【サッカーパック人気5位】 栗原勇蔵クラブシップ・キャプテンがチームに合流。小倉SDと並んでグラウ…

Jウォッチャー ~日本サッカー深読みマガジン~

【解説】理念強化配分金について、各年の支給基準額がより均等に。総額(27.8億円)は変わらず。変更になった背景と理由は?

9月24日、JFAハウスにて2019年8回目のJリーグの理事会が行われ、理事会後に記者会見が行われた。

その中で、2019シーズンの順位に基づく理念強化配分金の各年度支給基準額についての変更が発表された。

■2016当時の理念強化配分金の議論について「先に投資ありきのアグレッシブな経営姿勢・マインドセットに変えていこうというスタンス論もあった(村井チェアマン)」

理念強化配分金の支給方法については、導入時から均等配分にする案、傾斜配分にする案など、様々な議論があった。

【村井チェアマン会見から2017シーズンのJリーグを紐解く!】その4『強化配分金&降格救済金をどこよりも詳細に解説』

現状の理念強化配分金導入の議論について、2016年当時「先に投資ありきのアグレッシブな経営姿勢・マインドセットに変えていこうというスタンス論もあった」とし、傾斜配分に至った経緯について、村井チェアマンは次のように説明している。

(残り 1095文字/全文: 1490文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック