【サッカーパック人気5位】 来季からJ1でも導入されるVARはパンドラの箱!? やがて向き合わなけ…

Jウォッチャー ~日本サッカー深読みマガジン~

【ニュース】6月にJ1の18クラブを対象に「競技力と経営力の相関に関する調査」を実施。「フロント力が競技成績にどういった因果関係があるのか検証していく(村井チェアマン)」

5月23日、JFAハウスにて2019年5回目のJリーグの理事会が行われ、理事会後に記者会見が行われた。


理事会後の会見では「競技力と経営力の相関に関する調査実施」についての発表があった。

競技力と経営力の相関に関する調査実施について

リリースによれば今回の調査は「クラブを対象としたアンケートを行い、チーム・クラブマネジメントの実態をデータで把握し、分析結果からマネジメントの「型」を見出すことを目指している」としており、昨年トライアルとしてJ1の6クラブ(仙台、浦和、柏、川崎F、C大阪、鳥栖)が調査したところ「ぜひ継続してやっていきたいという声があった(村井チェアマン)」ため、今年はJ1の全クラブに拡大して行われることとなった。

今回の取り組みの目的について、村井チェアマンは次のように述べています。

(残り 722文字/全文: 1072文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック