【サッカー人気2位】【J1騒乱】[鹿島vs清水]元川悦子と…

Jウォッチャー ~日本サッカー深読みマガジン~

決算数値の概要について。J1・J2・J3合計で営業収益、営業費用ともに約112億円増加し拡大均衡となっている~2017年度クラブ経営情報開示(3)~

7月30日、JリーグはJFAハウスにて、全54クラブの経営情報を発表した。

今回の会見では、5月に先行発表された51クラブに加えて、3月決算の柏、磐田、YS横浜を加えた全54クラブの経営情報が発表された。
会見には青影宜典クラブ経営戦略部部長が出席し、青影氏が概要の説明を行った。

(2)はこちら

○青影宜典 クラブ経営戦略部部長
柏、磐田YS横浜の3クラブの数字を入れた上で、それぞれの数字を作り直しています。

■営業収益・営業費用の推移

・経営が健全化され、拡大均衡で推移
①営業収益の拡大=投資を可能にするための財源確保
②チーム人件費の増加=魅力あるフットボール・クラブづくり

(残り 1233文字/全文: 1515文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック