【サッカー人気4位】【コラム 】あのとき君は若かった?! …

Jウォッチャー ~日本サッカー深読みマガジン~

「(スペインの環境に)適応できる能力があれば、十分できる日本人選手はいっぱいいると思う(原副理事長)」~スペイン ラ・リーガとの戦略的連携協定締結会見・トークセッションの様子(2)~


6月22日、Jリーグは、スペインのプロサッカーリーグ ラ・リー ガとの戦略的連携協定の締結を発表した。(⇒リリース

JFAハウスにておこなわれた連携協定の会見にはJリーグの村井満チェアマン、スペインプロサッカーリーグ(ラ・リーガ)のハビエル・テバス会長が出席した。

今回は会見第の2部、トークセッションの様子(2)をお届けしています。

(1)はこちら

小澤「そのバルセロナにはバルベルデ監督が就任します。なんと原さんは・・・今であれば言ってもいいんじゃないでしょうか?

「最初ビルバオに行ったときに、育成の方を見ていていろいろなところの監督をやっていて、いずれは経験を積んでバルセロナの監督になるだろうなという思いもありました。人間的にも評価されていて、日本代表(監督)の候補として、彼なんかはいいかなと思っていました。その後もビルバオの監督の時も、試合に見に行ったりして、隠れて会う関係でした(笑)。それは監督がどうのこうのということではなくて、本当に人間的にもいい人なので。今東京Vにロティーナさんが来てくれたり、スペイン人監督もJリーグで増えてきていています。ロティーナ監督は今のヴェルディに守備の組織を作ってくれています。スペインは攻撃だけと思われているかもしれませんが、意外と守備も堅くて、そのあたりのバランスの良さがリーガの特徴なのかなと思います」

小澤「乾選手、昨シーズンクラブ規模を考えて大躍進を遂げたエイバルですが、メンディリバル監督の守備戦術、特にアグレッシブに前からハメていく戦術は、ヨーロッパの中でも最先端で、日本代表やJリーグも学ぶところがありそうですね」

「すごく難しい戦術でしたし、1年目はなかなか監督の期待通りにできませんでした。それが去年はある程度やりたいこともわかってきたので、そのへんでちょっとやりやすくなりましたし。あれを代表がもしできれば、すごくいいサッカーになる・・・かもしれませんね」

小澤「今回代表に戻って、ハリルホジッチ監督に『そういう守り方があるよ』とは、さすがにレクチャーはしませんでしたか?」

「というか、テヘランで出てほしかったよね(笑)。それを見にテヘランまで言ったんですけど(笑)。まあでも今度のオーストラリア戦が大一番なので、しっかりコンディションを整えてもらってほしいですね」

会見ではテネリフェに在籍している柴崎岳選手のビデオメッセージも放映された

小澤「それから、先ほど映像でも出てくれました柴崎岳選手のテネリフェですけど、ホーム第1戦で1-0で勝ちました」

(残り 1373文字/全文: 2495文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック