今だから明かせるJ2のキーマン対策法。戦術家・北野誠のスカウティングレポート(J論)

Jウォッチャー ~日本サッカー深読みマガジン~

「FUROSHIKIにある高画質で高音質のデータを持ち込むことで、新たなサービスができると確信しています(村井チェアマン)」~Jリーグデジタルアセットハブに関する会見(2)~

3月14日、JリーグとオフィシャルテクノロジーパートナーのNTTグループが、スポーツデジタルメディアアセットハブ「JリーグFUROSHIKI(Jリーグふろしき)」の構築に関する会見を開いた。

Jリーグからは村井満チェアマンのほか、Jリーグメディアプロモーション出井宏明社長、日本電信電話株式会社(以下、NTT)澤田純社長、新ビジネス推進室長2020準備担当の栗山浩樹氏が登場した。
今回から数回に分けて、会見の様子などをお届けします。

(1)はこちら

Jリーグのリリース
NTTのリリース

○村井満チェアマン
いくつか私の体験に基づくところで、FUROSHIKIの中で中身をどうやって出すのか、頭出しだけさせていただきます。

自由視点映像、360度映像、いわゆる3D映像のことをVRなんて言ったりしますが、このFUROSHIKIの中にある映像データをお客様にお届けする時に、デジタル処理の仕方でVRが可能となっています。もうすでにこれは放映も始まっています。これは後ほどまたお話します。

それから真ん中の下のところ、『全ての方にサッカー観戦体験を』とありますが、実は私ロシアのワールドカップへ行った時に、スタジアムに入りきれない人たちが、運河の中に倉庫があって、そこにFIFA公式の映像視聴会場がありました。私はそこに行ってみたんですけど、通常のPVだと、得点が何対何とか、数字やグラフィックスが出てきたりするようなTV画像を見るのが一般的なものかと思っていたんですが、FIFAが保有する公式データをオフィシャルビューイングで視聴していました。高級なワインが出ていて、お土産もプレゼントもすべてFIFA公認のものでした。単価も相当高いものでした。
そういった意味では、スタジアムのキャパシティを超えて入場することはもう難しいと思い込んでいましたが、満員のスタジアムになればFIFAワールドカップでそういった体験ができることがわかりました。相当クオリティの高いもので、音響もものすごくて、最初はこのTVで見るのかと思っていましたが、引き込まれてしまうと本当にスタジアムにいるような体験でした。こういったFUROSHIKIにある高画質で高音質のデータを持ち込むことで、新たなサービスができると確信しています。このあたりも後ほど詳細の話をしていきたいと思います。

先ほどの競技レベルの向上を目指すライブスカウティング、世界への発信、それからこうしたFUROSHIKIの中には、今後例えばバスケットボール、卓球といった様々な競技団体のデータもこのFUROSHIKIの中にお納めさせていただいて、各競技団体毎にサポートもさせていただければという構想も持っております。
この後各論に入っていきますが、これからJリーグの大きな風呂敷についてみなさんに関心を持っていただいて、ご意見やご要望をいただければなと思っております。本日は誠にありがとうございました」


○NTT澤田純社長
「ご存知の方も多いかと思いますが、Jリーグ様とNTTグループは、数年前から新しい付加価値を、サッカーだけでなくてスポーツ全般、あるいはエンターテイメントに広がる分野まで提供していければということでやっております。
私どもの話で恐縮ですが、B(NTT)toB(Jリーグ)toX(新しい付加価値)、この場合、Jリーグ様が真ん中のBで、私共はそれを支える一つ目のB、最後のXは新しい付加価値という考え方でお仕事を一緒にさせていただいております。
本当にこのJリーグFUROSHIKIに興奮しております。村井さんがサッカーの魅力について何かと問われた時に『喜怒哀楽の爆発だ』とおっしゃいました。その爆発を一緒に広げてサポートして、夢を実現していきたいと思っております。海外での配信もお考えとのことで、そこもお手伝いできたらと考えております。いずれにしても非常に新しい世界を広げていくことができて、それはサッカーにとどまらず、先ほども話がありましたがBリーグでもTリーグの方もご賛同いただければ広げていけるものではないかと私どもも期待しています。ぜひよろしくお願いします」

(3)へ続く

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック