【サッカー人気2位】【山雅探報】これぞクラシコ!信州ダービ…

WE Love 女子サッカーマガジン

なでしこジャパン「僕も経験したことがないコロナ禍の戦い」佐々木則夫女子委員長 ベトナム女子代表はクラスター発生

1月20日に開幕するAFC女子アジアカップに臨むなでしこジャパン(日本女子代表)は、2022年1月17日10時30分頃(日本時間)に開催国インド・マハーシュトラ州東部にある学術都市・プネーのホテルに到着しました。プネーはデカン高原にあり、富裕層の避暑地としても知られています。なでしこジャパン(日本女子代表)の選手たちは、ここでコンディションを整えます。練習グラウンドのピッチコンディションは良好とのこと。

参加チームにクラスター発生も

心配なのは選手のコンディションです。今大会に参加するベトナム女子代表はクラスターが発生。26選手中14人が感染する事態に陥っています。

ベトナム女子代表、先行してインド入りのメンバーからも1人が新型コロナ陽性 スペイン残留組と合わせ26選手中14人が感染

海外遠征にシェフを帯同するのは今大会が初

今大会には西芳照シェフが帯同しています。西シェフは、福島県いわき市の鹿島ショッピングセンターエブリアにある「NISHI’S KITCHEN」、広野町ひろのてらすにある「くっちぃーな」の2店舗を運営。男子の4つのFIFAワールドカップを含む130回以上の海外遠征に帯同し、選手やスタッフに食事を提供する役割を担ってきました。過去、日本代表のインド遠征に帯同した経験もあります。

なでしこジャパン(日本女子代表)の海外遠征にシェフを帯同するのは、今大会が初めて。日本米や調味料を日本から持参し、現地で調達する食材と合わせて、なでしこジャパン(日本女子代表)を食から支援します。

安堵を感じさせる発言も

佐々木則夫女子委員長は、監督として選手を率いた過去の経験を踏まえ「コロナ禍の制約がある今大会で食は、選手のモチベーションにつながる重要なポイント」と考えています。

(残り 372文字/全文: 1168文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ