湯麺戸塚にいく(海江田哲朗)【J論】

Jウォッチャー ~日本サッカー深読みマガジン~

【ニュース】2018年シーズンのスタジアム観戦者調査を発表。観戦者の平均年齢は41,9歳、同伴子供を含むと36.4歳。2018シーズンの新規参入層は5.6%。新規観戦者が多かったのは、長崎、名古屋、札幌、神戸。

2019年1月31日、JリーグはJFAハウスにて、2018年シーズンのスタジアム観戦者調査のメディア報告会を行った。

スタジアム観戦者調査は、昨年の4月から10月の間、54クラブのホームゲーム来場者、11歳以上の男女23,416人に対し集合配布法を用いた質問紙調査法で行われた。

■観戦者の平均年齢は41,9歳、同伴子供を含むと36.4歳


今回の観戦者調査では、Jリーグ観戦者の平均年齢(J1・J2)は41.9歳(昨対+0.2)となり、J1は前年から+0.1歳上がったがほぼ上げ止まりの傾向となった。

また、同伴子供を含むJリーグ観戦者の平均年齢(J1・J2)は36.4歳(昨対+0.6)となり、J1は前年+0.1歳となった。

■2018シーズンの新規参入層は5.6%


2018シーズンから観戦を始めた新規参入層の構成比は5.6%となり、2017シーズン(6.6%)と同様の水準となった。
新規参入層の多いクラブは長崎(12.7%)、山口(12.5%)が突出しており、J1では札幌、名古屋、神戸、長崎が2018シーズンから試合を見に来る人数が多かったと発表された。

2018年度の調査結果こちら!(PDFファイル

Jリーグ観戦者調査(2004~)
https://www.jleague.jp/aboutj/spectator-survey/

※会見の詳細は、後日お届けする予定です。

『Jウォッチャー ~日本サッカー深読みマガジン~』とは


『Jウォッチャー ~日本サッカー深読みマガジン~』は、Jリーグを中心に日本サッカーの色々な話題を現場第一主義で深読みするWEBマガジンです。

クラブリリースの深層を解説する記事、選手の移籍に秘められた裏話、Jリーグ理事会の会見で語られた全容など、現地で取材を続けるからこそ得られる情報を配信していきたいと思います。また、選手や監督だけでなく、クラブフロントのインタビューなど、日本サッカーを取り巻くイシューを多角的な視点で取り上げていく予定です。

愛情と情熱をもって取材を行い、Jリーグや日本サッカーの魅力をより感じていただけるようなメディアを目指します。ぜひご一読ください。

ご購読方法

支払い方法ごとの詳細

各お支払い方法ごとに、詳しいお申し込み方法と閲覧期間の説明ページをご用意しました。下記リンクから、お進みください。

タグマ!とは

スポーツ、カルチャー、エンタメ。好きなジャンルをとことん読めるWEBマガジン

Push7リアルタイム更新通知に対応!記事更新をお手元の端末へダイレクト通知。気になる話題がいち早く!

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック