『J番記者による大忘年会2017』~タグ祭り!~12/18渋谷で開催

Jウォッチャー ~日本サッカー深読みマガジン~

国内地上波、BSはNHKと基本合意。これまでと同等の枠を確保。12月の理事会で決まったこと。【会見全文掲載(1)】


12月13日、Jリーグ理事会後の記者会見が行われ、Jリーグ村井満チェアマンから決議事項・報告事項が発表された。

○村井満チェアマン
皆さんこんばんは。12月今年度最後の理事会を開きました。シーズン前に決めておかなければならないことが多々ありまして、時間を要した理事会でございました。

開会に先立ってですね、先般シャペコエンセの大変な悲しい出来事がございました。Jリーグとしてどういう形で哀悼に意を表現をしたものか、もしくは何か支援出来ることはあるのか、思い巡らしているところなんですけれども。先方の会長も亡くなったということもあったり、非常に甚大な被害を受けているので、しっかりコミュニケーションを取っていきたいなと思っているところでございます。

実はJリーグメディアプロモーションで、この24年間の全ての公式試合をデジタル変換してストックしてあります。まず今回被害に遭われた方々を、地球の裏側でこんな活躍をしてたよというのをビデオに編集して、それを南米協会、クラブ、ご遺族の方にお渡ししに行こうかなと思っています。実際直接訪問した上でどういうことが我々として出来るのかということを、少し直接お話しする中で確認できたらというふうに思っています。

今日理事会の開催に先立って、粗編集なんですけども理事の皆さんと(お渡しするビデオについて)共有をしました。こんな選手がどんな形で活躍していたということをお伝えした次第でございます。
改めて数多くの選手がこれだけのクラブに貢献してくれたこと、心から感謝の気持ちと、哀悼の意を表したいと思っていて、これを日程的にまだ先方との確約は取れていないのですが、向こう側のご意向次第ではすぐにでも飛んで行こうと思っています。その中で今後あり方を相談してまいりたいと思っています。
理事会については(司会を務めるJリーグの)萩原の方からずいぶん多くのテーマでご説明をさせていただきました。割愛するところは省きますが、常に皆さんには1回2回にわたってPUBレポートを共有させていただきました。

2016年の1年間の取り組みをチャンピオンシップが終わって1週間ぐらいで入稿するので今日も誤字脱字いっぱいあって大騒ぎになっているんですけど、これを明後日ネットで公開をさせていただきます。またJリーグアウォーズの時に冊子を一部ゲストにお渡しします。後日私の方から説明会を開かせていただく予定です。

15日に公開されたPUBレポート

(残り 808文字/全文: 1826文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ