Jウォッチャー ~日本サッカー深読みマガジン~

ホームタウン貢献度は成績に左右されない~スタジアム観戦者調査メディア報告会より(4)~

2018年1月29日、Jリーグは2017年シーズンのスタジアム観戦者調査のメディア報告会を行った。

今回は会見での出席のコメントを通して、主なポイントについて見ていきたい。

(3)はこちら

2017年度の調査結果こちら(PDFファイル

Jリーグ観戦者調査(2004~)

説明を行うJリーグデジタル・出井宏明専務

○Jリーグデジタル出井宏明専務

【ホームタウン貢献度】

ホームタウン貢献度は成績に左右されない

調査時点での競技順位上位が、必ずしもホームタウン貢献度上位とはなっていない。
ホームタウン貢献度を上げるためには、チーム強化だけでなく、安定したクラブ経営やホームタウンでの活動など
クラブの事業規模に合わせたバランスが求められると推測される。

では、ホームタウン貢献度って何で上がるのという話をします。いろいろな角度で分析できると思います。よく言われるのが、チームの成績がいいと何となく盛り上がっているし、いい感じのスコアが出るんじゃないのかと。これはクラブの方にも、ホームタウン貢献度が下がってきたと言うとよく『チームの成績がどん底だったので・・・』と言われます。では本当にそうだったのかと見ていきます。

(残り 1532文字/全文: 2095文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ