【サッカー人気1位】秩序と混沌のどちらを求めるか ピッチに…

Jウォッチャー ~日本サッカー深読みマガジン~

U-19日本代表のエース堂安律、アジア選手権での経験を糧にさらなる成長を誓う【コラム】

バーレーンで開催されていたAFCU-19選手権2016。準々決勝を征し、来年のU-20ワールドカップへの出場権を手にしていたU-19日本代表は、決勝の舞台もPK戦の末に征し、初優勝を飾った。その一員として戦い、今大会のMVPに選出されたのが、ガンバ大阪に所属するMF堂安律だ。

昨年、ユースチーム所属ながらトップチームに2種登録された堂安は、同年、宇佐美貴史(FCアウクスブルグ)の記録を塗り替える16歳11ヶ月18日でクラブ史上最年少リーグ戦デビューを果たした逸材。左足から繰り出されるドリブルやシュート、パスセンスに高い評価を受け、今年からはクラブ史上6人目となる『飛び級』でトップチーム昇格を果たした。

(残り 1032文字/全文: 1335文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ