【サッカー人気2位】ハイライン! 大嶽直人監督による「シー…

Jウォッチャー ~日本サッカー深読みマガジン~

デロイト トーマツとの契約について「今後Jリーグの人的なスキル、足らない人材をサポートしていただくことで、クラブの経営環境も大きく変わっていく(村井チェアマン)」~5月の理事会後の記者会見(1)~

5月25日、JFAハウスにて5月のリーグの理事会が行われた。理事会後に記者会見が行われ、Jリーグ村井満チェアマンから決議事項・報告事項が発表された。

理事会はで、デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社(以下、DTFA)およびデロイト トーマツ コンサルティング合同会社(以下、DTC)とJリーグサポーティングカンパニー契約を締結することを発表した。Jリーグサポーティングカンパニー契約はヤフー株式会社に続いて2社目となる。

2017年Jリーグサポーティングカンパニー契約決定

今回は理事会後の記者会見の様子(1)をお届けします。

○村井満チェアマン

まず、デロイトトーマツ様とのサポーティングパートナーの契約について。我々Jリーグにとって強力なパートナーを得たと思っています。すでに皆様ご存じのとおり、ヨーロッパでは「マネーフットボール」というようなタイトルで、クラブの経営情報を詳細に分析されたり、リーグのパフォーマンスについて分析されています。世界でもスポーツ分野において大変貢献度の高い企業グループでございます。

⇒フットボールマネーリーグ(デロイトHP・英語)

実際に今まで、Jリーグではみなさんにおなじみのところで言うと、PUBレポートというのを年に1回総括をさせていただいていますが、編集についてはずっと取り組んでまいりました。Jリーグの経営情報の基本スタンスや内容面で大変力強くサポーターいただいていました。またクラブライセンス制度の経営情報開示の仕組み化、いわゆる膨大なデータのやりとりを紙ベースでやっていましたけど、システム構築も含めてサポートしていただいていました。

⇒Jリーグ パブ リポート 2016 ウィンター(Jリーグ公式)

(残り 749文字/全文: 1470文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック