【サッカー人気3位】柏に完封勝利 宇賀神友弥は試合出場を目…

WE Love 女子サッカーマガジン

石井和裕がオススメする5月の #女子サカマガ 2021WEリーグ プレシーズンマッチがスタートしました #女子サカマガ

#女子サカマガ の石井和裕です。東京、大阪、京都、兵庫の都府県を対象に緊急事態宣言を発出され、女子サッカーを含む、一部の試合が中止、またはリモートマッチ(無観客開催)になりました。オリンピック、そして9月のWEリーグ開幕に向けて先行きに不安が立ち込めますが、今は人の動きを抑制しなければならないとのこと。4都府県では冷静に対処したいですね。さて、2021年4月24日(土)に2021WEリーグ プレシーズンマッチが開幕しました。9月の本番に向けて準備が進んでいます。そのため #女子サカマガ は、外から見たWEリーグ関連記事をご用意しています。お楽しみに。

パナマ女子代表(4月11日 東京/国立競技場)で設置されたWEリーグのオブジェ。誰でも撮影できます。

4月に注目を集めた記事をご紹介します。

サンフレッチェ広島レジーナ 川島はるな選手の #女子サカ旅 「一番上を目指したいです。だって、凄いじゃないですか、立ち上げ一年で一番になったら。」

可愛らしいビジュアルで男性ファンから注目されることも多かった川島はるな選手ですが、このインタビュー記事では強さを前面に出したお話をしていただいています。「対戦したとき脅威に思われるプレーをする」と明言しています。

サンフレッチェ広島レジーナ 川島はるな選手の #女子サカ旅 「一番上を目指したいです。だって、凄いじゃないですか、立ち上げ一年で一番になったら。」

WEリーグ優勝と初代得点女王を狙います!  自分の課題と向き合って変身 なでしこジャパン浜田遥選手の #女子サカ旅 あの悔しさとは?

3度のインタビューを行い、これまでで、最も丁寧に作成した記事です。インタビュー記事を掲載直後に浜田遥選手はなでしこジャパン(日本女子代表)デビューを果たしました。2021WEリーグ プレシーズンマッチでもエースの貫禄を見せつけるプレーを披露していますね。

WEリーグ優勝と初代得点女王を狙います!  自分の課題と向き合って変身 なでしこジャパン浜田遥選手の #女子サカ旅 あの悔しさとは?

「安藤先生」と呼ばれて 筑波大学体育系助教に就任された安藤梢さんインタビュー

筑波大学の卒業生で体育科学博士の安藤梢さんが2021年31日に、母校・筑波大学の助教に就任しました。小学生のときの文集に「加藤久さんのように勉強もしっかりとやって先生にもなりたい」と書いてあったという驚き。その頃から有言実行だったのですね。

「安藤先生」と呼ばれて 筑波大学体育系助教に就任された安藤梢さんインタビュー

水沼貴史さん 「女子サッカー選手は、目の前の流れに乗ってほしい」 Jリーグ開幕の経験を踏まえてWEリーグを語る

水沼貴史さんが #女子サカマガ 読者と、全てのWEリーグ選手のために語ってくださりました。1993年にJリーグが開幕したとき、選手は、どのような気持ちでプレーしたのかを改装していただいました。女子サッカー選手に向けて愛の溢れるインタビュー記事です。

水沼貴史さん 「女子サッカー選手は、目の前の流れに乗ってほしい」 Jリーグ開幕の経験を踏まえてWEリーグを語る

4月末〜5月もWEリーグ関連インタビューの目白押しです。一例をご紹介します。

福岡J・アンクラス 加藤真理選手インタビュー

ご出産から復帰して、ついにプレナスなでしこリーグに臨む加藤真理選手のインタビューです。ご出産前は、旧姓・川村真理選手として、なでしこジャパン(日本女子代表)でも活躍されました。そういえば、先日のトレーニングマッチに、ご出産から復帰された岩清水梓選手(東京NB)が出場されていましたね。お二人の活躍に注目です。

愛媛FCレディース 大矢歩選手インタビュー

今シーズンもプレナスなでしこリーグでプレーする大谷歩選手。元なでしこジャパン(日本女子代表)です。なぜ、WEリーグクラブに移籍しなかったのか?目指していることは何か?を直撃しました。ドイツでプレーしたときの思い出も語っていただいています。

女性審判員 梶山芙紗子さんインタビュー

梶山芙紗子さん(女子1級審判員)が2020プレナスなでしこリーグの最優秀審判賞を受賞されました。筆者は、受賞時の艶やかなファッションに注目……いえ「魅力を引き出す試合を作りたい」という審判視点での女子サッカーに対する思いをお聞きしました。

矢野喬子監督(帝京平成大学)インタビュー

大学日本一となったコロナ禍の1年で得た成果とは?じっくりをお話をお聞きしました。「やらされているサッカー」より「自分でやっているサッカー」が面白い!プレナスなでしこリーグではプロ契約選手として活躍されてきた矢野喬子監督の指導哲学が満載の記事です。

フットサル界からも2名の選手が登場します。

筏井りさ選手(バルドラール浦安ラス・ボニータス)

尾田緩奈選手(シュートアニージャ)

古巣の女子サッカーについて、お話していただきました。

 

さらには、できるだけ多くの試合会場に足を運び、女子サッカーの現在地、WEリーグ選手のインタビューもお伝えしていきます。筆者の注目のカードは大宮アルディージャVENTUSサンフレッチェ広島レジーナ(NACK5スタジアム)です。これからも #女子サカマガ をよろしくお願いします。

(2021年4月24日 石井和裕)

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ