【サッカーパック人気4位】 「練習からみんながハードワークして、雰囲気もいい。それが強さの秘訣」。…

Jウォッチャー ~日本サッカー深読みマガジン~

いちご株式会社とのトップパートナー契約について「広範囲にわたる不動産とか不動産投資の知見が、今後のJリーグにとっては非常に重要な要素だと認識しています(村井チェアマン)」2019年度第1回Jリーグ理事会後の会見より(2)

1月25日、JFAハウスにてJリーグの理事会が行われ、理事会後に村井チェアマンによる記者会見が行われた。

前回に引き続いて、理事会後の村井チェアマンのコメントをお届けしています。

(1)はこちら


○村井チェアマン
Q:いちご株式会社とのトップパートナー契約について。会社の業態などわからないのですが、Jリーグとどうかかわっていくのか、単なる資金的なスポンサーにとどまらない何か関わりまで描いていましたら教えてください。

「いちご株式会社様に関しては、東証一部上場企業で不動産事業をされています。不動産の中でも不動産投資信託というJリートという領域を担われていらっしゃいます。あとは不動産だけでなくて、メガソーラーとか太陽光発電といったクリーンエネルギー事業を行われています。資本金が268億円で、売り上げが580億円、純利益が140億円(2018年2月時点)という、東証一部上場企業という大変信頼性の厚い会社と認識しています。

(残り 1601文字/全文: 2009文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック