【サッカー人気4位】ゴチャつきとリカ監督の修正、得点を奪う…

Jウォッチャー ~日本サッカー深読みマガジン~

【村井チェアマン会見から2017シーズンのJリーグを紐解く!】その1『年間200億円はこの3つへ投資する』


10月12日、JFAハウスにてJリーグの理事会が行われた。理事会後の記者会見で村井満Jリーグチェアマンは、2017年シーズンから、2014年シーズン以来「1ステージ制ホーム&アウェイ方式の総当たりリーグ戦」に戻すことを発表。また2017シーズン以降のリーグに関わる次の5つの内容について話し合われたことを発表した。

1.2017明治安田生命J1リーグの大会方式について
2.サマーブレイクの創設
3.外国籍選手の登録枠の拡大について
4.東京五輪世代の若手選手出場機会の創出と選手強化について
5.財政基盤の強化について

会見で村井チェアマンは「今回、Jリーグは世界的なメディア大手のパフォーム社から10年2100億円という、非常に大きな金額をある意味で投資していただいたという認識でいます。Jリーグとしては、リッチになったとかそういう観点ではなくて、その期待値に対して、それ以上の成長とか魅力を増すことで彼らの投資に応える必要があると思います。今回の投資に関して、Jリーグのレベルが上がるかどうかが魅力的になるかどうか、そういった観点で、5項目について議論をしたつもりです」と発言している。

会見の内容を読み解くと、投資の原資となるおよそ200億円の使い道が、主に以下の3つに分けられることがわかった。

(1)均等配分金・・・J1・J2・J3に配分されるお金

(2)強化配分金・賞金など

(3)中継製作費、戦略投資など

※グラフは村井チェアマンの発言を元に作成。数字はおおよそのもの。

今回の理事会で決定された話し合われた具体的な内容も含めて、明日以降村井チェアマンのコメントと共に詳細をお届けする予定。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック