【サッカー人気4位】【ドイツ便り】サンフレッチェ広島新監督…

Jウォッチャー ~日本サッカー深読みマガジン~

「全ては『FOOTBALL DREAM』というアントラーズのミッションを達成するために、我々は尽力すべきだと思っています(メルカリ・小泉社長)」~株式会社メルカリ、鹿島アントラーズ経営参画に関する記者会見より(6)~

8月30日、鹿島アントラーズを運営する株式会社鹿島アントラーズ エフ・シーは、臨時株主総会ならびに取締役会を開催。取締役会の決議により、代表取締役社長に(株)メルカリの小泉文明氏が就任したことを発表しています。(→詳細
なお、本記事では、当時の役職名で表記しています。

7月30日、都内のJFAハウスにて「株式会社メルカリ 鹿島アントラーズ経営参画に関する記者会見」が行われた。
会見には株式会社メルカリの小泉文明取締役社長兼COO、株式会社鹿島アントラーズ・エフ・シー(以下、鹿島)の庄野洋代表取締役社長、日本製鉄の津加宏執行役員が出席し、今回の株式譲渡について説明を行った。

写真左から日本製鉄・津加宏執行役員、鹿島アントラーズ・庄野洋社長、メルカリ・小泉文明社長。

数回に分けて、会見での出席者のコメントを中心にお届けします。
前回に引き続き、質疑応答部分をお届けしています。

(5)はこちら

「多くのパートナーの方々とスポーツを通じて一緒に価値を増幅していけるようにして、結果としてその資金でさらに強い常勝軍団になれるように。(メルカリ・小泉社長)」~株式会社メルカリ、鹿島アントラーズ経営参画に関する記者会見より(5)~

Q:(小泉社長)筆頭株主になられて、今後鹿島アントラーズの経営陣を代えることなどの具体的な構想などはありますか?

「現在、公正取引委員会の調査が入っておりまして、この手続きは1ヵ月程度かかるかなと思います。そのタイミングで初めて本質的に経営権が移動しますので、そのタイミングに向けて日本製鉄様ならびに鹿島アントラーズと話しながら、次期経営体制に決めていきたいなと思います。基本的には私の方が代表としてアントラーズの経営にコミットメントする予定です」

(残り 1941文字/全文: 2674文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ