Jウォッチャー ~日本サッカー深読みマガジン~

「Jリーガー一人ひとりが、自分がどういう存在なのか自覚しながら、Jリーグを盛り上げるために、日本を盛り上げるために、今の自分が何ができるのか毎日考えていく(中村)」Jリーグ25周年未来共創『Jリーグをつかおう!』ワークショップより(9)

5月14日、Jリーグは東京都内で未来共創『Jリーグをつかおう!』ワークショップを開催した。

これは、25周年を迎えるJリーグが、今後社会の様々な分野と連携しながら理念の実現に向けて、各種事業を展開するための意見交換を行うためのもの。
このワークショップにはJリーグ村井満チェアマンをはじめクラブ実行委員、各界で活躍する有識者、Jリーグと社会連携に興味のある社会人、大学生など合計300名が参加した。

今回はワークショップに参加した、石川直宏さん(FC東京)中村憲剛選手(川崎F)、播戸竜二選手(琉球)の囲み取材でのコメント(続き)をお届けします。

(8)はこちら

Q:一番印象に残っていることは何かありますか?
○播戸選手
「同じテーブルにカマタマーレ讃岐の社長さんがいたので、讃岐と言えばうどんなので、讃岐うどんを使ってという話になったんですけど、『うどんは結構もうやっているからこれ以上ない』となったんですけど、でも僕らからするとうどんに対してのアプローチとか、各クラブがいろいろなことをやっていますし。ただサッカーを離れて考えると、いろいろと可能性があるんじゃないかなと。今日いろいろなことをやりながら『頭堅くなったらあかんな』と思ったり、可能性を広げないといけないと思いました。勉強になりました」

会見の合間、播戸選手のイジリに笑みを見せる中村選手。

(残り 1050文字/全文: 1688文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ