」とかね。それを監督に言うんです。「今日もこうやって、大阪から車で駆けつけている方がおられます。そういった方が満足して帰られるようにしてください」って。

それからJリーグを初めて観に来られるお客様も何パーセントかいると思うんですよ。「そういう方がまた来たいと思えるような試合をぜひやってほしい」と伝えていました。「審判へのクレームであったり、選手同士のトラブルのようなことがないようにお願いします」とは常に言ってましたね。

ミーティングのときに監督の中には「前節こういうことがあった」と駆け引きのように言い出す方もいらっしゃいます。そんなときはマッチコミッショナーが「ここはそういう場ではないので」と柔らかく制したりします。審判には監督の前で「選手の安全を脅かすような危ないプレーには毅然とした態度でやってください」ということを伝えてました。

ミーティングが終わってまだキックオフまでに余裕がある時は、観客で埋まったスタジアムをもう1回見て歩きます。そして試合の20分ぐらい前に、マッチコミッショナーの席はだいたいスタンドの上の方にあるんで、そこまで移動して構えるという感じですね。

 

■スタジアムで審判、選手を見送ったあとも残されたミッション

試合が始まると、基本的に「レフェリーアセッサー」という方と隣同士に座って試合を見ます。「レフェリーアセッサー」は審判に関することをチェックして、私はそれ以外の部分を見ています。もっとも今、アセッサーはリモートになって来ていない場合が多いんです。

試合の中でよくあるのは、スタッフの登録外の人がピッチの近くへ入ってきていることですね。そのときは運営担当に「登録された選手とスタッフだけです」と言って引いてもらったり、ほとんどないですけど、カメラマンが違う席にいたら「下げさせてください」と伝えたりしています。

あとはボールパーソンの配置と動きに注意してますね。ボールパーソンが、どうしていいかわからなくてボールを渡すタイミングがずれて、微妙に選手をイライラさせることがあるんです。スムーズにいってない場合には運営担当からチーム関係者に伝えて「選手がボールを欲しているときはすぐ投げてください」ってボールパーソンに教えてもらったりします。

2020年からはコロナ対策で「ペットボトルの共有がないか」「ベンチの方はちゃんとマスクをして、ソーシャルディスタンスの距離を置いてるか」というのも見ます。

あとはなかなか止めるのは無理なんですけど、得点があったときに抱き合ったり握手をしたりいうのはないかというのも対象です。喜びの表現がなくなるわけないんですけど、一応そういうことを見ます。飲水タイムのときに戦術ボードなんかを使って指示を伝えていたら、それは止める時間はありませんから報告書に書いておきます。

ハーフタイムになると、後半のキックオフ時刻を、前半の飲水タイムを含んだアディショナルタイムを考えて、審判に確認します。審判のところに行くわけではなくて、運営担当から無線で情報が入ります。滅多なことで試合中に降りていくことはないですね。

後半も同じようなチェックを行い、ゲームが終った後は、まず審判の部屋に行って「審判から見た問題は何かありましたか?」というヒアリングをします。たとえばベンチマナーはどうだったかなどということですね。そしてそれが報告書に書くべき問題なのかどうか考えます。

もし退場が出た場合にはその選手は残してもらって「どうしてそういうことをやりましたか」と聞き取りをします。

それからチーム関係者は試合終了後、直接審判に質問できませんから、マッチコミッショナーに「あの判定はどうしてなのか」という質問が出てくることがあります。それで審判に話を聞き、それをチーム関係者に伝えるということもありますね。そこでは私の考えは挟まずに聞いたとおりを伝えます。

ただ、質問できるのは項目が得点シーンだったりPKの判定そして退場などに限られてます。それでもその他のことを聞いてくる強化部長さんもいらっしゃるので、「それは項目に入っていないんですよ」と伝えて断っています。それにマッチコミッショナーはあくまでも試合が安全にコントロールされたかどうかを見る役で、細かい判定のミスなどはレフェリーアセッサーが担当してるんです。

そこまで終わると、もう一度ピッチに行って芝生の状態をチェックします。試合前にキレイに整備されていても、地盤が緩いとえぐれてたりすることがあるので、そういうのを考慮して10点満点で何点なのかとピッチを評価します。それからマッチコミッショナールームで記録が上がってくるのを待ち、得点、交代、警告や退場が間違っていないかどうかなどを確認してサインします。

レフェリーアセッサーは試合が完全に終わった後、だいたい30分間レフェリーと試合を振り返るブリーフィングを行っています。レフェリーとレフェリーアセッサーは自分たちのブリーフィングが終わったら帰りますので、マッチコミッショナーは見送ります。

その後、両チームの選手バスがスタジアムを出るところまで原則的には見届けてマッチコミッショナーの仕事は終わりです。だいたい選手がスタジアムを出るまで試合終了後1時間ぐらいはかかりますから、そこまでですね。ただ、もし観客が揉めそうなときはそのあとも残って見ています。

試合前2時間半から試合後1時間ですから、結構当日の拘束時間は長いですね。しかもそれで終わりではなくて、試合終了後24時間以内に報告書を出さなければいけないんですよ。だから日曜日の夜に試合があって月曜日が仕事だと大変です。

最近は報告書に試合の流れなんかは書かなくていいんですが、得点、退場など公式記録に沿った事象は書きます。それから「審判はどうだったか」「芝生はどうだったか」「フェアに戦っていたか」「魅力あるサッカーをやっていたか」「プロの興行という観点で見たらどうか」「運営面での何か問題点はなかったか」「安全対策はどうだったか」「ホームとアウェイのそれぞれのチームについてどうだったか」などというのを◎○△で評価した上でコメントを書くんです。

「こういう理由でアウェイチームに△を付けました」という感じですね。たとえば、「ファウルがこれだけあってイエローカードがこうで、レフェリーに対するリスペクトもちょっと欠けていた」「芝生はこういう状態だったのでマイナス点を付けました」みたいなことを書くと、4ページぐらい書くことになりますよね。それから次のマッチコミッショナーの方に伝えることも書きます。だいたい2時間ぐらいはかかりますね。

 

■私たちは守られてもいる……102分の1の名誉と重責

試合の日以外では、マッチコミッショナーの研修会というのがあります。年に2回は必ず行われていて、現在はリモートですが2021年は4回開催されました。

これまで幸いにも大きなハプニングみたいなものはなかったですね。台風で中止を迫られるということもありませんでした。けれど、ちょっと困ることはありましたね。

退場者が出たとき試合後に話を聞くんですけど、外国籍の方の場合、通訳がどう訳しているか分からないんですよ。ニュアンスが変わってるかもしれないじゃないですか。

たとえば審判に暴言を吐いて退場したとき、審判も選手が何と言ったか詳しくは分かってないことがあると思うんですよ。でもこの態度で怒鳴っていたら暴言だろうと思って退場させます。

それで試合後に選手を呼んで話を聞くと、「いや、あれはチームメイトに言った」「あれは自分に対して言った」なんて訳してくるんです。それで私は言うんです。「そうやって庇っていると、この選手はいつまで経っても改心しませんよ」って。

そもそもその選手のコントロールはチームがしたらいいと思うんですよ。「審判にそういう態度をするのはよくない」と諭したりして。でもそこで言い訳しちゃうというのが何回かありました。

私の立場としては通訳が言ったとおりに書かなければいけないんですが、マッチコミッショナーにどう言ったとしても規律委員会が判断しますから、それで懲罰が覆ることはほとんどないので、残念だということはありましたね。

マッチコミッショナーとして大きなトラブルはありませんでしたが、常にその危機感はあります。何かあったときに判断しないといけませんから。もちろんJリーグとやり取りをしながらですから、私だけの判断で決めることはほとんどなくて、そういう意味では守られてもいますよね。ありがたいことだと思います。

2021年は全国でマッチコミッショナーは102人でした。その中にいるのですから名誉職でもあります。そして白熱したゲームを関係者の1人として見られるというのは喜びですね。

マッチコミッショナーは多くのスポーツの関係者の方に「何するの?」って言われます。このマッチコミッショナーも含めて、育成システム、審判育成、競技力の育成、試合運営に関してもサッカーはあらゆるスポーツの最先端を行ってると思います。だからサッカーはあらゆるスポーツのリーダーシップをとっていかなあかん存在だと感じますね。

 

■予約1年半待ちの名店も……大阪に来たら一度は行ってほしいお店

あ、お店! あーなるほど。はい。一応調べてきてます。実際に行っているところですね。

僕は何でも食べるんで、どこで店を選ぶかというと雰囲気です。味はもちろんですけど、やっぱりいい雰囲気で落ち着いて過ごせる空間かどうかというのが大きいですね。そういう観点で3店舗ご紹介しておきます。全部北摂津の店です。

まず最初のおすすめは高槻市の「ごはんや要兵衛(ようべい)」というところです。創作料理の店で、4人部屋と6人部屋の2部屋しかないんです。完全予約制で今は1年半待ちです。

行ったときに次回分を予約して帰るんですけど「来年の何月ですね」という感じですよ。何でも美味しいですし、料理長は昔、瀬戸物屋さんに勤めておられた方で、だから器もすごいんです。阪急高槻から歩いて3、4分のところで有名店です。

2軒目も高槻市で、「夢一喜」というステーキ屋さんです。鉄板に肉の塊が乗ってきて、自分で広げて焼くというスタイルですね。そういう意味で風情があって店の空間も広くていいんですよ。

夜は高いんで、疲れたときに「夢一喜行くか」って妻とランチに行ってます。おすすめはもちろんステーキなんですけど、ステーキの前に出てくる前菜の生ハムサラダも抜群に美味しいんです。生ハムと、多分淡路島の有名なタマネギなんだと思いますけど、そのコントラストが抜群においしいですね。北摂に他にも何店舗かあります。

3店舗目は、箕面市にある「マッシュルーム」というイタリア料理店です。お店はそんなに大きくないんですけど、ここは具材がいいんですよ。一番のおすすめは海老のオーロラソースっていうパスタで、でっかいエビが3、4匹乗ってる、ボリューミーで、ソースもおいしい料理です。ここも時々行きますね。

大阪市内だけではなくてこちらにも足を伸ばしてくださいね。どれもおいしいと思いますよ。

ごはんや 要兵衛
夢一喜
マッシュルーム

 

○J論プレミアム記事ピックアップ:
「補強がうまいJ2クラブの共通点は…」代理人・田邊伸明が語るJ2移籍マーケットの最新動向と異変

 

「サッカー、ときどきごはん」個人スポンサー
・mochi+
・かねみき
・スギモトハルキ
・しゅういち
・佐藤R
・sadakiti
・shiumaik
・大久保 亮太
・ukm10
・chottu_LB
・MN10
・yuri.k
・dummy_rock
・Gorikong
・cbd92730
・TAKE
・yohei koga
・zingtang_la_17
・まぅてぃん
・海老 純
※「サッカー、ときどきごはん」個人スポンサーとは、連載の取材費を直接スポンサードしてくださっている個人の方々です。「森マガ」と「サッカーパック」の入会者で、個人スポンサーとして名前(ペンネーム可)を登録していたいた方をご紹介させていただいています
→詳しくはコチラ

 

○「サッカー、ときどきごはん」過去ログ:
Jリーグが好きだった人が今は少し離れてしまっている……三谷紬アナが「チャント!! Jリーグ」で叶えたい夢の続き【サッカー、ときどきごはん】

 

○森マガ記事ピックアップ:
すっかり森保一監督ウォッチみたいになっていますが、今日の監督が話したことの概要は

 

奥谷彰男(おくたに・あきお)
1959年生まれ、大阪府高槻市出身。教員の傍ら2010年までJリーグの一級審判員として活躍。大阪府立槻の木高校のサッカー部顧問や同高槻北高校の校長などを務め、現在は昇陽高校サッカー部の総監督。Jリーグのマッチコミッショナー、レフリーアセッサーも務める(2021年時点)。

 

有料WEBマガジン「森マガ」では、後日、栗原選手インタビューに関する「インタビューこぼれ話」を公開予定です。

森マガとは
→J論で全文無料公開されるインタビュー記事を中心に、こぼれ話や、一本の記事にはならなかったけれど印象深いシーンや、みなさまからの質問にお答えするコーナーなどのサイトです。

 

森雅史(もり・まさふみ)
佐賀県有田町生まれ、久留米大学附設高校、上智大学出身。多くのサッカー誌編集に関わり、2009年本格的に独立。日本代表の取材で海外に毎年飛んでおり、2011年にはフリーランスのジャーナリストとしては1人だけ朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の日本戦取材を許された。Jリーグ公認の登録フリーランス記者、日本蹴球合同会社代表。2019年11月より有料WEBマガジン「森マガ」をスタート

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ