Jウォッチャー ~日本サッカー深読みマガジン~

【無料】Jリーグ、シーズン移行しないことを理事会で決定。「一年かけて議論してきた内容ですので、今日意思決定をした重さを十分認識しています(村井チェアマン)」~12月のリーグの理事会より~

12月12日、JFAハウスにて12月のリーグの理事会が行われた。理事会後に記者会見が行われ、Jリーグ村井満チェアマンから決議事項・報告事項が発表された。

この中で、日本サッカー協会から提案されていたシーズン移行について、シーズン移行しないことを決定したと発表した。


Jリーグ村井満チェアマンは「一年かけて議論してきた内容ですので、今日意思決定をした重さを十分認識しています」とコメントしている。

移行しない理由の主な要点は以下の通り。

・移行しない方が、リーグ戦実施可能期間が1カ月以上長い。
・移行した場合、シーズン終盤にACLのグループステージやラウンド16が入るため、出場する4クラブだけがリーグ戦の最終盤を厳しい日程で戦うこととなる。
・移行しても、FIFAのデータを見る限り、シーズン中に移籍する選手は減らない可能性が高い。
・「雪国に相応の設備が整ったスタジアムが整備されるであろう」という期待を前提とした移行を、経営リスクと捉えるクラブ経営者が多い。
・移行期(0.5年、または1.5年)での収益確保は、難易度が高い。
・シーズン終盤に決勝が集中することは世界標準で、違和感はない。
・クラブ経営上のマイナス面(決算時期など)が多い
・学校の年度とも半年ずれて、(新加入選手など育成面でも)マイナス面がある。
・カップ戦のスケジュールが成立しない。

今後は

・積雪地域のサッカー環境整備にJFAと共に取り組むこと。
・リーグ戦と天皇杯の終了時期を近付けるための協議を進めること。
・日本サッカーの強化と普及に向けたJリーグとしてのビジョンと施策案を2018年5月を目途に発表すること。

と、村井チェアマンが合わせて報告した。

その他、本日Jリーグから決議事項・報告事項がリリースされています。
詳細はこちら

※会見でのコメントは後日掲載する予定です。

『Jウォッチャー ~日本サッカー深読みマガジン~』とは


『Jウォッチャー ~日本サッカー深読みマガジン~』は、Jリーグを中心に日本サッカーの色々な話題を現場第一主義で深読みするWEBマガジンです。

クラブリリースの深層を解説する記事、選手の移籍に秘められた裏話、Jリーグ理事会の会見で語られた全容など、現地で取材を続けるからこそ得られる情報を配信していきたいと思います。また、選手や監督だけでなく、クラブフロントのインタビューなど、日本サッカーを取り巻くイシューを多角的な視点で取り上げていく予定です。

愛情と情熱をもって取材を行い、Jリーグや日本サッカーの魅力をより感じていただけるようなメディアを目指します。ぜひご一読ください。

ご購読方法

支払い方法ごとの詳細

各お支払い方法ごとに、詳しいお申し込み方法と閲覧期間の説明ページをご用意しました。下記リンクから、お進みください。

タグマ!とは

スポーツ、カルチャー、エンタメ。好きなジャンルをとことん読めるWEBマガジン

Push7リアルタイム更新通知に対応!記事更新をお手元の端末へダイレクト通知。気になる話題がいち早く!

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ