Jウォッチャー ~日本サッカー深読みマガジン~

J2・J3の営業収益について。長崎・東京Vが大幅アップ、福岡はJ2降格も営業収益はアップ。J3では今回発表の全クラブで前年比プラス。~2017年度クラブ経営情報開示(先行発表)メディア説明会より~(8)

5月25日、JFAハウスにて、51クラブの経営情報を先行発表した。(3月決算の柏、磐田、YS横浜を除く)
会見にはJリーグ木村正明専務理事、青影宜典Jリーグ経営本部クラブ経営戦略部 部長 兼 ライセンスマネージャーが出席し、青影氏が概要の説明を行った。

今回から数回に分けて、会見でのコメントを見ながら、経営情報の概要についてお届けします。

(7)はこちら

○青影宜典氏
表の右側へ移っていくと、J2のリーグの中で、比較的昇降格の影響を除いた☆印をつけたところ、J3についても同様です。
上段にコメントで書いていますが、冒頭で説明した通り100億円増収がありました。そのうち55億円が配分金、残りの45億円はクラブの営業努力と申し上げましたが、数クラブの増収だけで45億円の増収があったわけではなくて、50クラブのうち43クラブが売上を伸ばしているということです。当然減収になっているクラブもありますけど、特にJ3クラブにおいては、今回発表の全てのクラブが増収になっていることが一つの特徴かもしれません。

【J2の営業収益での主なトピックス】
・前年比プラスとなったクラブが19クラブ、マイナスとなったのは3クラブ(水戸、湘南、名古屋)
・湘南、名古屋はJ2降格の影響もあり前年比マイナス。
・福岡はJ1からJ2降格も、その他収入により営業収益は1億円以上アップ。
・長崎は営業収益が3億7千万円アップ。前年度の赤字(▲138)から一転して黒字に。
・東京Vも大幅な営業収益アップ(+231)

(残り 1112文字/全文: 1744文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ