『J番記者による大忘年会2017』~タグ祭り!~12/18渋谷で開催

Jウォッチャー ~日本サッカー深読みマガジン~

広告料収入を大きく増加させた名古屋・鳥栖、J2降格も3億円を超えの広告料を増収させた清水。~2016年度クラブ経営情報開示説明会より(6)~


7月20日、JFAハウスにて、2016 年度クラブ経営情報開示 メディア説明会が開催された。

5月の先行発表に続いて、今回は3月決算の3クラブ(柏レイソル、ジュビロ磐田、Y.S.C.C.横浜)全53クラブを含めて経営情報が発表された。

会見には公益社団法人日本プロサッカーリーグの木下由美子理事と、経営本部青影宜典クラブ経営戦略部部長が出席し、青影部長が説明を行った。

(5)はこちら


○青影宜典クラブ経営戦略部部長

続きまして11ページからは、さらに細かく品目で分けています。

まず広告料収入の増加というところで、同じくJ1・J2・J3で2016年度の所属に応じて色分けしています。

■広告料収入の推移:増収36クラブ、減収16クラブ。前年比約27億円の広告料収入が増加。

例えば、J1ですと名古屋(13行目)、それから鳥栖(18行目)あたりが大きく増収しています。

(残り 758文字/全文: 1132文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ