【サッカー人気1位】今季ラスト10試合が始まる 勝利の流れ…

WE Love 女子サッカーマガジン

WEリーグ開幕と東京2020敗退で変わった意識 ノジマステラ神奈川相模原ドゥーエ(U-18) ノジマステラ神奈川相模原アカデミーダイレクター兼ドゥーエ監督 田邊友恵監督

ノジマステラ神奈川相模原アカデミーダイレクター兼ドゥーエ監督の田邊友恵監督をご存知でしょうか。田邊監督は日ノ本学園高校(兵庫県姫路市)の監督として全国で戦い、高校女子サッカー界を牽引した、高校生年代では有名な監督です。TBSで放送された番組を通して、その熱血指導ぶりを覚えている方も多いのではないでしょうか。その田邊監督が、なぜ日ノ本学園高校を去り、ノジマステラ神奈川相模原アカデミーダイレクター兼ドゥーエ監督となったのでしょうか。お話をうかがいました。

おそらく気が付かれると思いますが、田邊監督の話し方はTBSで放送されていたときと全くイメージが違う。その理由は、インタビュー取材を進めていくうちに明らかになっていきます。田邊監督は日々、進化し続けているのです。

提供:ノジマステラ神奈川相模原

ノジマステラ神奈川相模原ドゥーエ(U-18)は神奈川県女子サッカーリーグ1部、関東U-18プリンセスリーグ等で戦っているノジマステラ神奈川相模原の下部組織です。個性を磨き、世界に通じる一流選手を目指し、パフォーマンスのキレ・美しさと人間性の両方を追求しています。関東地方には、日テレ・東京ヴェルディメニーナ、浦和レッドダイヤモンズレディースユース等の強豪チームがひしめき合っています。そんな中で、田邊監督は、どのような指導をしているのでしょうか。そして、ご自身の、何が変わったのでしょうか。

勝つのが難しい環境の方が、指導の質が上がる

田邊高校からクラブに移って、環境が違うことに目が覚めました。こちらでは、神奈川県内で勝つのも難しいですし、各チームの力の差が少ないと思います。

今、取り組んでいるのは「狩りに行く」ボールの奪い方です。ボールを奪えば、そこからは自分たちの時間になる。守備をネガティブに考えず、守備を楽しめるようになれば、試合中にサッカーをずっと楽しめると考えています。

そして、深い位置からパスを繋いでいくのではなく、どの位置でも良いからボールを奪って、そのまま相手ゴールに向かって進んでいけば良いという考え方です。

—育成年代は、全て勝たなければならないということはないと思います。とはいえ、勝てるか、勝てないかによって、指導の方法は変わるのでしょうか?

田邊勝てない可能性が高いならば、しっかりとしたトレーニングをしないと、より勝てないので、勝つのが難しい環境の方が、指導の質が上がると思います。ただ、勝ち負けにこだわりすぎると、選手も指導者もしんどくなると思います。

—環境が変わって、ご苦労はありましたか?

田邊困ったことはありません。サッカーに費やす時間が増えて、身につくスピードが上がっていると感じます。

自分は決まったやり方を持っていなくて、日々、新しいモノを更新していくタイプです。ノジマステラ神奈川相模原ドゥーエに来たのは「もっと勉強したい」からです。自分の時間を全てサッカーに使いたいと思って「プロの指導者」になりました。ちょうど公益財団法人日本サッカー協会 S級コーチ養成講習会も受講することが出来ました。講習会を受け、岩政さんや小林慶行さんらに接して、自分には知らないことがたくさんあることが解りました。自分は女子サッカーを良くしていこうと思ってやってきましたが、Jリーグでやってきた方々と接することで「知らないから出来ない」ことがあったと理解しました。日々、学んで悩みながら前に進んでいます。

—「プロの指導者」と、これまでの高校での指導は違うのでしょうか?

田邊高校には色々な業務がありました。選手(生徒)との接し方も「先生」になります。それは、教育的観点の上下関係です。

自分は「先生」という仕事をしながらサッカーの指導をしてきました。ところが指導に行き詰まりを感じたこともあり、今度は「プロの指導者」としてサッカーだけをやってみようと思いました。「自分がもっと勉強したら、この選手たちの求めることを指導できるんじゃないか」と思うようになりました。だから「ごめん、もっと上を目指してくる」という感じで日ノ本学園高校を退職してノジマステラ神奈川相模原ドゥーエにやってきました。

提供:ノジマステラ神奈川相模原

Jリーグを経験した指導者から学び女子サッカーは変わる

田邊女子サッカーにJリーグを経験した指導者が来てくださることが増えています。これまでの女子サッカーの指導者が知らないことを知るチャンスになるので、良いことだと思います。

—トップチームの北野誠監督のサッカーは、待ち受ける守備ではなく前からボールを奪いにいくサッカーだと感じます。縦に速い攻撃に繋げるサッカーです。2020年シーズンは、女子サッカー界に、かなりのインパクトを与えてくれたと思います。田邊監督のお話から北野誠監督の影響を強く感じますが、いかがですか?

(残り 1751文字/全文: 3871文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ