【サッカー人気2位】【山雅探報】背水!松本山雅に希望はある…

Jウォッチャー ~日本サッカー深読みマガジン~

チーム人件費について。増加37クラブ、減少11クラブ。人件費を大幅に増加させた神戸、C大阪、川崎F。~2017年度クラブ経営情報開示(先行発表)メディア説明会より~(11)

5月25日、JFAハウスにて、51クラブの経営情報を先行発表した。(3月決算の柏、磐田、YS横浜を除く)
会見にはJリーグ木村正明専務理事、青影宜典Jリーグ経営本部クラブ経営戦略部 部長 兼 ライセンスマネージャーが出席し、青影氏が概要の説明を行った。

今回から数回に分けて、会見でのコメントを見ながら、経営情報の概要についてお届けします。

(10)はこちら

○青影宜典氏

こちらはチーム人件費の推移ということで、50クラブ全体ではチーム人件費が約65億円増加しています。単純に色は付けられませんですが、クラブの増収分100億円のうち、そのうち65億円がチーム人件費に回っているということです。

・2017‐2016年度比較(50クラブ)増加37クラブ、減少11クラブ(※)
・前年比約65億円のチーム人件費が増加

※2017年入会の沼津を除く

(残り 485文字/全文: 847文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ