【サッカー人気2位】「金」では買えない強さがある。クソすぎ…

Jウォッチャー ~日本サッカー深読みマガジン~

「やはりクラブのプラットフォーマーであるのがリーグだと思っています。それを促進できる基盤を用意する(米田理事)」Jリーグ25周年未来共創『Jリーグをつかおう!』ワークショップより(5)

5月14日、Jリーグは東京都内で未来共創『Jリーグをつかおう!』ワークショップを開催した。

これは、25周年を迎えるJリーグが、今後社会の様々な分野と連携しながら理念の実現に向けて、各種事業を展開するための意見交換を行うためのもの。
このワークショップにはJリーグ村井満チェアマンをはじめクラブ実行委員(各クラブの社長)、各界で活躍する有識者、Jリーグと社会連携に興味のある社会人、大学生など合計300名が参加した。

今回は、ワークショップ終了後、今回のワークショップを企画した米田恵美理事のコメントを中心にお届けします。

(4)はこちら

Q:(米田さんへ)本日出たアイデアの中で、米田さんの目で何か目立った面白いアイデアがあれば教えてください。先ほど『具体的な活動をJリーグが何をどうサポートするのが次の段階だ』ということでしたが、Jリーグがサポートをするために今のJリーグが持っている力というのは、具体的にどんなことなのか教えてください。

○米田恵美理事

「今日のアイデアの中でこれはというのは、完全に私の私見ですけど、今までクラブがやっているアイデアをブラッシュアップするのではなくて、例えば『Jリーグ×農業』みたいな、物産品を持ってスタジアムに集まれといったありきたりのアイデアではなくて、本当に耕作放棄地が増えていく日本の中で、何ができるんだろうかみたいな問いを立てながらブラッシュアップしたアイデアであったり、全国展開できるよねというアイデアを出していただいた班もありました。

発表された各班のアイデアは、ワークショップ終了後会場に張り出された。

(残り 1874文字/全文: 2612文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ