【サッカー人気2位】【山雅探報】背水!松本山雅に希望はある…

WE Love 女子サッカーマガジン

石橋克江がオススメする10月の #女子サカマガ WEリーグ開幕を多角的にレポートします(無料記事)2021年9月の振り返り

2021年9月12日にWEリーグがようやく開幕しました。 #女子サカマガ では、スポーツ新聞記事ランキング、テレビ放送ランキングを掲載しました。ムーブメントを起こしたとはいいがたいスタートとなりましたが、ここからがスタートです。これからの活動で、WEリーグの理念が広く浸透し、試合が盛り上がっていくことに期待したいですね。

9月に掲載した記事の中から3つの記事を振り返ります。

WEリーグを伝えるテレビ 「主語が全部大宮アルディージャになる」番組作りとさいたまダービーへの決意 テレビ埼玉 スポーツ局スポーツ部 高山知恵さん

WEリーグを伝えるテレビ 「主語が全部大宮アルディージャになる」番組作りとさいたまダービーへの決意 テレビ埼玉 スポーツ局スポーツ部 高山知恵さん

トップチームのあるクラブのアドバンテージを感じます。Jリーグの話題と一緒にWEリーグを取り上げてくれる応援番組の存在は大きいですね。これまで、女子のトップリーグに女子チームがなかった地域でも、サッカーを好きな人は「一度はWEリーグを見に行こう」という気持ちになってくれるのでは?応援番組には女子サッカーの魅力を浸透していく力があります。トップチームのあるクラブの強みが良く分かりました。

「なでしこジャパン(日本女子代表)で通用するというよりも、さらに上に行ける選手になりたい」未来を見据えて挑戦する 長野風花選手(マイ仙台)Yogibo WEリーグ開幕直前インタビュー

「なでしこジャパン(日本女子代表)で通用するというよりも、さらに上に行ける選手になりたい」未来を見据えて挑戦する 長野風花選手(マイ仙台)Yogibo WEリーグ開幕直前インタビュー

私が観戦した2021WEリーグ プレシーズンマッチで最も印象的だった試合がジェフユナイテッド市原・千葉レディースとマイナビ仙台レディースの対戦でした。マイナビ仙台レディースが良いチームになる予感がしました。特に注目したのが長野風花選手。試合中に、どこにでも顔を出して試合をコントロールするので目が離せません。記事の中で「もちろん、東京2020を目指していました。」と答えています。これから、なでしこジャパン(日本女子代表)として活躍する姿を見たい選手の一人です。

千葉L大滝麻未選手の妊娠を聞いて「チームメイトが増える」と思った(林香奈絵選手)「WE ACTION DAY(理念推進日)」の大きな一歩

千葉L大滝麻未選手の妊娠を聞いて「チームメイトが増える」と思った(林香奈絵選手)「WE ACTION DAY(理念推進日)」の大きな一歩

ジェフユナイテッド市原・千葉レディースは、初めて「WE ACTION DAY(理念推進日)」に取り組んだチームです。その取り組み方法をレポートしました。「WE ACTION DAY(理念推進日)」のやり方は、各チームで差異が出てくると思います。ジェフユナイテッド市原・千葉レディースは、最初の取り組みに真正面から臨んだのが素晴らしいと思います。

妊娠は、これからの女子アスリートには避けて通れない道です。大滝麻未選手と周囲の皆さんは一緒に頑張っています。より良い道筋をつけていくことが後に続く人の勇気に繋がると思います。出産直後だったはずのアレックス・モーガン選手(アメリカ女子代表)は、オリンピックの開催日が一年間延期したら、東京2020で普通にアメリカ女子代表としてプレーしていました。

会社勤務では、産休・育休から仕事に復帰することが当たり前になってきました(周囲からの支援があってのことですが)。モーガン選手のように、日本の女子選手も、出産後の復帰が当たり前のことになると良いですね。

10月のインタビュー記事を、一部、ご紹介します。

  • WEリーグ開幕の日に「WEリーグ かわいい等はNG問題」はなぜ起きたのか?賛成?反対?女性4人が語ります。
  • WEリーグ開幕と東京2020敗退で変わった意識 ノジマステラ神奈川相模原ドゥーエ(U-18) ノジマステラ神奈川相模原アカデミーダイレクター兼ドゥーエ監督 田邊友恵監督インタビュー
  • 川淵三郎初代Jリーグチェアマンと岡島喜久子初代WEリーグチェアの対談はなぜ実現したのか? 早稲田スポーツ新聞会 手代木慶さんインタビュー
  • 伊賀FCくノ一三重 三橋明香選手 2021プレナスなでしこリーグ1部優勝インタビュー
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ