サッカーライター大忘年会 12/20(木)渋谷で開催

Jウォッチャー ~日本サッカー深読みマガジン~

理念強化配分金の支給時期について「2018年5月の理事会以降、基本的には一括でお支払いする想定です(Jリーグ経営本部・鈴木正雄本部長)」~Jリーグ規約・規程改訂メディア向けの説明会より(3)~

Jリーグは4月20日、2018年シーズンにおけるJリーグ規約・規程改訂メディア向けの説明会を実施し、クラブライセンス交付規則における変更点について説明を行った。

今回はJリーグ規約・規程改訂について、Jリーグ経営本部鈴木正雄本部長、同クラブ経営戦略部戦略部 青影宜典部長、同フットボール本部黒田卓本部長が出席し、説明を行った。

Jリーグ規約・規程集 2018

(2)Jリーグ規約第17条の具体的な要件(広告料1億円以上、入場者数3000人以上)の撤廃について

Q:配分金の規約についてお聞きします。理念強化配分金が去年の成績から上位4チームに手厚く支給されることに変わっています。その支給の手続きが規約・規定が書かれているかと思います。ざっくり言うと実際はいつ入金されるのか、手続きの流れをを少し教えてください。


○Jリーグ経営本部鈴木正雄本部長
「お手元のJリーグ規約規定集85ページ以降を眺めながらお聞きいただければと思います。背景としましては、もともと配分金についての規定が散在していたものを集約して、どういう種類のものがあるのか整理しているのが第3条となります。

そこから先は手続きがいろいろと書いてあります。全体としては、配分金の受領資格があるかどうかということと、それから個別のクラブにいくら払うのかという手続きの流れになります。受領の資格というのは、(リーグ戦に)参戦していることやクラブライセンスを保持していることが大前提になります。

【解説】理念強化配分金の目的(Jリーグ配分金規程第8条第1項より)
① 日本サッカーの水準向上およびサッカーの普及促進
② 若年層からの一貫した選手育成
③ フットボール環境整備
④ 選手や指導者の地域交流および国際交流の推進ならびにスポーツ文化の振興
※Jリーグ配分金規定(PDF)

(残り 1011文字/全文: 1762文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

タグマ!サッカーパックのご案内
全35メディアが読み放題