【サッカー人気2位】岩尾憲が関根貴大を「浦和を担っていく重…

WE Love 女子サッカーマガジン

WEリーグ時代 なでしこリーグの役割とは? 格式高いプレナスなでしこリーグ2021表彰式から見えたこと

プレナスなでしこリーグ2021表彰式が、2021年10月27日に開催され、チーム表彰、個人表彰、特別表彰が行われました。なでしこリーグはWEリーグの発足に伴い再編成されました。今回は再編成後初の表彰式です。

最優秀選手賞は杉田亜未選手、得点王は西川明花選手。いずれも伊賀FCくノ一三重の所属選手が選ばれました。優勝監督賞は大嶽直人監督。伊賀FCくノ一三重のハイラインハイプレス戦術は、欧州女子サッカーのトレンドから外れることなく、世界に通じるサッカーです。敢闘賞は抜群の得点率を残した大竹麻友選手(スフィーダ世田谷FC)。新人賞には山田仁衣奈選手(愛媛FCレディース)が輝いています。

得点王は西川明花選手 提供:なでしこリーグ

2021プレナスなでしこリーグ1部のベストイレブンには伊賀FCくノ一三重から6名の選手が選出されました。ベストイレブンは、なでしこリーグ部 12チームの監督および選手をはじめとする選者による投票結果を基に決定します。今シーズンは巧い選手が得票し、各チームの10番が5名も選出されています。

GK 藤田涼加選手 (伊賀FCくノ一三重)
DF 奈良美沙季選手 (スフィーダ世田谷FC)
DF 作間琴莉選手 (伊賀FCくノ一三重)
DF 宮迫たまみ選手 (伊賀FCくノ一三重)
MF 杉田亜未選手 (伊賀FCくノ一三重)※
MF 小山史乃観選手 (セレッソ大阪堺レディース)※
MF 三浦桃選手 (NGUラブリッジ名古屋)※
MF 鈴木千尋選手 (伊賀FCくノ一三重)
FW 西川明花選手 (伊賀FCくノ一三重)
FW 大竹麻友選手 (スフィーダ世田谷FC)※
FW 千葉園子選手 (ASハリマアルビオン)※

※所属チームで背番号10

2021プレナスなでしこリーグ1部を優勝した伊賀FCくノ一三重 提供:なでしこリーグ

格式高い会場で表彰式を開催

2020年シーズンの表彰式はオンラインで開催されました。今回は2019年シーズンと同じリーガロイヤルホテル東京が会場となりました。WEリーグがスタートし再編成され、今シーズンから実質的に2部リーグとなった2021プレナスなでしこリーグ1部ですが、女子サッカー・アマチュアリーグ最高峰である格式を会場選びで表現したものと思われます。リーガロイヤルホテルは、関西では有数の名門ホテル。リーガロイヤルホテル東京は豪華な内装のバンケットルームで知られます。

また、司会は華麗なツートップ。2021プレナスなでしこリーグ1部の実況を担当される西達彦さんと2021−22 Yogibo WEリーグの実況を担当される守口香織さんでした。

最優秀選手賞は杉田亜未選手 提供:なでしこリーグ

「上に行きたい」野心を持った選手とクラブ

選手の発言にはWEリーグに関連したものが多くありました。なでしこリーグ部でプレーする選手にとって、WEリーグは目の前の目標です。ただ逆に、最近、WEリーグが狭き門であることも分かってきました。

2021年9月27日に、WEリーグは2022-23シーズンの入会審査結果を発表しました。なでしこリーグの3つのクラブから入会申請があったものの、承認されたクラブは一つもありませんでした。その結果、「上に行きたい」野心を持った有力選手やクラブが今後もなでしこリーグ部で戦い続けることになるかもしれません。彼女たちの目標は、どこに置かれるのでしょうか。

敢闘賞は大竹麻友選手 提供:なでしこリーグ

大竹麻友選手(スフィーダ世田谷FC)はこのように言います

「スフィーダ世田谷FCのチーム全体が好きなので、チーム全体で上(WEリーグ)に行けるように自分の力を上げていきます。」

(残り 1637文字/全文: 3412文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ