【サッカー人気3位】【代表通信】元川悦子に聞く、U−22カ…

Jウォッチャー ~日本サッカー深読みマガジン~

来場の勧誘・非勧誘について「職場で声を掛けた方が(効果がある)。やっぱり8時間くらい一緒にいる方たちなので。(木村専務理事)」フライデーナイトJリーグに関するブリーフィング(4)

7月12日、JリーグはフライデーナイトJリーグに関するブリーフィング(説明会)を行った。
会見には木村正明Jリーグ専務理事が出席、これまでのフライデーナイトJリーグの取り組みやこれからのフライデーナイトJリーグについて説明した。

数回に分けて、フライデーナイトJリーグに関するブリーフィングの様子をお届けします。

(3)はこちら

○木村専務理事
こちらはフライデーナイトJリーグの同行者になります。


今年は同行者がいないという数が減っています。そして今年の場合、同行者のうち非常に多いのが、職場や友人間での勧誘・被勧誘が増えています。家族との来場が45%、一人での来場も減っています。

■(来場の勧誘・非勧誘について)職場で声を掛けた方が効果がある。

これは地方クラブのいち経験でしかないのですが、私がいたクラブでは、平日必ず1試合設定していました。年々増えていって、だいたい平日でも1万人入るようになりました。

(残り 1655文字/全文: 2053文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ