【サッカーパック人気5位】 【第36節・愛媛戦コメント】本間至恩選手、大武峻選手、堀米悠斗選手、早…

Jウォッチャー ~日本サッカー深読みマガジン~

鹿島の株式譲渡の決議について「ホームタウン等々変更はございませんし、大事なクラブの歴史・伝統を守りながらさらに発展させていくとのことですので、大変期待しています(村井チェアマン)」~2019年第7回理事会後の記者会見より~

7月30日、JFAハウスにて2019年7回目のJリーグの理事会が行われ、理事会後に記者会見が行われた。

今回から数回に分けて、理事会での会見の様子をお届けします。

○村井満Jリーグチェアマン
「今日決議した内容ですが、鹿島アントラーズの株式を日本製鉄様から(株)メルカリ様に譲渡されることを、本日理事会として決議しました。この後、両者合同での会見がありますので、その場で皆さまの方から直接ご確認いただければと思います。今日決議した内容では、株式の移動を(株)メルカリ様が鹿島アントラーズエフシーの過半数を取得されることと聞いておりまして、筆頭株主になるということです。

Jリーグ発足以来長期にわたり支えていただきました新日鉄住金様そして名称変更された日本製鉄様は、この後も10%程度の株主として引き続きクラブをご支援いただくと聞いています。ホームタウン等々変更はございませんし、大事なクラブの歴史・伝統を守りながらさらに発展させていくとのことですので、大変期待しています。

【ニュース】鹿島の筆頭株主がメルカリに。「チームが大事にしてきたこれまでの伝統を大事にしつつ、ビジネスにおいては進化したテクノロジーで変革を起こしながら、アントラーズを真のグローバルでNo.1のチームにしていきたい(メルカリ・小泉社長)」

その他、今日の決議事項・報告事項以外のところでもいくつかあります。
ご存じののように、チェルシーFCを迎えて明治安田生命Jリーグワールドチャレンジということで、チェルシーと川崎フロンターレが対戦しました。日産スタジアムに61,012名をお迎えしました。この数字は過去のJリーグの主管試合で過去最高の入場数でした。大変多くのお客様にヨーロッパリーグチャンピオンとJリーグチャンピオンの戦いを見ていただきました。
その他、Jリーグの主管試合ではありませんが、FCバルセロナやマンチェスターシティなどの強豪クラブに日本に来ていただいております。世界レベルのリーグに育てていこうという思いと、最高レベルの相手との対戦を多くの皆様に見ていただいたことと思います。

決議はしていませんが、今後育成やユースの『プロジェクトDNA』と称して、育成に舵を切っていますが、そのあたりの意見交換もリアリティを増しつつある状況です。

それから、東京五輪まで365日を切りまして、オリンピックのカウントダウンに入っています。Jリーグも全面的に協力していこうということで、男女ともにメダルを取りに行こうということでJFAサイドと協議しています。日程的には全面的に協力する関係で、大会期間中J1・J2・J3全ての試合を一定の期間中断することを協議しています。

それから、アジアチャンピオンズリーグ(ACL)ですが、 8/27に上海で浦和レッズが上海上港と、翌日に鹿島アントラーズがが広州恒大とアジアのタイトルを懸けて戦います。この場で何度か申し上げてきましたが、大会の競技成績が21年からの出場枠を決めていくわけですが、現状クラブの頑張りで今2-2の出場枠が3-1で確定していると認識しています。3連覇を目指して努力していますが、今回は出場チーム以外の日程調整など各クラブには感謝しています。私からの報告は以上です」

(残り 544文字/全文: 1814文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック