本田圭佑の響く言葉,自然に出てくる日本とドイツの違い『今週の清水英斗おすすめ3本』(J論)

Jウォッチャー ~日本サッカー深読みマガジン~

「リーグとして一番こだわりたいのは、お客様が見えるようにしていくこと(可視化)。クラブの皆さんと徹底的にやっていきたい(Jリーグ・出井氏)」~2018年シーズンのスタジアム観戦者調査メディア報告会より(5)~

2019年1月31日、Jリーグは2018年シーズンのスタジアム観戦者調査のメディア報告会を行った。

会見には昨年に引き続きリーグデジタル出井宏明社長らが出席し、調査の概要やトピックなどの説明を行った。

今回はメディア報告会の様子を数回に分けてコメントを中心にお届けしていきます。

各年度の観戦者調査(jリーグ.jp)

2018シーズンの観戦者調査(PDF)

(4)はこちら

○Jリーグデジタル出井宏明社長

Q;資料の59ページにあります、「主な情報ソースはインターネット」というデータが出ていますが、こちらに何か特徴的な例があれば少し解説してください。

※クリックすると大きな画像でご覧いただけます。

※丸山氏が回答「大きなクラブによる特徴というのはございませんが、ただ個々のデータはここ近年、年々カウントアップしています。中でも年齢によって差はありますが、昨年発表させていただいた内容としては、50代~60代のシニア層も抵抗なく情報ソースとしてインターネットを活用していると、それも年々増えているという傾向は見て取れています」

(残り 283文字/全文: 2718文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック