【サッカー人気3位】【地域CL】東京での「紫対決」は新宿が…

WE Love 女子サッカーマガジン

大和シルフィードがなでしこリーグ1部残留に一歩前進(無料記事)

2021プレナスなでしこリーグ1部2部入替戦 第1節が2021年10月31日にアースケア敷島サッカー・ラグビー場で行われました。1部の 大和シルフィードが1−0で2部のバニーズ群馬FCホワイトスターを下し、残留に一歩前進しました。得点者は小針舞夏選手。サイドからのシュートでゴールキーパーの頭上を抜き、逆のサイドネットを揺らしました。敗れたバニーズ群馬FCホワイトスターは、大和シルフィードの強いフィジカルコンタクトに対応できず、なかなか持ち味を発揮できませんでした。

再三にわたる、左サイドからの突破でチャンスを演出した長瀬あゆ選手は、次のように話しています。

「1部残留をするために、アウェイでの大事な一戦でした。結果としては勝つことができ良かったですが、個人として改善点ばかりで悔いの残る試合となってしまいました。ポゼッションをしながらいい形での得点、クロスからの形も多くチャンスシーンを多く作れていました。1点が試合を左右するのでそのチャンスをしっかり決めきりたいです。また危ない場面も多くあったので、もっとゴール前での球際だったりアプローチの質を高めていきます。」

得点差以上の実力差を感じさせる1−0でしたが、勝利した大和シルフィードの選手たちの表情は固く、この試合がまだ前半戦(第1戦)しか終わっていないことを再認識させられました。一方、バニーズ群馬FCホワイトスターの野田朱美監督は、試合終了直後にピッチ脇でアツい指導。良かったところ、良くなかったところを丁寧に選手に説明していました。

野田朱美監督(右)

第2戦は11月7日に神奈川県立保土ヶ谷公園サッカー場で開催されます。アウェイでの勝利のアドバンテージを得た大和シルフィードが逃げ切るか、1週間でバニーズ群馬FCホワイトスターが対策を講じて挽回するか、来シーズンになでしこリーグ1部で戦う権利を賭けた決戦に注目です。

WE Love 女子サッカーマガジンでは、第2戦後に、関係者の証言を交えて2021プレナスなでしこリーグ1部2部入替戦のレポート記事を掲載予定です。

(2021年11月1日 石井和裕)

ベレーザのチームメイトとの再会。大和シルフィードの小野寺志保コーチとバニーズ群馬FCホワイトスターの野田朱美監督

バニーズ群馬FCホワイトスターのサポーター

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ