【サッカーパック人気5位】 絶体絶命の全緑軍団、攻撃重視の必勝態勢で3ポイントを狙う【J2第41節…

Jウォッチャー ~日本サッカー深読みマガジン~

【ニュース】Jリーグ、54クラブの経営情報を発表。Jリーグ史上初めて1,200億円を突破(成長率約113.7%)。

7月23日、JFAハウスにて、3月決算である湘南ベルマーレ、ジュビロ磐田、柏レイソル、Y.S.C.C.横浜を含めた54クラブの経営情報を発表した。


会見にはJリーグ木村正明専務理事、青影宜典Jリーグ経営本部クラブ経営戦略部 部長 兼 クラブライセンス事務局ライセンスマネージャーが出席し、青影氏が概要の説明を行った。


主なトピックスとして発表されたのは以下の通り。(J1・J2・J3の表記はすべて2018年度のもの)

☆印は5月の先行発表と変わらず。

(1)J1・J2・J3合計の事業規模はJリーグ史上初めて1,200億円を突破(成長率約113.7%)。

(2)前年と比較し、営業収益が過去最高増加額である約151億円の増加
(2011年以降、8年連続増加)
同時に営業費用も約141億円増加し、拡大均衡で推移

☆(3)中でも、ヴィッセル神戸は、Jリーグ史上最高営業収益96.6億円を計上
※これまでの最高額は、2017年の浦和レッズで79.7億円

(4)36クラブが前年より営業収益を伸ばしており、その内、17クラブが高い成長率(平均以上)を計上した

☆(5)増加した営業収益の投下先は、チーム人件費に最も投下されている。販売費および一般管理費も相対的に高い投下比率となった。

☆(6)J1・J2・J3すべてのクラブでの3期連続赤字、債務超過ゼロが2015年度から続いていたが、FC琉球に3期連続赤字が発生(※ただし、財務基準には抵触しない)

また今回より、クラブに関連する法人(アカデミーなどサッカー及びその他関連する事業を運営する法人)の営業収益についても、合わせて発表されている。

※会見での内容、コメントの詳細については後日掲載する予定です。

「クラブ経営情報開示(先行発表)」の記事一覧

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック