【サッカー人気3位】大ブレークの気配 左45度を定位置にす…

Jウォッチャー ~日本サッカー深読みマガジン~

【無料】Jリーグ、デロイト社と新規パートナー契約を発表。「リーグのデジタル化を加速させていくために、プロフェッショナルな方を派遣していただき、人的なサポートしていただく(村井チェアマン)」

会見後握手を交わす、烏野仁 デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー代表執行役社長と村井満チェアマン。

5月25日、JFAハウスにて5月のリーグの理事会が行われた。理事会後に記者会見が行われ、Jリーグ村井満チェアマンから決議事項・報告事項が発表された。

本日開催した理事会で、デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社(以下、DTFA)およびデロイト トーマツ コンサルティング合同会社(以下、DTC)とJリーグサポーティングカンパニー契約を締結することを発表した。Jリーグサポーティングカンパニー契約はヤフー株式会社に続いて2社目となる。

・2017年Jリーグサポーティングカンパニー契約決定
https://www.jleague.jp/release/post-49017/

村井満チェアマンは今回の契約について「我々Jリーグにとって協力なパートナーを得たと思います。今後はリーグのデジタル化を加速させていくために、プロフェッショナルな方を派遣していただき、人的なサポートしていただく。今後人的なスキル、足らない人材をサポートしていただく」とコメントしている。

デロイトのサッカービジネスとの関係について:リリースより抜粋(デロイト トーマツHPより
デロイトは1997年より20年以上にわたり、ヨーロッパにおけるクラブチームの売上高ランキングを「デロイト・フットボール・マネー・リーグ」として発表し、各クラブの経営内容分析結果を発表しています。日本ではDTFAが中心となって立ち上げたスポーツビジネスグループが、2016年よりマーケティング、経営効率、経営戦略、財務状況の4つの視点からビジネス・マネジメントを数値化しランキング化した「Jリーグ マネジメントカップ」を発表するなど、サッカーをビジネスの側面から分析し知見を蓄積してきました。また、サッカーにとどまらず国際的なスポーツイベントをさまざまに支援してきた実績も有しています。

その他、以下のリリースも本日Jリーグからリリースされている。
・福島ユナイテッドFCホームタウン追加について

※会見でのコメントは後日掲載する予定です。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック