Jウォッチャー ~日本サッカー深読みマガジン~

負傷者、戦術、緊張感…。計画を狂わせた3つのターニングポイント~ターニングポイントを振り返る(3)~ギラヴァンツ北九州編~

J3リーグに降格することとなったギラヴァンツ北九州。要因は決して今季1年が全てではないが、特に成績に影響したのは負傷者の続発と戦術ミスだった。それぞれに象徴的なシーンがある。


■キャンプから負傷者続出

負傷者が相次いだことは特に北九州のゲーム作りに大きく影響。それもシーズンが始まってからではなく開幕前から離脱者が相次ぎ、選手編成は混迷する。とりわけターニングポイントに挙げられるのは2月5日に鹿児島市内で行われた京都との練習試合。この試合ではFWとして原一樹が先発し北九州はストライカーにボールを集めようとする。しかし流れに乗ったのも束の間で原は1本目で起きた接触プレーで負傷、離脱が決定的となった。

(残り 1273文字/全文: 1572文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ