サッカーパック『今週の宇都宮徹壱おすすめ3本』

Jウォッチャー ~日本サッカー深読みマガジン~

【無料】JリーグがコナミとeJリーグウイニングイレブン大会(賞金総額1,500万円)を共同開催。賞金の使用用途について「例えばグラウンドの整備費用に充てたりとか、サポーターとのイベントに使っていただければ(コナミ・車田氏)」

3月9日、JFAハウスにて、公益社団法人日本プロサッカーリーグ(以下Jリーグ)と株式会社コナミデジタルエンタテイメント(以下コナミ)のeスポーツ共同開催についての記者会見が行われた。

村井Jリーグチェアマンとコナミの早川英樹社長

会見には、Jリーグ・村井満チェアマンのほか、コナミの早川英樹社長、窪田慎二Jリーグマーケティング社長、コナミのプロモーション企画本部・副本部長の車田貴之氏が出席した。

会見では、Jリーグ)とコナミが共同でモバイルゲーム『ウイニングイレブン 2019』を競技タイトルに使用した e スポーツ「eJリーグ ウイニングイレブン 2019 シーズン」を共同開催することを発表した。

J1・J2クラブが搭載されるモバイルゲーム『ウイニングイレブン 2019』を使い、3月から開始されるオンライン予選の通過者が、6月のクラブ代表選考会へ進出し登録クラブが決定。その後7月の大会で優勝クラブが決定する。
大会の賞金総額は1,500万円で、各クラブには成績順位に応じて賞金が用意されている。

今回、賞金が個人ではなくクラブに用意された点について、コナミの車田貴之プロモーション企画本部・副本部長は「クラブが賞金を使って、例えばグラウンドの整備費用に充てたりとか、サポーターの方々とのイベントに使っていただいたりとか、そういった意味ではクラブサポーターを含めてeJリーグウイニングイレブンを盛り上げていきたいという意思の表れだと受け取っていただければ」とコメントしている。

大会詳細については、改めて公式サイト等(https://www.jleague.jp/ejleague/we/2019)で発表される。

『Jウォッチャー ~日本サッカー深読みマガジン~』とは


『Jウォッチャー ~日本サッカー深読みマガジン~』は、Jリーグを中心に日本サッカーの色々な話題を現場第一主義で深読みするWEBマガジンです。

クラブリリースの深層を解説する記事、選手の移籍に秘められた裏話、Jリーグ理事会の会見で語られた全容など、現地で取材を続けるからこそ得られる情報を配信していきたいと思います。また、選手や監督だけでなく、クラブフロントのインタビューなど、日本サッカーを取り巻くイシューを多角的な視点で取り上げていく予定です。

愛情と情熱をもって取材を行い、Jリーグや日本サッカーの魅力をより感じていただけるようなメディアを目指します。ぜひご一読ください。

ご購読方法

支払い方法ごとの詳細

各お支払い方法ごとに、詳しいお申し込み方法と閲覧期間の説明ページをご用意しました。下記リンクから、お進みください。

タグマ!とは

スポーツ、カルチャー、エンタメ。好きなジャンルをとことん読めるWEBマガジン

Push7リアルタイム更新通知に対応!記事更新をお手元の端末へダイレクト通知。気になる話題がいち早く!

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック