【サッカーパック人気4位】 【カワサキうぉっち】上位対決の熱戦の多摩川クラシコで”完勝”のフロンタ…

Jウォッチャー ~日本サッカー深読みマガジン~

【記事一覧】Jリーグ25周年未来共創『Jリーグをつかおう!』ワークショップ

5月14日、Jリーグは東京都内で未来共創『Jリーグをつかおう!』ワークショップを開催した。

これは、25周年を迎えるJリーグが、今後社会の様々な分野と連携しながら理念の実現に向けて、各種事業を展開するための意見交換を行うためのもの。
このワークショップにはJリーグ村井満チェアマンをはじめクラブ実行委員、各界で活躍する有識者、Jリーグと社会連携に興味のある社会人、大学生など合計300名が参加した。

ワークショップのの目的や意義など、出席者のコメントを追いながらお届けしています。

(1)「ブラジルでジーコがそうしたように、我々も門戸を開いてJリーグを使おうという逆側の発想でのコンセプトでこの運動を始めようと思った(村井チェアマン)」

(4)「Jリーグ関係ないよねという人の方がマジョリティである以上は、どうやったら関係ある(ようにできるか)。私たちの生活とJリーグが関係あるという状態にどう変化できるかが、我々の経営課題の中心(米田理事)」

(5)「やはりクラブのプラットフォーマーであるのがリーグだと思っています。それを促進できる基盤を用意する(米田理事)」

(6)「私自身もこれだけのクラブが活動していることを知りませんでしたし、Jリーグと野球界の違いが何なんだろうと、入るまで知りませんでした(米田理事)」

(7)「Jリーグの活動そのものにはなんら文句のつけようがないですし、さらに発展していってほしいですね。ただ一つだけ言いたいことは・・・(川淵三郎さん)」

(8)「お互いが歩み寄って目標や目指す方向性を持ちながら、Jリーグとともに成長したい(石川直宏)」「どんどんJリーガーを使っていってほしい(中村憲剛)」「いろいろな人と話をする中で新たな発見もあった(播戸竜二)」

(9)「Jリーガー一人ひとりが、自分がどういう存在なのか自覚しながら、Jリーグを盛り上げるために、日本を盛り上げるために、今の自分が何ができるのか毎日考えていく(中村)」

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック