【サッカー人気2位】どっちも上手くいかない試合に勝利、去年…

Jウォッチャー ~日本サッカー深読みマガジン~

「VARをきっちり使えるようになるためには、少し時間がかかります。(日本サッカー協会やJリーグには)その点を理解してもらっています。とある国では、月曜日に連絡が来て『今週の土曜日から導入したい』と言ってくる国もあるんです(デービッド・エラリー氏)」VARに関するメディア説明会(4)


4月11日、JFAハウスにてVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)に関するメディア説明会が行われた。
これは、2019年シーズンからルヴァンカップ・プライムステージとJ1参入プレーオフ決定戦の最大14試合にVARが導入されることに合わせ、VARのプロトコルの説明と実機を使用したデモンストレーションを見学しながら、VARについての理解を深めるために行われた。こうしたメディア向けの説明会は昨年3月にも行われている。

概要の説明の後、具体的なVARの運用方法の説明が行われ、VARのデモンストレーションが行われた。

その後、IFABのデービッド・エラリー氏が集まった記者からの質問に答えた。

今回はVARが導入されるルヴァンカップ・プライムステージを前に、会見の内容を通して改めてVAR導入への理解を深めるために、お届けできればと思っています。

※説明会で配布された資料(サッカー競技規則、P135~/PDF)

「VARを来年度からJ1で導入することを視野に入れた議論をしています(Jリーグ・村井チェアマン)」~2019年第7回理事会後の記者会見より(2)~

VARに関するメディア説明会(3)はこちら

「トップレベルの選手たちがいきなりトップのコーチになれないのと同じで、一流の審判がいきなり一流のVARになれるわけではない(デービッド・エラリー氏)」VARに関するメディア説明会(3)

Q:『最小限の介入で最大限の効果』ということもありますし、まだまだ準備が整っていないところもあると思いますし、ヨーロッパでも様々な議論があると思いますが、その中でVARの運用で明らかなミスという事例はあったのでしょうか?もしあればその事例を教えてください。

○デービッド・エラリー氏
「VARが使われる事象は、まずペナルティを見逃した場合、間違ったチームに対してペナルティを与えた場合。あるいはゴールが認められなかった場合。主審が間違った選手にレッドまたはイエローカードを提示した場合に限られます。そういった事象が試合を左右する瞬間と我々は捉えています。
VARは間違ったゴールキックやスローイン、あるいはイエローカードに対して使われるものではありません。ゴール、ペナルティや退場という重大な事象というのは、メディアのヘッドラインになりますよね?

(残り 1283文字/全文: 2177文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック