Jウォッチャー ~日本サッカー深読みマガジン~

【ニュース】Jリーグ、全54クラブの経営情報を発表。純資産10億円超えクラブは8クラブに。

7月30日、JリーグはJFAハウスにて、全54クラブの経営情報を発表した。

今回の会見では、5月に先行発表された51クラブに加えて、3月決算の柏、磐田、YS横浜を加えた全54クラブの経営情報が発表された。
会見には青影宜典クラブ経営戦略部部長が出席し、青影氏が概要の説明を行った。


主なトピックスとして発表されたのは以下の通り。(J1・J2・J3の表記はすべて2017年度のもの) ※内容は前回の発表と重複するものもあります。

(1)J1・J2・J3合計の事業規模は、Jリーグ史上初めて1,000億円を突破した。
純資産10億円を超えるクラブは昨年から2クラブ増加し8クラブとなった。

【参考】純資産10億円を超えるクラブ
鹿島、浦和、柏、FC東京、川崎F、磐田、広島、徳島

(2)2016年度と比較し、営業収益が約112億円増加

(2011年度以降、7年連続で増加している)
同時に営業費用も約112億円増加し、拡大均衡で推移

(3)DAZNとの契約により、Jリーグ配分金が全体で約60億円増加しているが、クラブの営業努力によるその他の営業収益も例年と同水準で増加している。主要営業収益項目の成長率は、106%前後を維持している。

(4)2016年度に引き続き、J1・J2・J3全てのクラブで、3期連続赤字債務超過がゼロとなった。

(5)浦和レッズは、自身の持つJリーグ史上最高営業収益を上回り79.7億円を計上した。

※Jクラブ個別経営情報開示資料(平成29年度)(PDF:295KB
※会見での内容、コメントの詳細については後日掲載する予定です。

『Jウォッチャー ~日本サッカー深読みマガジン~』とは


『Jウォッチャー ~日本サッカー深読みマガジン~』は、Jリーグを中心に日本サッカーの色々な話題を現場第一主義で深読みするWEBマガジンです。

クラブリリースの深層を解説する記事、選手の移籍に秘められた裏話、Jリーグ理事会の会見で語られた全容など、現地で取材を続けるからこそ得られる情報を配信していきたいと思います。また、選手や監督だけでなく、クラブフロントのインタビューなど、日本サッカーを取り巻くイシューを多角的な視点で取り上げていく予定です。

愛情と情熱をもって取材を行い、Jリーグや日本サッカーの魅力をより感じていただけるようなメディアを目指します。ぜひご一読ください。

ご購読方法

支払い方法ごとの詳細

各お支払い方法ごとに、詳しいお申し込み方法と閲覧期間の説明ページをご用意しました。下記リンクから、お進みください。

タグマ!とは

スポーツ、カルチャー、エンタメ。好きなジャンルをとことん読めるWEBマガジン

Push7リアルタイム更新通知に対応!記事更新をお手元の端末へダイレクト通知。気になる話題がいち早く!

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ