【サッカー人気3位】【J2箱推し宣言!】岡山パウリーニョ、…

WE Love 女子サッカーマガジン

スポーツ界からLGBTQ+について考える ヨコハマ・フットボール映画祭2021

ヨコハマ・フットボール映画祭は、サッカーファン、映画ファンとともに楽しむ年に一度のサッカーファンの祭典です。今年は10月9日を「女子サッカーを旅する1日」とし、3本の女子サッカー映画を上映。女子サッカー関係者からも注目を集めています。

ヨコハマ・フットボール映画祭では、フットボールカルチャーを共有する様々なイベントを開催してきました。今回はスポーツ界から多様性について考える講演会を開催します。女子サッカーに関わるみなさんは、参加してみてはいかがでしょうか。

スポーツ界からLGBTQ+について考える

開催日:10月9日(土) 18時30分〜
会場:横浜セネックス(東神奈川駅前)
講師:野口亜弥さん(一般社団法人S.C.P. Japan共同代表/順天堂大学スポーツ健康科学部助教)
料金:一般1000円 U-25、障がい者500円

性に関する自分らしさの多様性についてお伝えします。講師は「WEリーガー研修2021」で類似テーマの講師を務めています。WEリーグが開幕した今、知識を身につけ、誰も排除されないスポーツ文化を作りましょう。

チケットは好評発売中です。

上映作品のラインナップ等は、こちらからご覧ください

女子サッカーを旅する1日 上映作品

オリンピック・リヨン-女子サッカー最強チームの真実- 予告編

壁を壊せ!-ドイツ女子サッカー 台北の奇跡-【予告編】Das Wunder von Taipeh

高校演劇「フートボールの時間」

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ